ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

【おうち英語】わが家で行っているルー語対策

こんにちは ✫

 

 

 

以前こちらの記事でお話したアノ問題、、、

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

そう、いわゆるルー語になってしまう問題。

バイリンガルになっていく過程ではごく普通に起きることではあるものの

地道に語彙は増やしていかないとなぁ~と思い、

実践していることを紹介していきたいと思います(^ω^)

 

 

 

 

こんな方に読んでいただきたい!

✫ バイリンガル育児をする中で、子どものルー語に悩んでいる
✫ バイリンガル育児をするにあたり、日本語も英語も中途半端になってしまう不安がある
✫ ルー語は必須過程というものの、英語力・日本語力ともに強化する方法が知りたい

 

 

 

  

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コツコツと単語力をつける

 

上にリンクを貼った記事で「今後の取り組み」としてお話させていただいたように、

地道に単語(英語・日本語ともに)を増やす努力を日常生活の中で心がけるようにしました ✩

 

 

 

ガツガツ教え込まず子どもが自然に習得するのを見守るのが基本スタイルでしたが、覚えてほしいな~と思う言葉があったら積極的に「〇〇って言うんだよ」とアシストする形にしてみた

 

 

 

 

 

すると、やはりこちらが想像していたよりもスムーズに単語が増えていくのですよね。

もちろんその時だけ言えて、数日経ったら忘れてしまうなんてことも

よくあるのですが、それでも数回教えればすっかり覚えてしまう。

 

日常生活の中で頻繁に出てくる言葉も頭に入りやすいですが、

子どもが興味のあること、夢中になっていることから関連付けて

教える単語というのも深く刻まれやすいので、

ぜひお子さんの「好き」にアンテナを張ってみてくださいね♩

 

 

 

 

 

英語と日本語をセットで覚える

 

こちらも、上記リンクの記事で今後の目標として挙げていたもの。

結構効果があるみたいなので、日常会話の中でぜひ試してみてください ✫

 

やり方というほど難しいことではありませんが、

英語でも日本語でも、新たな単語をまさに教えようとしているとき

ついでにもう一方の言語でも教えておく、というシンプルな方法です。

 

 

何気ない会話の中でも実践しやすいですよ◎

 

 

f:id:englishforkids:20200223161911j:plain

 

 

 

 

 

(煙突を見て)あっ、火ついてる!

 

 

(火・・・?あ~煙が出てるからか!)

 

 

Yes, it looks like something is burning. But that's not fire. That's smoke.(本当だ、何か燃えてるみたいに見えるね。でもあれは火ではなくて、煙だよ。)

 

 

Smoke.(けむり。)

 

 

Yes, smoke in English. けむり in Japanese.(そう、英語でsmoke、日本語で煙。)

 

 

 

のような感じで、両方の言語をついでのように教えておくだけです^^

 

 

もちろん、すでに日本語の語彙力がついているお子さんは

英語だけ教えてあげて、あとは使い分けることができれば◎ですが

わが家の息子のように言葉がのんびりな子や

まだ言葉が完全でない年齢の子に対しては

両言語の語彙力をつける方法の1つになると思います ✩

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂のおもちゃが大活躍

 

なんとなく買っていた、お風呂に貼るひらがなや数字の書かれたシート。

ここに来て、この語彙力つけようキャンペーンに一役買っているのです!

 

 

 

f:id:englishforkids:20200224164117j:plain

 

 

 

使い方は簡単。

前述した「英語と日本語をセットで」という方法で遊ぶだけです◎

 

 

 

What's this?

 

 

ぞうさん!

 

 

Right! So in English?

 

 

 

Elephant!

 

 

 

という感じで、英語と日本語どちらも答えにしたクイズをしています(^ω^)

 

 

In English / In Japanese という切り替えのキーワードも

同時に覚えてくれるので、いろいろな意味で役立っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

EnglishとJapaneseの言語の区別をどこでしているのか、

コミュニケーションの中で発見できたらいいな~と考えている今日この頃。

 

 

 

わたしたちは、日本語と明確に違う英語の発音で区別していると思うけど、"発音"という概念がまだない子どもにとっては何がキーとなってin English?とin Japanese?を見きわめているのだろう・・・

 

 

 

 

こちらの記事でお話したように、

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

子どもたちとわたしとでは学習環境がまるっきり違っていて

習得の仕方、起きる間違いや理解の内容など本当に全部が別物だと思います。

 

理屈がわかれば、今後自分の英語学習や韓国語学習にも役立つと思うので

ぜひ発見したいところです ✫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、おしまい。