ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

おうち英語で大切にしていること

こんにちは(^ω^)

 

週末ですね ☀

わが家は今日もオットが仕事のため

子ども達を連れてどこへ行こう・・・

と前日からあれこれ考えています。

わたし的には、毎日の献立を考えるよりも頭を使いますね。笑

 

 

さて、ブログを始めて1週間が経とうとしていますが

今日は、おうち英語を実践する中で大切にしていることを

挟みたいと思います (´ω`)

 

 

結構最初の段階でこれを書くべきだったんじゃないかと今さら思うわたしなのでした。笑

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

おうち英語で大切にしていること

 

おうち英語を実践されている方、

バイリンガル育児をされている方、

モットーや注力していることというのは

各家庭でそれぞれ違うと思います。

 

わが家の場合は、以前にも書きましたが

とにかくゆるいです (´ω`)

 

お勉強じみたことは一切せず、

あくまで日常生活に自然なかたちで英語を取り入れ

コミュニケーションツールとして英語を使うことを目的に

実践しています ✰✰

 

そうするためにこだわっている部分を

今日はご紹介させていただきます °˖✧

 

 

 

 

 

 

What's this?さえ話せればall ok

 

少し極端な話になってしまうのですが、

あくまでおうち英語を基準にしたお話です。

 

子どもが母国語、それ以外でも何かしらの言語を学ぶ過程で

 

 

これなあに?

 

 

と子どもが連発する時期ってありますよね。

そうしていくうちに、1つ1つモノの名前を覚えていく。

子どもはそこにおもしろみを見つけてくれるので、

親が教えていない言葉も勝手に覚えてきたりするんですよね (´ω`)

 

What's this?さえ話せるようになれば、

たとえばネイティブスピーカーと話す機会があっても

立派な会話にはならずとも、やりとりを続けることができますし

 

ネイティブスピーカーを前にして

What's this?を連発することで、

 

たぶん、まだ流暢には話せないのだろう

 

という雰囲気も伝わるという付随したメリットもあります♩

これが伝わると、相手もゆっくり話してくれたり

ジェスチャーや簡単な表現を用いてコミュニケーションを

試みてくれるので、大切なんですよ~(^ω^)

 

 

 

f:id:englishforkids:20200217232456j:plain

 

 

 

POINT

流暢ではないにもかかわらず積極的に話そうとする人、特に欧米ではとっても高く評価されます。子どもがWhat's this?とあれこれ聞いてくるものなら、ほとんどの人が親切に説明してくれるであろう、魔法の言葉です♩

 

 

 

単語をいくつ知っているかよりも、文章の構成を重視

 

上記にて、What's this?という魔法の言葉を使って

1つ1つモノの名前を覚えていくというお話をしました。

 

 

でも、私がそれよりも前にやっておきたいと思っているのが

 

文章にできるようになること

 

です。

 

 

前述のWhat's this?もそう、

簡単な英語表現ではありますが、れっきとした文章です。

 

細かな文法などは気にせずとも、

コミュニケーションする上での文章の構成がだいたい分かれば

単語はあとからついてくるのですね◎◎

 

What's this?という文章を使って単語が増えていく仕組みとまったく同じです ✫

 

 

 

 

 

抵抗感をなくしてあげる

 

子どもの英語教育を考えている or 実践している親御さんは、

近からず遠からず将来的にお子さんが英語を使う時が来ることを見越して

習得させてあげたい!という気持ちがあると思います。

 

それは小学校の英語の授業だったり

海外留学する時だったり、就職先でだったり

いつを想定されていて、また実際いつになるのかも人それぞれなわけですが

 

英語を使うその時に、抵抗感を感じさせないようにするのも

おうち英語の大切な役割ではないかと思います☺

 

 

よく聞くのが、こんな例。

 

✪ 小中高と学校で英語を習ったのに、全然話せるようにならない

✪ 小さい頃に英会話を習っていたのに、大人になるとまったく分からなくなった

✪ 帰国子女だが、英語は忘れてしまった

 

 

f:id:englishforkids:20200217232605j:plain

 

 

 

これらは、英語には触れてきたはずだけれど

英語を使うその時に身になっていなかったパターンです (;_:)

 

どれも恵まれた学習環境なのに、もったいない~

 

 

おうち英語で、日常生活に自然な形で英語を取り入れることができれば

英語とともに生活ができ、継続性も汎用性も兼ねた言語習得が叶います ✰

 

なにもペラペラになる必要はありませんよ、

抵抗感をなくせばいい話です(^ω^)

 

親御さんが思う、英語を使うその時になって

 

 

わーっ!英語キター!!どうしよう何言ってるか分かんないパニック

 

 

となるよりも、

 

 

あ~英語か。日本語の方がいいけど・・・まぁ少しなら分かるかも

 

 

というスタンスで対応できるほうが望ましいですよね。

ペラペラにならなくても、抵抗感をなくすだけで構え方が全然違ってきます◎

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

わたしがおうち英語を実践する上で大切にしていることは

 

What's this?等の簡単な文章構成を重点的に習得してもらい

単語をあとから増やしていくこと、

そして継続的に英語を使い続け、母国語以外への抵抗感をなくすこと

 

でした (´ω`)

 

 

 

 

 

 

同じスタンスでおうち英語を実践されている方、

もしくは考えている方、ぜひ情報交換できればと思います ❤

 

 おしまい。