ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

半年という留学期間でできることはこんなにある!

こんにちは^^♩

 

 

 

留学は、1セメスターごとに受け入れるケースも非常に一般的で

半年という単位で行く方も多いですよね。

 

 

 

たった半年の留学って意味あるかな?

 

 

慣れた頃に終わってしまいそう・・・

 

 

 

という心配をされている方も多いみたいですが

結論から言いますと、

 

 

 

意味ありありです!!!

 

 

 

 

 

 

わたしの1年間の留学体験談とともに、

なぜ意味ありありと感じるのかをお話させていただきたいと思います ✫

 

 

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学は時間ではなく質が大事

 

留学期間は、必ずしも長ければいいというものでもありません。

そもそも質のよい留学生活を送れる人にとっては、

その良質な留学生活が長く続けば続くほど結果は出ますが

 

中身はそこそこに留学期間だけを重視して飛び立ってしまうようでは、

何年間海外にいても、ある程度で伸びは止まってしまうものです (´ω`) 

f:id:englishforkids:20200304100415p:plain

 

 

 

 

3ヶ月で変わる人もいれば、長年いるのに伸びない人も

 

質を重視して留学生活を送ることのできる人は、たった3ヶ月だとしても

留学前と劇的に変わって、満を持して帰国できます◎

 

一方で、何年も英語圏に住んでいるのに上達しない人がいるのも事実。

 

 

 

さすがに年単位でいれば、日常会話レベルはこなせるようにならない?むしろ、ならないほうが不思議・・・

 

 

 

と思いますよね (´ω`)

 

 

 

でも、我々日本人も

中学生から(年代によっては小学生から)英語の勉強に時間を費やしてきて

単語はたくさん知っているのに、会話はできない。

 

 

 

 

 

 

時の流れに身をまかせて留学生活を送ってしまうと、

このパターンと同じ結果に終わってしまう可能性大です。

 

 

では、質のよい留学生活とはどんなもの?

どんなふうにしてその環境を作り出せる?

 

 

 

以下にて掘り下げてみましょう(^ω^)

 

f:id:englishforkids:20200304100516j:plain

 

 

半年で何ができる?

 

短い留学期間で、1秒も無駄にしないためにできることは

現地にいる時間を120%活用すること

 

どうするか迷ったら、

 

 

それは日本でもできることか、

それともここでしかできないことか

 

 

これを自問自答してみてください。

日本でできることを、留学先でするのはあまりにももったいない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間はあっという間に過ぎてしまうと思いますが、

心構えと準備をしっかりして臨めば

 

 

 

あっという間だった・・・Σ(゚д゚lll)

 

 

 

という気持ちよりも、

 

 

 

こんな短い期間でよく頑張った!!

 

 

 

と自信を持って帰国できる留学生活にすることができますよ ✽ 

 

 

f:id:englishforkids:20200304101438p:plain

 

 

 

 

準備は万全にしていく

 

留学先ではじめて直面して慌ててしまうようなことでも、

日本で準備ができるようなことだったら、先に済ませてしまいましょう!

小さなことですが、これだけで留学先では勉強に集中できる環境が作れますよ♩ 

 

 

 

 

1. 日用品のチェック

 

シャンプーやメイク落とし、常備薬など

あまり銘柄を変えたくないものは、持参するとよいです◎◎

 

人によっては半年分持っていくのは難しいかもしれないので、

現地のスーパーや薬局などで購入できるか事前に調べておきましょう。

 

留学先で体調不良になったり、シャンプーが合わず髪がパサパサになったり

基礎化粧品が合わず肌荒れしたり、余計な悩みを増やさないようにする策です◎

 

 

わたしは海外のいろいろなメーカーのものを使ってみたかったので、ヘアケアやスキンケア用品は毎回現地で買っていました✩ 風邪薬だけは持参しましたよ~あまり使わなかったですけど

 

 

 

現地では、英語学習にとことん専念できる状態をキープしましょう\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 現地の授業を疑似体験

 

現地で授業を受けるだけでドキドキ・・・

緊張で先生の声すら聞こえない・・・

 

こういう初心も大切ですが、何日も何週間も続いてしまうと

時間だけが過ぎていきます 。

 

 

緊張していて何をしたかよく覚えていない☹

 

 

という時間が1分でも減るように、出発前にできること。

それが現地の授業を疑似体験しておくことです!

