ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

英語学習、何から始める?【その2】

こんにちは (^^)/

 

 

英語勉強中のみなさん、はかどっていますか?

わたしの韓国語はボチボチです。。。

 

どーーーしても覚えられない単語がいくつかあり、奮闘中💦

 

 

 

 

 

さて、英語学習について先日書いたこちらの記事。

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

わたしが韓国語学習で実践している勉強法をシェアさせていただきました。

簡単にまとめるとこんな感じ(^ω^)

 

 

 

1. 教材にするリスニング動画探し

2. 画面を見ながらシャドーイング

3. 音声より先に答える練習 

 

 

 

わたしはこれで1ターンとしていて、

覚えるべき単語が増えたらまた1~3を繰り返して学習する、

という方法を取っているのですが

 

このあとに仕上げとしてやっていることを

書いてみたいと思います (^^)/

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

  

リスニング動画を最初から

 

習得できたかどうかの最終確認として

一番シンプルで、よくやる方法がこれです。

 

教材として使ったリスニング動画を、もう一度はじめから聞いてみる。

 

 

画面は見ずに音声だけ

 

f:id:englishforkids:20200217215913j:plain


 

リスニング練習としての仕上げなので、画面は見ないようにしています。

そして、余裕と時間があれば前述1~3のうち3に当たる

音声より先に答えるという作業を再びやってみたりもします◎

 

完璧に覚えた単語にここまで時間と労力を割くことは

あまりしませんが(笑)、少しでも怪しいものがあれば、

先回り回答ができるまで繰り返すこともあります ✩

 

 

 

 

音声の速さを調節してみる

 

1.2倍速~2倍速くらいをちょこちょこ調節しながら

早い音声に慣れる訓練をします。

 

一見難しいように思えるのですが、前述の1~3の1ターンで

単語や文章がだいぶ頭に刷り込まれているので、

倍速で聞いてみるというフェーズに感覚が追いついているんですよね。

 

はじめから倍速で挑戦していては覚えるものも覚えないどころか

正しい発音も分からないままで効率も悪いので

学習する順番は大事だと個人的に思うのですが

 

ここまで徹底的に学習フェーズを辿ってきた段階での

倍速リスニングというのは、ご自身が思っている以上に

自然に取り組めると思います(^ω^)

 

 

理解度チェックとして、ぜひ試してみてください ✫

 

 

 

相応するレベルの別教材で確認

 

 

うーん???見出しにまとめようとすると伝えにくい(笑)以下にて掘り下げますね!

 

 

 

f:id:englishforkids:20200217220150j:plain

 

 

 

相応するレベルのテキスト

 

たとえば、TOEIC 600点レベルの学習をする場合には

リスニング動画を探す際にも、

 

 

英語 リスニング練習 TOEIC600

 

 

とかって打ち込みますよね ^^

 

 

 

 

 

600点獲得のために必要な単語や表現を一通り学習できたら、

同じくTOEIC600点レベルの問題集などを用意して、

それを解いてみるとか、模擬試験のページをやってみる、とかです。

 

リスニング練習で学習した単語や表現に相応するレベルで

また違った教材、学習法を用いて理解度チェックをする形です◎

 

 

同じレベルの単語や表現を、違う教材で見てみると感じ方も理解も全然違うのが分かりますよ♩ 何度も目にしているので、今まで気づかなかった発見があったり、ひと手間増えますが得るものも多いです

 

 

 

相応するレベルの別動画

 

そして、同じく相応するレベルの動画をまた探してみるのも良きです◎◎

 

といっても、同じようなリスニング動画を見てもつまらないので(笑)

たとえばわたしだったら、普段から韓国系Youtuberさんの動画を見ているので

その中から、学習中のレベルに相応する単語が出てくるものを探して

見てみたりします(^ω^)

 

 

Youtuberさんのおしゃべり動画のときもあれば、お勉強系の動画を見ることもあります。とにかく今自分が勉強中のレベルとだいたい合ってることが大切 ✩

 

 

これまでの学習法 + 動画で復習をすると

いっそう深く脳に刻まれて忘れにくいので、おすすめです◎

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

短期集中型の学習法ではないですが、

余裕があったらぜひここまで入念にやってみてください(^ω^)

 

流れが身体に染み付けば、あとは少しずつ少しずつ

単語を増やし、文章を増やしていくことで

 

じゃあ次は実際に外国人とコミュニケーションが取れる環境に行ってみよう、

とか

 

いよいよ受けたかった試験に挑戦してみよう、

とか

 

次のステップがどんどん見えてくるので、

言語学習の門をくぐるにはぴったりの方法ではないかと思います♩

 

 

わたしも次のハングル検定を受検する予定なので、

もうすぐ問題集の模擬試験をやってみようかと思っています!!

 

模擬試験のページってなんかもったいなくてなかなか手つけられないよね・・・

 

 

 

おしまい。