ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

バイリンガル育児15年計画|母国語と一緒に英語をじわじわしみ込ませよう



 

英語育児をしているご家庭では、

バイリンガル育児15年計画

というキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?

バイリンガル育児をするなら短期間でどうにかしようとするのではなく、

15年というスパンで計画し継続していこうという考え方のことです。

 

15年も英語育児/英語教育をするとなるとなかなか現実的には考えることができず

「そんなに時間をかけなきゃいけないのなら…」と

諦めてしまうパパママも多いと思います。

 

実はこの「バイリンガル育児15年計画」というのは

決して長い道のりではなく、言語習得をするにあたってはごくごく普通の時間のかけ方。

 

基本中の基本は

  英語の日常化

 

そして、日常化をしながら

  飛ばしすぎずゆるく
  年齢に応じて適切なアプローチを
  母国語を一番大切に

 

というポイントを意識して、細く長く続けていきたい英語育児の方法の1つです。

 

 

 

f:id:englishforkids:20211113075532p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

バイリンガル育児15年計画、先が長いわけではない!

 

「15年計画」なんて聞くと、

 

15年も英語育児なんてできないよ~!!

 

そんなに先が長いの!?出鼻をくじかれた気分・・・

 

と感じられる人もいるのではないでしょうか?

しかし、よくよく考えてみてください。

バイリンガル育児を、数年程度でどうにか完結させようとしているのでしょうか?

もしそうなのであれば、それは不可能であり、無意味です。

 

なぜなら、英語は日本語と同じ「言葉」。

自転車のように、人生の中の数ヶ月~数年練習してマスターしたらもう大丈夫!

というものでは決してないのです。

 

それを踏まえると、バイリンガル育児15年計画というのはとても理にかなった計算で

最低でも15年は続けないとバイリンガルになることは難しいという意味でもあるのです。

 

 

母国語でさえ15年程度は学び続ける必要がある

 

母国語に置き換えて考えていただくと分かりやすいかと思います。

わたしたちが日本で生まれ育って、15歳(中学3年生)くらいになったときの

日本語レベルはどうでしたでしょうか?

家族や友人との日常会話は問題なかったと思いますが、

先生に対してはまだ話し方がぎこちなかったり、スピーチをしろと言われても

スラスラ~ペラペラ~とはいかなかったのではないでしょうか?

 

そして、15歳というと翌年の16歳からアルバイトもできるようになりますよね。

初めてのアルバイト、社員の方やお客さん相手に敬語で話したり

従業員としてスムーズに受け答えしなければいけないというプレッシャーを

感じていた方も少なくないはずです。

 

「お持ちでしょうか?」「少々お待ちくださいませ」などの敬語表現や尊敬語・謙譲語も、
初めてのアルバイト先で怒られながらめちゃくちゃ苦労して学んだ記憶があります

 

そうなんです。母国語でさえ、15年使い続けてもこんなに学習不足なんです!

そう考えると、バイリンガル育児を15年続けるというのが

ある意味で「基本」だということが分かりますよね。

 

 

 

 

15年間ずっと英語を頑張らなくてはいけないわけではない

 

バイリンガル育児15年計画といっても、15年ずっとテレビは英語のみ、

語りかけも続けて、勉強し続けなければならない…というわけではありません。

当ブログで何度もお伝えしているように、英語が日常生活の中に存在し続けていれば大丈夫!

 

ほうほう。ただ単にかけ流しをしたり、英語のポスターを壁に貼っておくだけでいいということ?

 

ただ適当に英語を見たり聞いたりしていれば心配ない…というわけではないんだ。
「ゆるい」英語育児と「適当な」英語育児の違いについてこの記事にまとめているから、ぜひ読んでみて!

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

個人の発達や好みに合わせながら、無理のないアプローチを試みる。

そんな何気ない英語の在り方を意識する15年にしてもらえたらと思います^^

 

 

ステージごとに適したアプローチを

 

15年という長い年月を考えると、始めるレべルや意識することも年齢によって変わってきます。

わが家のおうち英語でも心がけていることなのですが、

年齢別にステージを分けて、それぞれの時期に合った英語との関わり方をしてみてください。

 

バイリンガル育児15年計画4つのステージ

0~6歳(幼児期)
6~10歳(小学校低学年)
10~12歳(小学校高学年)
12~15歳(中学生)

 

大きくこの4つに分けて、アプローチ方法を少しずつ変えていければ理想的です。

 

 

 

 

 

0~6歳(幼児期)で英語の日常化をスタート!

 

英語育児に関係なく、幼児期と呼ばれるこの時期に

その人の基本的人格を形成するといわれています。

これから幼稚園や学校という社会に出て、パパママ以外の人と関わっていくことで

多少性格の変化はあっても、人格の土台はここで作られたものから大きく変わることはない、

と考えられているわけですね。

 

よって、わが家のおうち英語でも意識している

  英語を"特別な言語"だと感じさせない
  英語も日本語も同じ言葉だと理解してもらう
  英語を目にしたとき・耳にしたときの抵抗感を持たせない

 

こういった要素も、この幼児期のうちに「英語の日常化」に慣れてもらうことで

子どもの基本的人格に自然と含まれる…ということになります。

 

それでも、英語を押し付けてしまうやり方だと英語イヤイヤ~になってしまうし、その塩梅や難しさはまた別。
この幼児期のうちに、いかにして英語を「自然に」「意識することなく」日常生活に取り入れられるかも、英語育児の大事なポイントだよ

 

 

 

 

 

 

6~10歳(小学校低学年)で英語への抵抗をなくしていく

 

そして、わが家でももうすぐやって来るであろう「おうち英語の壁」に

ぶつかると考えられているのがこの時期。

小学校に上がり、それまでよりもパパママと過ごす時間がぐっと減ってきますよね。

わが家もそうですが、幼稚園も小学校もインターなどではなく日本語環境。

今よりずっと日本語が優位になってくる可能性が高いわけです。

 

学校の勉強も年々難しくなり、習い事やクラブ活動が増えたりするかも。

そんな時期だからこそ、おうち英語などを通していかに英語が日常化されているかが

とっても大切なポイントになってきます!

