ママとこどものおうち英語

お金をかけずにゆる~く楽しもう!

MENU

おうち英語に!便利な"言い換え表現"【Angry】

こんにちは ✫✫

 

 

 

前回好評だった"言い換え表現"シリーズ、

今回も便利な言い換えボキャブラリーを増やしていきましょう!

 

 

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

 

 

 

意外と使えるAngryの言い換え表現

 

ポジティブワードではないのだけれど、家では本ッッッ当によく使う(笑)

"Angry"という表現。

 

子育てでは怒る・叱る場面がたっくさんあるからこそ

いろいろな言い換え表現を持ち合わせていると、

細かな感情を説明できる力も身に付いて good です(^ω^)

 

 

 

f:id:englishforkids:20200426102023j:plain

 

 

 

 

自分の怒りを表現したいとき

 

まずは、親御さんが自分自身の怒りを表したいときの表現から。

 

 

 

【 気分を害した程度のとき 】

  • offended
  • upset

 

 

【 イライラしている葛藤を表現したいとき 】

  • annoyed
  • irritated
  • uptight
  • upset

 

 

【 怒り狂った雰囲気を出したいとき 】

  • furious
  • heated
  • fierce

 

 

 

全部、I am ~ のあとに形容詞として使えます◎◎

怒りのレベルやシチュエーションによって使い分けてみてください(^u^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が怒っている様子を表現したいとき

 

続いて、親御さんご自身ではなく

子どもや第三者が不機嫌なときに使える声掛けです◎◎

 

  • cranky
  • fussy

 

 

 

使い方はこんな感じですね ☺

 

  • Why are you so cranky?(どうしてそんなにイライラしてるの?)
  • The baby is fussy now.(赤ちゃん、今ぐずってるのよ)

 

 

 

f:id:englishforkids:20200426165459j:plain

 

 

 

使い方に注意

 

この cranky と fussy を例に挙げますが、

こんなふうに、自分を主語に置いて使うと・・・

 

  • I am cranky.(私は怒りっぽい性格です)
  • I am fussy.(私は好みにうるさい人間です)

 

 

意味がまったく違ってきてしまうので、注意してくださいね ⚠

 

 

自分は怒っている、イライラしているぞ!とタイムリーな感情を表現する場合には

シンプルに angry を使うか、前述した自分の怒りをあらわす単語をピックアップしましょう ✩

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

今日は、Angry の言い換え表現についてお話させていただきました ✫✫

 

 

自分の感情、相手の感情、説明する部分によって微妙に選ぶ単語が違ったりして

なかなかパッと出てこないかもしれませんが、

 

こういう時はこの単語だったかな・・・と意識するだけで違ってくると思うので

ぜひぜひ、取り入れてみてください(^ω^)

 

 

 

おしまい。