 

 

やり方は簡単。

動画サイトなどで、英語の授業を配信しているコンテンツを探して

留学前の予習を兼ねて、毎日1時間でも見るようにしましょう^^

 

内容は、現地の学校で受講予定の授業と似たものがよいですね ✫

 

 

 

英語 語学学校 授業

 

 

などと検索すると、いろいろな動画を選ぶことができますよ~♩

 

  

 

毎日誰かと会う

 

さて、ここからは現地でできることを見ていきましょう。

 

せっかく英語を聞いて話せる環境に飛び込んだのですから、

毎日誰かと会って、たわいもない会話をしましょう ✫

 

 

 

 

 

 

友人や先生

 

毎日学校に行っていれば必ず顔を合わせる、友人や先生。

あいさつをして、授業を受けるだけではなく

どうでもいい話もどんどんしてみてください ✩

 

同じ立場の留学生はみんな英語を学びに来ている人たちで、

現地の学生や先生は、こちらが積極的に英語を学んでいることを知っていますから

いろいろなトピックに付き合ってくれると思いますし、

話題も提供してくれることでしょう(^ω^)

 

 

 

店員さんなど町の人

 

町に繰り出して、いろいろなお店で買い物をするのも良きです◎◎

 

洋服やさん、カフェ、スーパー、買い物をする先々で

積極的に店員さんにコミュニケーションを取ってみてくださいね♩

 

 

  • 商品の場所を聞く
  • おすすめを聞く
  • 日本人に合う服のサイズについて聞く
  • 読めない商品名について聞く

 

 

などなど、いろいろなきっかけがありますが

来たばかりで町を散策中ということを伝えれば、おすすめのお店など

教えてもらえるかもしれませんよ♩

 

 

日本では、初対面の店員さんとお客さんが親しく話す光景はあまり見られませんが

海外では全然OKな場合が多いです◎◎

 

ここは日本じゃないから大丈夫!と思って一歩踏み出してみてください(^ω^)

 

 

 

海外の店員さんはおもしろくて、わたしはスーパーのレジの人に突然「はぁ疲れた、帰りたい(笑)」と言われたことがありますw

 

 

 

 

 

 

 

 

ランゲージパートナー

 

学校によっては、ランゲージパートナー制度が整っている場合があります。

 

 

ランゲージパートナーとは、現地のボランティアさんが留学生の会話相手として

パートナー契約を結び、個人的に連絡を取り合ったり会話練習をしてくれる制度です。

 

 

 

無料でマンツーマンの英会話レッスンが、いつ何時でも受けられる・・・というとインパクト大ですが、実際そうです。

 

 

 

 

この制度はわたしも留学当初から活用していました。

わたしのパートナーは、犬を飼っている40代の女性で

月に何度かランチをしたり犬を連れて公園に行ったり・・・

楽しい時間を過ごしました ❥

 

 

数ヶ月後には、今度はわたしが新しい留学生相手に

ランゲージパートナー契約を結ぶ立場にもなりました。

 

 

 

f:id:englishforkids:20200304102013j:plain

 

 

 

日本語を禁ずる

 

過去記事で結構強めにおすすめした、この方法。

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

忍耐強さや屈強メンタルが必要になりますが(笑)

良質な留学期間にしたい!という気持ちが強ければ誰にでもできます☺

 

短い期間だからこそ、ぜひここは徹底してほしいところです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

良質な留学を作り出すには、出発前からの準備や心構えも

とっても大事な要素になってきます。

 

これだけで、半年という短い留学生活も充実度がぐっと上がり

帰国した時のパワーアップ感が全ッッ然違ってきますよ\(^o^)/

 

 

留学1日目から多くの学びがあるように、万全の状態で現地に向かいたいですね。

みなさんの留学期間が、かけがえのないものとなりますように ✩✩