ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

【おうち英語】5ヶ月目レポ

んにちは ✽

 

 

さて、おうち英語レポも半年目に突入しようとしています。

 

 

5ヶ月やってみての感想は、

 

やっぱり家の外では日本語で生活しているので

英語も入りづらいし、逆に日本語習得にも多少弊害がある!

 

予測はしていましたが、やっぱり双方の言語認識がケンカしてしまうというか

多少なりともありますね。

 

バイリンガル育児って、その言語に対する知識とかよりも

難しい問題に直面します (・´з`・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

4ヶ月目のまとめ

 

 

4ヶ月目の記事はこちらにございます(^ω^)

さらっとまとめると、こんな感じでした ♩

 

 

✪ 数字に関するやりとりができるようになった(エレベーターのボタンを押す、何個ほしいか聞く、時間を聞く、など)

✪ 覚えた色の名前をお絵描きでアウトプット

✪ いろいろなABCの歌を覚えた

✪ Help me. や Please. など便利な表現が使えるようになった

 

 

実用的な言葉や、基本的なABCなどを習得し始めて

日常で積極的にアウトプットしてくれていました ✰*

 

 

 

5ヶ月目、子ども達の年齢は

 

息子:3歳半

娘:1歳9ヶ月

 

でした (´ω`) ❥

 

 

それでは5ヶ月目のおうち英語レポ、はじめます~

 

 

 

 

お着替え系の表現を始めました

 

息子、夏休み中にトイレができるようになりました☀

日常会話が英語なため、もちろんトイトレも英語で行うことに。

 

トイトレつながりで、お着替え系の表現も一緒に覚えてくれました◎

 

 

 

今は英語・日本語どちらでも表現ができますが、当時お着替え系の言葉は英語でしか言えませんでした

 

 

 

 

トイレ系の表現

 

トイレはもちろん幼稚園でもしますし、日中は幼稚園にいる時間のほうが長いので、

上手に先生に「トイレに行きたい」と伝えられるようにしておく必要があります。

 

なので、息子のトイトレ時は日本語と関連付けられる英語表現をピックアップしました◎

 

 

 

✪ パンツ = Pants(日本語と近いので)

✪ トイレ = Toilet(RestroomやWashroomよりもシンプルかつ日本語と近いので)

✪ 流す = Press the button(Flushよりも直接的にボタンを押すという表現を採用)

 

 

 

日本語と違いすぎない、かつ自宅以外で言ってもまったく通じないこともないだろうというワードをチョイスしました

 

 

 

 

ちなみに今現在、息子は3歳10ヶ月になりましたが

Press the button ではなく、Flush the toilet と言っています◎

 

1つの行動を表す表現にもいろいろあるのだということが分かってきているので、

途中からFlushに直しても全然問題ありませんでした(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

お着替え系の表現

 

✪ ズボン = Bottom

✪ Tシャツ = T-shirt

✪ サンダル = Sandals

✪ 肌着 = underwear

 

 

夏感満載なラインナップww

 

この時まだ暑かったので、薄着だし毎日Tシャツ短パンて感じだったので

ボキャブラリーが増えない!笑

 

ズボンに関しては、PantsやSlacksなど

どの単語をはじめに採用しようか迷いました。

  

Pantsは下着と混同してしまうので却下して、

Bottomだったら、ズボンという意味と同時に「下の方」や「お尻」という

ニュアンスがあることも覚えられるのではないか?と思って、Bottomを使うことにしました~ ✫✫

 

 

 

Tシャツに対して、下に履くのがズボン。お尻に履くのがズボン。Bottomに履くからBottom。という感じですね

 

 

 

 

Let's get dressed!Let's change your clothes! という表現は

だいぶ序盤で覚えてくれているので、あとはそこにお着替えアイテムの単語を

ポロポロと足していけばどんどん伝えられる情報量が増えていきました!

