ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

留学時代に気を付けていたこと

こんにちは ☀

 

先日の記事でお話した、留学時代に気を付けていたこと。

今回は【勉強編】です。

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

暇さえあれば勉強

 

コミュニケーションのほうが

体当たりでチャレンジできる!という人もいれば

コツコツ続ける勉強のほうが得意分野、

という人もいたりして、留学生活は十人十色ですよね。

 

わたしは、外国語習得に関しては断然コミュニケーションを通して

学びたい派ですが、好きなことを黙々と勉強する時間も至福です。

 

今だったら韓国語とか、もちろん英語の勉強も継続してますよ。

好きなことに関しては、勉強することが趣味や息抜き

みたいなものかも。好きなことだけね。(何回も言う)

 

そんなわたし、留学先で

一緒にお茶する人が捕まらなかった時とか

1人の時間はずっと勉強してました。

 

 

気分によっては部屋にこもってすることもあったけど、大体キャンパス内の食事コーナーや通り沿いのカフェで、心地よい雑音を聞きながらする勉強が好きだった~♩

 

 

留学した時点で頭は常に勉強モードなので、

暇だな~って思ったら即勉強に着手できたんですよね。

 

 

 

 

 

勤勉な人と過ごすのも大切

 

やっぱり付き合う友人のタイプで、

自分の過ごし方も変わってきますよね。

 

そういう意味では、授業をサボるタイプの人や

以前の記事でお話した、母国語を話しがちな人とは

あまり一緒にいないようにしてたかも・・・

 

留学先での勉強に意欲がある人とは

自然と意気投合したりして、

空き時間に待ち合わせて

一緒に勉強するようになったりもしましたよ ✫

 

 

あまり大きな声では言えないんですけど、たまにいるの。わざわざ留学してるのに授業は来ない、単位落としまくり、休日は母国の人と母国語を話して過ごす人。驚いたことに、ホームステイ先も自国の人だったりすることもあって、本当、何しに来たのーッ!?って思っちゃってました

 

 

先生と仲良くなる

 

真面目な生徒にありがちなこれね(笑)

  

留学先ではわりと少人数のクラスだったからなのか

先生に話しかけづらいから、わからないことは友達に聞く

みたいな感覚がなくて、すごく気軽に質問できた。

 

余談だけどfacebookでもガンガン友達になってくれたり

何なら休日に遊んだりとかもしてた!先生やそのファミリーと!(笑)

 

 

こういう思い出話も、改めて記事にしますね♩

 

 

 

わたしは個人的に、先生と過ごす時間が多くなればなるほど

先生のきれいな英語を間近で聞けるので、

発音や言い方をコピーしたりしてぐんぐん伸びたように感じる!

 

いまだに、日常的に使う言葉の中に

当時の先生の言い方を真似してるものがたくさんあります(笑)

 

 

アドバイスをもらえる

 

行き詰まったときや、

参考書の選び方に困ったときなど

身近な先生がいると、アドバイスをもらえることも多くて

結果、授業の理解や進みも目に見えて早かったです◎

 

「この間、ここが分からないって言ってたよね?

良さそうなテキストを見つけたよ」

などと気にかけてもらえたりもして、心強かった ✫

 

 

f:id:englishforkids:20200128104753j:plain

 

 

 

別のクラスの授業に紛れ込ませてもらったことも

 

これはもちろん、できるできないあると思いますが

わたしの体験談。

 

こちらの記事にて、

プレイスメントテストで中級クラスに振り分けられたことをお話しました。

 

そこから2~3ヶ月おきにテストを受けて

 

日本でいう期末テストですね☺

 

通過すれば次のクラスに進み

落ちてしまうとまた同じクラスに在籍、

という形でプログラムの卒業を目指すのですが

 

 

 

 

 

クラスが変わったあとも、

空き時間があれば前のクラスに紛れ込んで

授業を聞いたりとかしてました(笑)

 

もちろん、そのクラスの先生に聞いてOKもらってからですが

ダメという先生は1人もいませんでした (´ω`)❤

 

 

Would you mind if I took your class again?(また先生の授業を受けてもいいですか?)

Of course not.(もちろんいいわよ)

 

といった感じで ✰

 

同じクラスでも授業内容が違う

 

なぜわたしが、すでにテストを終えた通過したはずの

前のクラスの授業に参加していたのかというと、

毎回同じ内容の授業とは限らないからです(^ω^)

 

テキストは基本同じでも、

先生が違えば重点的にやる箇所が違ったり

クラスの規模によって全体授業にしたりグループワークになったり。

 

同じ中級クラスでも、

学期ごとに授業方式が変わることも多かったので

仲良くしてもらっていた先生の授業には

ポツポツと紛れ込ませてもらっていたというわけです~

 

 

先生のサポート役をお願いされることも

 

一度通過しているクラスにまた参加することで

復習ができたり、新たな学びもあったりしましたが

 

「一度受けてるから分かるよね?みんなにヒントを出してあげて」 

「彼女なら分かるはずだから答えてもらいましょう」

「回答チェック手伝ってくれる?」

 

と、もはや一生徒として扱われないことも多々ありました(笑)

これも、先生と仲良くしてもらっていたことで巡ってきた幸運で

ただ黙々と授業を受けるだけではない、

授業に深く入り込んだ参加のしかたができました◎

 

おうち英語とリンクしますが

インプットしたものを人に教えるということを通して

さらに自分の中での理解を深めることができるので

こういう経験はとてもありがたかったです ✽✽

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

留学時代の勉強生活で気を付けていた点、

努力した点というのは、こんなところです。

 

人生でこんなにも、

勉強もコミュニケーションも遊びもめいっぱいした時期は

留学時代だけでした(´-`).。oO(遠い目)

 

友達に合わせようとか、

友達がやるならやろうとか、

周りをベースに考えるのをやめたことで

こういう行動力につながったと思います。

 

 

もっと細かな勉強法や

どんなテキストを使って、どんな方法で学習していたかなども

いつか書けたらいいな~なんて思ってます(^ω^)

 

 

おしまい。