 

日常化が進んでいないと、小学校に上がっていろんなことを自分で判断できるようになってきたとき、
「英語はあまり使っていないから不要」とみなし、言語として排除してしまう可能性も。
バイリンガル育児15年計画というのはこういう壁も計算した上での期間と考えれば、決して長すぎる15年ではないよね

 

この時期に差し掛かる前に、「家での食事の時間は英語」「お風呂の時間は英語」など

部分的でもいいので英語タイムが設けられていたりすると、子どもも無意識のうちに

英語と関わる機会が持てるかもしれません。

 

こう考えると、この時期になって初めて英語をスタートすることが

どれだけハードルの高いことか考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

10~12歳(小学校高学年)で日常化に拍車をかける

 

早い子は反抗期が始まると考えられている、小学校高学年になるこの時期。

英語どころか、ふだんの生活や会話さえままならない期間が長く続くかもしれません。

おうち英語での語りかけを根気よく続けてきたとしても、親子間の会話が減れば水の泡…?

 

でも大丈夫!

ここに来るまでに、いかにして日常に英語を活かし続けられるか頑張ってこられたと思います。

もしこの時点である程度英語に対して、少なくとも英語アレルギーを発症しないくらいの

免疫ができてきているのであれば、この年齢だからこそトライできる取り組みに

シフトすることも頭に置いておいてもいいかもしれません。

 

  海外ドラマを見てみる
  Youtube動画を見るなら英語のコンテンツにする
  テレビは英語でつけておくようにする

 

いろいろなことが自分で判断できる年齢ですから、難しいこともあると思いますが

BGM程度でもいいので英語を存在させ続ける意識をすることで

今までの英語育児が全部パーになることはありません☆

パッタリやめてしまうことがないよう、それだけは気をつけていきましょう!

 

 

 

 

 

 

12~15歳(中学生)で英語に無関心になれれば理想的

 

もうこの時期になると、ガッツリ思春期ですよね。

親に反抗もしますし、ましてや英語なんて親が指示したとおりにやってくれるはずもなく…

自分もそうだったので、とてもよく分かります。

むしろそうなってくれるのが健全な成長なので、本来は喜ばないといけないんでしょうね(笑)

 

この時期は、この英語おたくなわたしでさえも英語の勉強はしなくなりましたし

それまで英語だけは先取り学習できていたにもかかわらず、成績もガタ落ち。

幼児期から頑張ってきた英語の知識はほとんど水の泡になってしまいました。

わたしの場合は、高校生になって大学進学を考えたときに

再度、英語への熱が再燃したので運がよかったですが

なにかきっかけでもない限り、プラスの方向に進むのは難儀かと思われます。

 

そんな年齢においても、大事なのはやっぱり

いかに英語が日常の中で当たり前に存在しているかというところなんです。

脅すようなニュアンスになってしまっていたら申し訳ないのですが、

「もう英語やりたくない」「英語イヤだ」と思わせてしまったらアウト。

なぜなら、そう思うということは彼らにとってまだ英語は特別、という認識になってしまっているから。

 

「は?英語?毎日テレビから流れてるけどそれが何?」

「英語イヤっていうか、ただの言葉だからイヤもクソもないけど」

こんなふうに、いわばどうでもいいくらいの感覚を持ってもらえることが大事です。

日本語に置き換えてみても、思春期の彼らは日本語に対して特別な感情なんて持っていないですよね。

好きとか嫌いとかじゃなく、言葉だから、使ってる。それだけ。

英語に対しても同じような意識が持てれば理想的です。

 

 

 

 

 

 

15年かけて母国語も英語も少しずつ伸ばそう

 

15年もかけるとなると、全ての時間を英語漬けにしていいわけではないというのは

想像に容易いと思います。

実はそこも大事な認識ポイント。

長い年月をかけて母国語も英語も少しずつ身につけていこう!

というメッセージでもあるんです。

 

英語を習得するというのは、数ヶ月とか数年の短期集中でサクッと済ませられるものではないし

母国語が何より大事な土台となるので、そこもおろそかにはできない。

全て踏まえて、15年という長い年月をかけてゆるっとじっくり身につけていく

という方法が、遠回りなようで一番確実なんですね。

 

ガッツリみっちり短期間でやるよりも、ゆる~く長期間やるのが"日常化"という点では確実な方法だよ

 

 

まとめ

 

バイリンガル育児15年計画、いちばん大事なことは

低年齢のうちに、いかに英語を日常化しておくかということ。

 

そして、それを踏まえて

  長い年月をかける分、飛ばしすぎずゆるくやっていく
  年齢に応じて適切なアプローチをする
  母国語を一番大切にする

 

というポイントを意識して取り組みたい英語育児のご紹介でした。