 

 

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

上記の記事でお話した、

文章の構成がだいたい分かれば

単語はあとからついてくる

という筋書き通り(?)、

 

着替えよう!というフレーズから

何を着る?何を脱ぐ?という単語が付随していった形です。

 

 

 

 

数字のボキャブラリー増

 

ひょんなことから、13以降の数字に興味を持ち出した息子。

1人でブツブツ言ってる・・・と思ったら

 

 

one, three... one, four...

 

 

 

と、13以降の数字を分解して読んでる・・・!!

これは覚え時!と思って、教え始めました◎

 

13以降はある程度規則的な読み方なので、

むしろ12までの数字よりも簡単なのでは?と思い

取っ掛かりやすかったですね(^ω^)

 

 

 

数えるだけの動画に夢中

 

たとえばtwenty(20)という単語など、

"t"の部分をそのまま"t"と発音するか"d"に濁るか

発音が全然違いますよね。

 

"t"だとトゥエンティーとなり

"d"だとトゥエニーのような音になります。

 

 

 

わたしは濁る派なのですが、イギリス英語ではtと発音するのでどちらにも慣れておいてほしいところ

 

 

 

なので、いろいろな発音の動画を探してみよう!と思い

あれこれ吟味してみたところ、息子が繰り返し見たがった動画がこれらでした ✩

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 

まさかの、数えるだけの動画!!(笑)

一生懸命、楽しい振り付けやキャラクターが出てくる動画を探していましたが、

お気に召したのはこのどシンプルなカウント動画でした (´ω`)

 

 

 

動画を探す時は、やはり子どもと一緒に選ぶ方がいいですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

  

20以降の数字もすんなり習得

 

やっぱり子どもが自発的に興味を持ってくれると伸びも覚えもえげつなく早い!

 

でも、結局親がそういう環境を作ってることが発端だったりするので、

自発的という言葉の定義が曖昧になってきますけどね・・・笑

 

 

 

ママがディズニー好きだと子どももそうなるっていうパターンと同じですね

 

 

 

 

そうなんです、わたしが一生懸命教えたわけではないのですが

20から後の数字もすんなりと数えられるようになっていました ✰

 

私は教えることに詳しいわけでも上手なわけでもなく

本当に自分が英語を話すから子どもにも話す、といった状態なので、

時々こういう展開があると不思議に思ってしまうんですよね~

 

 

どうしたらそんな一瞬で覚えられるの???

 

 

 

 

 

 

以前から書いていますが、わたしたちが英語で数字を習う時って

単語を書くところから始めるじゃないですか。

アルファベットの羅列を覚えてから、発音。っていう感じで。

 

子どもたちを見ていると、音から入ることがどれほど大切か思い知らされます。

わたしもはじめからこうして学習したかった (´ω`)

 

 

 

時計に関する表現も増

 

こちらの記事☟で、アラームをセットして時間を覚えるというお話をしました ✽

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

〇:00というぴったりの時間に設定していたアラームを

今度は〇:30になった時に鳴るようにしました◎

 

 

この方法により、

9:30(nine-thirty)10:30(ten-thirty)など

30分ごとの時間の呼び方も、

同じようにゲーム感覚で覚えてくれましたよ(^ω^)

 

 

 

それでも、やっぱりアナログ時計だと教えるのも難しいですね💦どうして長針が6に来ると30分なのかとか・・・そんなこと考えたこともないから・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

トイトレのタイミングでトイレ系の表現とお着替え系の表現を

まとめて学習できたことは大きかったですし、

毎度のことながら子どもの吸収力には驚かされてばかり・・・(^ω^)

 

数字に関しても、本当にたまたま大きな数字に興味を

持ち出したことで、ボキャブラリーが増えました。

 

言葉においても生活習慣においても、

停滞期もあれば、ある時突然ぐ~んと伸びたりもして

子どもの成長って見逃せない (´ω`)

 

 

おうち英語に関係なく、いろいろと大らかな目で見守ろう・・・と思ったのでした ✫