ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

ムスメの英語

こんにちは ✡*

週明けから全国的に雨が続くみたいですね ☂

 

留学先が極寒の地だった上に、

そこにわたしの青春が詰まっているということで

寒いの大好きなんです ☃❤

つめた~い空気に当たるだけで、

楽しかった日々が蘇る・・・✫✫

至福の時間です。

 

基本、気温が2桁あればアウター要らないわたしです。笑 

 

 

さて、これまでの記事で

子どもの口から出てくるようになった英語表現など

お伝えしてきましたが、

ほとんどが上の子(息子)のエピソードでした。

 

 

ぼくだよ

 

 

おうち英語の成果を書いている記事は

去年の春からの取り組みを遡っているので

まだ下の娘はポツポツと単語が出ていた程度で

記事に書けるほどの成果は出ていない段階なのです (´-ω-`)

 

息子より1歳7ヶ月下の娘、

今現在2歳2ヶ月になっております。

 

 

ムスメです。いちおうわたしのキャラクターもあるみたい。

 

 

 

今日は娘が英語を話し始めた当時の

取り組みや成果について少し掘り下げてみたいと思います。

 

※基本的には"おうち英語〇ヶ月目の成果"に記載したものと近いです

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

娘の口からはじめて出た英語表現

 

 

意外にもこれは・・・

 

I'm full.(お腹いっぱい)

 

でした。笑

まだ日本語でも単語らしい単語は出ていなかった頃なので

1歳7ヶ月~8ヶ月くらいだったかな?

 

食べることが大好きな子なのでね・・・

食べ物関連の表現は覚えが特に早いように感じます。

 

毎日の食事で交わされていた会話でもありましたし、

食べ物にまつわるお歌動画の効果でもあると思います ✫

たとえばこちら・・・

 

 

www.youtube.com

 

 

Are you hungry?(お腹すいた)や

I'm full.(お腹いっぱい)などの表現とともに

簡単なくだものの名前も楽しく覚えられる歌です♩

 

お子さんと一緒に見て歌ってもらって、

その流れで食事にしたりすると、歌と日常生活がリンクして

そのうち歌詞に出てくる表現ともつながってくると思います!

 

 

 

 

2歳までに覚えた言葉

 

それからは、日本語も英語も

特に驚くほどの速さで習得したということはありませんでしたが

1歳半でおうち英語を始めてから2歳の誕生日を迎えるまでに、

 

✪ I'm full.

✪ 1から12までの数字

✪ 色

✪ Yummy.

✪ Help me.

✪ Let's go.

✪ Egg

✪ Apple

✪ Sleepy.

✪ Coffee

 

といった単語が口から出るようになっていました。

 

 

娘は未就学で、わたしとの会話が英語なので

日本語に触れる時間が

 

  • オットと話すとき(週1日程度)
  • 息子と話すとき

 

くらいしかないんです。

 

 

幼稚園でちゃんとした日本語を学んでくる息子と比較すると、

もう少し日本語を学ぶ機会が要るかな~?という印象。

 

言葉数は2歳過ぎにしてはまだそれほど多くないのですが、

発話する際の言い間違いが少なく、こちらの発音を忠実に再現するので

日本語・英語ともに発音はよさげ。 

 

 

 

特に力を入れたことは? 

 

日常会話を英語に切り替えたことを除いて、

娘に対して力を入れた取り組みというのは

実は特にないんです。

 

というのも、おうち英語を始めた当初、娘は1歳半。

特に一生懸命言葉を教えなければいけない年齢ではないですよね。

 

これぐらいの年齢から、

日常会話での単語をポツポツと覚えていくので

特に教え込んだり覚えさせたりはしていません(^ω^)

 

変な話、息子に関しても娘に関してもそうですが、

わたしと会話していれば自然に覚えるだろうと思っているし

娘に対しては、息子と同じ環境で生活していれば

息子と同時に、もしかすると息子よりも早く色々習得するだろう

という、根拠のない自信を持って接しています(笑)

 

 

そのうち覚える、続けてれば覚える、と気楽な気持ちで継続するのがわが家のおうち英語のモットーです

 

 

 

まとめ

 

以上が、

今まであまり出番のなかった(笑)娘のおうち英語レポートでした。

 

 

 

 

今は娘もだいぶ言葉が出るようになっているので、

これからは「おうち英語〇ヶ月目の成果」シリーズで

状況をお伝えできればと思います☺

 

 

結局わたしのセリフは1つもなかった

 

 

 

おしまい。