ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

留学時代に気を付けていたこと

こんにちは ✡✡

 

今日はおうち英語からだいぶ遡りまして、

留学時代のことをお話したいと思います (´ω`)✈

 

留学先で気を付けていたこと。

 

今日は【コミュニケーション】に重点を置いてお話しますね★ぜひお付き合いいただければと思います。

 

 

【きょうのコンテンツ】 

 

 

 

留学前の意気込み

 

ずっと日本の教育環境下で英語を学んできたわたしですが

 

 

  • 英語が好きなのに思うように伸びない
  • 自分に合った勉強法がわからない
  • コミュニケーションを重点的に学びたい

 

 

思うところがいろいろありまして、

海外に行けば何か変わるんじゃないか?と

留学試験に挑戦することを決めました✍

 

ここからは留学先で確実に英語を習得するために

わたしが気を付けていたことを

書いていこうと思います~

 

 

 

 

 

ホームステイがおすすめ

 

これはよく言われていることですが、

ホームステイと寮が選択できるのであれば、

ホームステイのほうをおすすめします◎

 

ただ、寮には寮のメリットもありますので

最終的には自分の好みや性格、生活に合った方を選んで

快適な留学生活になることが一番なのですが。

 

 

理由その1:ホストファミリーとの時間や会話は貴重!

 

ホストファミリーにもいろんなタイプがあります。

 

  • 週末には必ず家族で外出する人たち
  • 夜は必ずみんな揃ってソファでテレビを見る習慣のある家族
  • それぞれが多忙で、食事時間はみんなバラバラの家庭

 

 

f:id:englishforkids:20200128095803j:plain

 

 

と、どんなタイプのホストファミリーにお世話になるかまでは

留学のオプションでは選べないことも多いのですが

途中で変更することもできると思うので、

ホームステイ制度は積極的に活用すべきだと思います (´ω`)♥

 

現地の言葉を間近で聞くことができ、発音や言い回しなど

細かいコミュニケーション部分まで感じることができますよ ✫

 

 

理由その2:住んでいる町のことをたくさん知れる

 

現地に住んでいる人たちなので、

おいしいレストランやショッピングモール、

お出かけスポットなど、その町を大いに楽しめる

情報がいつでも得られるというのも強みですね。

フレンドリーなファミリーだと、

 

じゃあ週末に行ってみるかい?

 

なんて連れて行ってくれたりもしますよ~♩

 

 

 

 

 

理由その3:孤独を感じにくい環境ができる

 

これもわたしにとっては地味にうれしいポイントでした (´ω`)

正直、わたしの場合はホストファミリーというよりも、

ルームメイトの存在がとっても大きかったです❤

 

 

年齢の近い韓国人女性だったのですが、宿題を見てもらったり、悩み相談に乗ってもらったり。右も左も分からない中、とても心強かったなぁ ✰

 

 

1人になりたい時には部屋にこもれる、

誰か話し相手になってほしい時にはリビングへ行ってみる、

など、当時実家暮らしだった私にとっては

実家と類似した生活環境が心地よかったのを覚えています(^ω^)

 

ただ、ルームメイトが日本人の場合には

ちょっと話が違ってきます ('Д')

後述しますね ★

 

 

日本語を話す人とつるまない

 

なかなかシビアで薄情なことを書きますがお許しください (/ω\)

海外留学をする上で個人的に一番やってはいけないと思っているのが

 

 

同じ国の言葉を話せる友人とつるむこと

 

です。

 

これをしてしまうと、一気に留学の質が下がります。

帰国したとき、

 

思ったより英語が伸びていない

留学した目的って何だったっけ?

 

と、それはそれは虚しい反省会をすることになります。

 

私は、留学生活を充実させる!と心に決めていたので

日本語は一切話さないぞ、という覚悟で行きました (´ω`)

 

実際には同じ大学から何人か留学グループがいたので、日本語一切というのは難しかったですけどね笑

 

とはいっても、

日本人だということを隠すというわけではないので

日本人と話す機会があったら

 

わぁ~日本人の子がいてよかった ❤

異国の地で不安だから仲良くしようね♩

 

なんていう雰囲気にもなるでしょう。。。

もちろんそれも何かのご縁。

突っぱねる必要はないですし、

わたしも出会いの数だけ言えば、日本人とたくさん知り合いました ◎

 

 

 

でも、そのほとんどの人と

深くは関わっていません。笑

 

 

 

そして、言い忘れてはいけないのがここ。

わたしがお伝えしたいのは

 

日本人とつるまない

 

ことではなく、

 

日本語を話す人とつるまない

 

ということです。

(あえて見出しにもしました。笑)

 

 

 

 

なのでわたしには、

普段から英語で会話をしてくれる日本人の友達は何人もいました。

彼女たちは、わたしと同じ志を持って留学していた人たちだと思います。

 

このお話に関してはネタが尽きないほどあるので、

また別の記事の中でも書いていこうかと思っています(^ω^) 

 

 

 

用がなくても外に出る

 

異国の地で順風満帆にうまくいくはずもなく、

ふさぎ込んでしまうこともあるかもしれませんが

時間が限られた留学生活です。

わたしは毎日外に出て、誰かと話すことをおすすめします!!

 

 

f:id:englishforkids:20200128101002j:plain

 

 

理由その1:お店の人と簡単なやりとりができる

 

たとえば、カフェにふらっと入ってみれば

飲み物を注文する際、店員さんとやりとりが発生しますよね。

 

店員さんによっては、軽く世間話などもしてくれるかも☕❤

 

なんだ、そんなこと?

 

と思われるかもしれませんが、

留学生活、すなわち英語の習得というのは

まさにこういうことの繰り返しなんです👍

 

難しい長文英語を解くのではなく、

単純な会話をとにかく回数こなす。

着実に伸びますから、ぜひ試してみてくださいね ✰

 

 

理由その2:会話のネタができる

 

カフェでたまたま新作と出ていたドリンクを飲んでみた、

薬局で今までと違うシャンプーを買ってみた、

日本にはなかなかない、原色ゴリゴリのケーキを見つけた、、、

 

外に出れば、小さな発見にたくさん出会えます🔍

それをそこの店員さんとの会話のきっかけにしても良し、

翌日学校でクラスメイトに話してみても良し。

ネタがあれば会話をスタートさせることができます(^ω^)

 

さらに、翌日以降の会話のネタにする場合

前もってそれにまつわる単語や表現を調べておくことができたり

会話の練習をしてから臨むこともできるので、

すこし緊張もほぐれますよね ✰

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

細かく言えばもっともっとありますが、

コミュニケーションにおいて、特に気を付けて生活していた点は

こんなところかなぁと思います。

 

留学という貴重な経験は、人生のほんの一瞬なので

一秒たりとも無駄にしないよう、覚悟を決めて臨みたいですね ✈

自分から動けば必ず出会いや変化が起こります(^ω^)

 

 

留学に興味のある方に、有益な情報となりますように ✫✫ 

おしまい。