ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

留学前の学力について

こんにちは☀

 

最近子ども達の好物が

 

  • お茶漬け
  • ふりかけ
  • たらこスパゲッティ

 

なので、延々とこれらをループして良いのでは?

と考えているズボラ母です(^ω^)

 

好き嫌いが激しい上に、気分で食べたり食べなかったりするので

せっかく手作りしてもきれいに残されること、

ありますよね・・・

 

切ない・・・

 

ちなみに、食べ物の好き嫌いが激しい人を

Picky eaterと言ったり、

He is picky about food. と表したりしますよ~

 

 

 

 

 

さて、今日は

以前の記事でお話した「留学時代に気を付けていたこと」

からさらに遡りまして、留学前の学力について

書いてみたいと思います(^ω^) 

 

これから留学を考えている方などに

読んでいただけるとうれしいです ✩

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

留学前~留学開始時の学力

 

まず、どれくらいの英語力を持って留学したのか?

という部分ですが、

留学希望者の面接で提出したTOEICのスコアは

700弱だったように記憶しています。

 

 

わたしが留学希望を出したときはたしか、

TOEIC600以上が必須、プラス面接(日本語と英語)をパスすると

晴れて留学に行ける✈✈という仕組みでした。

 

が、在学中何年目で留学するのかによっても

基準が違うと思います。

 

ちなみにわたしは大学3年の1年間を留学に充てました ✩

 

 

コミュニケーションはというと・・・

留学先でのインパクトが強くて、

正直それ以前の自分の英語力を覚えてないのですが

覚えてないくらい大したことなかったんだと思います(笑)

 

 

 

 

留学当初の印象深いエピソード

 

なぜか覚えていること。

 

空港に到着してすぐ、車でホームステイ先に向かっている時

ホストマザーと会話をしたのですが

 

何かの話をしていて(なんじゃそりゃw)、

 

"Whether"

 

という単語を使ったんですよ。

"If"と同じような使われ方をする単語で(下記参照)

 

not remember whether it was A or B
AだったかBだったか覚えていない

*1

 

なんとなくwhetherのほうが改まってるような気がして、

初対面のホストマザーに対して使ったというわけなんですけど。

 

 

これが、いまいち伝わらなかった!

 

 

留学先に到着したばかりで緊張もありながら、

良かれと思って使ったフォーマルな表現がうまく伝わらず

俄然今後が不安になってしまったわたし。 

 

f:id:englishforkids:20200128102144j:plain

ここまでではない。笑

 

 

で、とっさに"If"に変えて言い直してみたら、

あ~はいはいそういうことね、みたいな感じで、伝わった。

 

今思えば大したことないのですが、

当時のわたしにとっては

 

さっそく壁にぶつかった~~~!!!

 

という大きな出来事でした。笑

 

 

 

 

日本人らしく(?)、律儀に落ち込むわたし。

留学したてなんだし、そもそも英語は母国語じゃないのだから

伝わらない表現があって当然なのに (´ω`)

 

 

わたしならできる!ともはや自己催眠状態で留学したということもあり(笑)、少しの失敗でお先が真っ暗になる打たれ弱さでした

 

 

これは初めての壁エピソード。

今後も壁シリーズ続けていこうかな?(笑)

 

 

渡航前に行うプレイスメントテスト

 

留学面接に通った後、各自で行うのが

プレイスメントテストという、クラス分けのためのレベルチェック。

 

その結果、わたしは中級クラスに振り分けられました。

やっぱり日本の大学である程度の自信や成績があっても、

海を渡るとレベルが全然違うな~と感じました!

 

まぁ、わたしの場合というか、日本の英語教育だと

コミュニケーションにおける英語力は低いと自覚していたので

こんなもんか~と思ったくらいですかね。

 

 

 

留学当日から留学は始まっている!

 

めっちゃ当たり前のこと言ってる!(笑)

でもこれ、意識しないとすぐ忘れてしまうんです。

 

  • まだ来たばかりだから環境に慣れないとね・・・
  • 徐々に頑張っていけば・・・

 

いえいえ、

留学したその日からが勝負!

大げさな話(あながち大げさでもないのだけど)、

1日も無駄にできない留学生活がもう始まっているのです!

 

 

 

 

 

前述した、Whetherが伝わらなかったエピソード。

 

あれを初日で経験できたわたしは

本当にラッキーでした。

 

翌日からさっそく、初対面だからといってむやみに

かしこまった表現や、小説に出てくるような表現を使わないよう

意識しながら話すことができるようになりましたし

 

そうか。ここから伸びていくのだから

たったあれだけのことで落ち込まなくていいんだ。

 

と思い直すことができたからです (´ω`)

 

 f:id:englishforkids:20200128102535j:plain

 

 

まとめ 

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が、留学前~留学開始時の学力についてでした ✫

留学開始からの細かなエピソードを含め体験談なども

追々、まとめさせていただきたいと思います ☺

 

 

マジで死ぬほど幸せな留学生活だったので、10年経った今でも事細かに覚えてて、いつでも書けます(笑)

 

 

おしまい。