ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

英語やってみたい!始め方やコツって?

こんにちは(^ω^)

 

 

  

 

大人の方が英語を始めよう!というとき最初にぶつかる壁が、

 

 

 

まず何をすればいいのだろう?

 

コツとかってあるの?

 

 

 

 

こういったものではないでしょうか (´ω`)

 

 

 

 

 

 

 

わたしも韓国語を始めるとき、まさに同じことを思いました。

そして、あらゆる勉強法を試しては玉砕して・・・を繰り返して、今に至ります。

 

 

間違った勉強法、自分に合わない勉強法に手を付けてしまうと

自覚している頑張りのわりに結果がついてこなくて

モチベーションだだ下がりですよね・・・ (ノД`)・゜・。

 

 

わたしは小さい頃から少しずつ英語に触れてきて、

大学で爆発的に勉強をしたことで習得につながりました。

 

そういうわけで、英語学習に関してはわたしの経験談は

あまり参考にはならないと思うので、大人になってから始めた韓国語勉強

このノウハウを中心に今日はお話していきたいと思います (*^^*)

 

 

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

 

 

 

習得しやすい学習順序がある!

 

言語を習得する際、スムーズに身体にしみ込ませる順序があります。

それは・・・

 

 

 

1. 聞く

2. 話す

3. 読む

4. 書く

 

 

f:id:englishforkids:20200303134024p:plain

 

 

 

この順番です。

 

 

読んでいただくとなんとなく分かるように、この順番は

一般的に子どもが言葉を習得していく過程と同じなんですよ◎◎

 

 

わたしは英語を長年勉強していて、途中から韓国語も始めたわけですが

頭に一番スゥーッと入ってくれました (´ω`)

 

 

 

まずは耳を慣らす

 

パパママが赤ちゃんに声をかけながらお世話をするのと同じように

何を言っているか分からない段階でも、音に慣れておくことは大切です。

 

 

もちろん、赤ちゃんの脳と耳のポテンシャルと我々のそれとはまったく違うので、同じスピードで習得する効果は期待できないでしょうが・・・基本的な順番は同じであることがベストだと思います♩

 

 

 

 

 

とはいっても、音だけ聞いていてもちんぷんかんぷんだし

なんんんにも楽しくないですから(笑)

 

 

  • 字幕で映画やバラエティー
  • 歌詞付きで音楽
  • 語学系Youtuberさんの動画

 

 

などなど、視覚的に何を言っているのか分かる状況で

音に慣れる作業を始めてみましょう ✽

 

 

わたしは、好きな韓国語系Youtuberさんにアドバイスを受けて

韓国のポグマム(ドラマ)ウギョル(バラエティー)を見て

リスニングの練習をしています(^ω^)

 

 

f:id:englishforkids:20200303150649j:plain

 

 

 

完コピして発音練習

 

耳慣らしをした単語、文章、セリフを暗記するほどしつこく叩き込んだら、

次にそれらを発音する練習です ✩

 

 

 

 

 

 

 

コツは、

 

 

  • 発音だけでなく、文章全体の抑揚もマネしてみる
  • 口調、表情もマネしてみる
  • その人になりきったつもりで発音してみる

 

 

という感じでやってみること、です ✫

 

 

映画だったら2時間全部を覚える必要はまったくないですが

数ヶ所、お気に入りのセリフをピックアップするといいと思います。

 

 

 

 

テキストとともに何度も聞く

 

聞き取ることができて、発音の完コピも済んだら

次は読めるように目を慣らしていきましょう◎

最初に日本語字幕で見ていた映像を、今度はその言語の字幕で見てみます。

 

 

 

 

 

このフェーズに入る前に、その言語のアルファベットを少しでも覚えておくとインプットがスムーズだと思います✩

 

 

 

好きな映画や音楽をネイティブの字幕で見て目を慣らすという作業なので

全部暗記しようとする必要はないですよ(^ω^)

 

 

耳も目もその言語に慣れ始めれば、そこから習得に向けてどんな方法を取ろうか

自分で考えて勉強法を選択していくことができるようになります ✫

 

 

単語や文章をいくつか覚えるだけでは習得までの道のりは長いので、

覚える単語を少しずつ文章にしていったり、難易度を上げながら

上記の作業を繰り返して、語彙を増やしていきましょう!

 

 

 

問題集で書き取り練習

 

ある程度語彙力がついてきて、音と文字がリンクするようになってきたら

いよいよ問題集で、書く練習を始める準備ができていると思います^^

 

 

問題集は、

 

  • その言語を学ぶ目的
  • 今後受ける予定の試験
  • 聞く、話す、読む、書く、どこに力を入れるか

 

と、学習目的によって適した教材が違ってきますので

この記事内では割愛しますね ✫

 

また改めて、目的別のおすすめテキストを紹介する記事を書いてみようと思います(^ω^)

 

 

 

わたしの体験談として韓国語を例に挙げると、

初心者なので、まずは5級のテキストから始めました ✩

 

 

books.rakuten.co.jp

 

 

この問題集は、問題を解くだけでなく

プチ模擬試験、模擬試験のページが充実していて

自分のレベルチェックが気軽にできるところがとっても良きでした◎◎

 

 

 

 

 

 

ガッツリやりたい人は

 

ここまでで紹介してきた勉強の始め方、

ゆる~く、ではなく結構ガッツリやりたいよ!という方は

はじめに耳を慣らす段階で、試験向けのコンテンツを選ぶとよいと思います◎

 

楽しみながらやってみたい、という方は映画や歌から入ってみるところを

実際に問題集を買って、そのCDで耳慣らしをするとか

 

 

〇〇語 初級 単語

 

 

などと動画サイトで検索して、レベルに見合った単語・文章を探して教材にしたり、

ここでのコンテンツ選びが、学習を続けていく基礎となるので

学習目的がはっきりしているという方は、入念に探してみてくださいね ✫

 

 

ちなみにわたしは、韓国語初級レベルの試験を受けることが短期目標だったので、「ハングル検定5級 単語」で検索して、韓国語系Youtuberさんの動画をチャンネル登録して毎日聞いていました

 

 

 

おわりに

 

どんな学習法が合っているか、長く続けられるかには個人差があるので

一概にこれをオススメする!とは言えませんが、

 

小説を片っ端から読んで勉強するぞ!

TOEICの問題集を解きまくって語彙力つけるぞ!

 

など、自分流の勉強法を持っている人でない限りは

どこから手を付けたらいいの~!?とジタバタしてしまうと思います。

 

 

そんなときに、この学習法にトライしてみてください(^ω^)

 

英語習得までの道のりに、楽しさやワクワクがありますように ✩✩