ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

カナダ留学の魅力あれこれ

こんにちは(^ω^)☀

 

 

今日はまた留学のお話を ✈

 

わたしが滞在していたカナダについて、その魅力をはじめ

訪れるのにおすすめの季節などをご紹介していきたいと思います◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

 

カナダ留学の魅力

 

数ある留学先の中でも人気な、カナダ 🍁

わたしも留学していたので、お伝え出来うる限り魅力を発信していきたいと思います(^ω^)

 

 

 

f:id:englishforkids:20200518090738j:plain

 

 

 

 

 

多国籍文化で、"普通"が存在しない不思議な国

 

多国籍、多言語文化だと予習はしていたものの、

ここまでボーダーレスだったことは、住んで初めて知りました。

 

 

わたしたちが頻繁に使う、

 

 

  • 普通はこうするよ
  • 一般的にはこうだよ
  • これが常識だよ
  • そんなことするのあなただけだよ

 

 

こういった一方的な偏見がほとんどないんです。

 

まわりの目、他人からの評価ばかり気にする性格な上に

当時20歳そこそこという過敏なお年頃(笑)だったこともあり

 

 

 

もっと自分をさらけ出していい!

自分らしく生きていい!

人がなんと言おうと自分は自分!

 

 

 

f:id:englishforkids:20200518090851j:plain

 

 

 

それでいいんだ、と思えたことで

 

母国・日本での人生と比較にならないくらいナチュラルに、ラフに、

自分のことを大切にしながら生きる方法というのを、カナダから学びました ✩

 

 

 

 

 

 

 

 

純粋なカナダ人に出会うことは難しい!?

 

留学中、友人や先生、ホストファミリーやそのお友達など

本当にたっくさんの人たちとの出会いを経験できたわけですが

 

その中で純粋なカナダ人ってどれくらいいたんだろう?というほど

みんないろいろなルーツを持った人ばかりで、

 

髪や瞳の色はもちろん、顔の濃い薄いも、英語のアクセントも、体格も、

とにかくいろんな意味で「ふつう」という概念がない場所でした。

 

 

 

どこ出身なの?

 

と聞かれたら、わたしは当然日本と答えるし

両親のルーツを聞かれても、どちらも日本人だからわたしは純ジャパだよ~

と答えると思いますが

 

カナダでは・・・

 

 

 

出身はベトナムだけど、今はカナダ人だよ

 

 

 

父がカナダ出身だから私も出身はこっちだけど、母がルーマニア人だからそっちの血も入ってる

 

 

 

もともとはクロアチアの人間だけど、こっちに移住したのよ

 

 

 

というぐあいに、いろいろな国名が並んだ回答をもらうことがほとんど。

両親、祖父母もカナダ人で出身もカナダ、純粋なカナダ人だよ!

という人に会えるのは本当にまれなことかも・・・(´ω`)

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうわけもあって、「ふつう」が存在しない場所なんですね。

み~んな、ぜ~んぶ、違う。それが当たり前だから、変わっていても、ズレていても、自分もまわりも違和感を感じにくい。

 

 

真逆の文化で生きているわたしたち日本人にとっては少し刺激的だけれど、

わたしは住んですぐに魅了されてしまいました ✩✩

 

 

 

聞きやすいマイルドな英語

 

カナダの英語は、アメリカ英語とイギリス英語の中間あたりの発音だといわれています。

 

アメリカ英語ほど舌や口を大きく動かす話し方ではないけれど、

イギリス英語ほど淡泊な音でもない。

 

日本の英語教育は基本的にアメリカ英語で習うことが多いと思いますが

TOEICなどのテストではイギリス英語のリスニングもあったりするので

どちらの英語も聞いたことのある日本人にとって、カナダ英語はとても耳なじみのよい英語だと思います ✫ 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200518091153p:plain

 

 

 

 

金銭的にもお得

 

以前こちらの記事に書いたように、留学費用も主要国の中では安いほうなんです。

 

金銭面だけでなく、治安の良さという点でもアメリカなどより安全といわれているのにこの安さは魅力!

 

 

 

外食する際は注意

 

カナダではチップ制度があるので、外食時にはチップを上乗せした金額を支払う必要があります。

 

 

 

わたしが留学していたころは10~15%を状況に応じて支払っていました!

 

 

 

留学中の節約が必要な場合は、自炊をおすすめします🍚✫

 

 

 

 

 

 

季節感はどんな感じ?

 

気候も、心身のストレスに大きく変化をもたらしますよね。

カナダの気候で気をつけるべきは1つ。

 

 

 

 

冬です。

 

 

f:id:englishforkids:20200518091508j:plain

 

 

 

 

 

極寒の地で生まれ育っている人でない限り、カナダの冬をまともな精神状態で越せる人はいないのではないでしょうか・・・

 

 

それでは、春から順に簡潔に説明していきますね ✽

 

 

 

まだ少し肌寒い春

 

冬の名残があり、まだ少し羽織ものが必要な春。

それでも日本の春と似ていて、肌寒い日もあればほとんどが過ごしやすい、とてもいい季節です^^🌸

 

 

日本の学校を一旦お休み(認定留学でも、休学でも)するにもキリのよいタイミングで

現地の気候も安定している。

 

渡航するには一番おすすめの時期かもしれません◎

 

 

日本と同じくらい暑い夏

 

日本ほどムシムシしないのがありがたい、カナダの夏 ☀

気温はそれなりに高くなり、タンクトップ+ハーフパンツ+ビーサンで過ごすのが定番でした。

 

 

 

日本みたいに、暑くても(寒くても)ちょっと頑張ってオシャレ!という文化がないので、カジュアルな格好でめいっぱい季節を楽しめるのも魅力!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの滞在先は自然豊かで、バスでビーチに行ってみたり

近所の住宅街をお散歩するだけできれいな木漏れ日とともに

気持ちのよい風を浴びることもできて・・・最&高でした(^u^)❥

 

 

夏休み期間のプチ留学として、カナダに来る学生さんもとても多かったですよ。

日本とあまり変わらない夏なので、この時期に来るのもストレスは少ないかな~と思います◎◎

 

 

 

 

過ごしやすい秋

 

秋も非常に気持ちのよい気温が続きます。

残暑は多少ありますが、秋も基本的に日本と似ていますね。

 

 

友人たちと夜のお散歩なんかもよくしたなぁ~

まだまだ「寒い!」というほどではないので、ロンTにハーフパンツなんかで

バブルティー(日本でいうタピオカミルクティー)片手に

徒歩でご飯を食べに行き、徒歩で帰る、みたいなのんびりした時間が好きだった ✫

 

 

 

学校が9月始まりの国々では、このタイミングが節目になるので

留学生たちの総入れ替えシーズンみたいになってましたね。

 

過ごしやすい季節なので、秋に渡航するのも良いと思います ✩

 

 

 

 

 

 

地獄の寒さに耐える冬

 

さて、とうとうやって来てしまいました、、、

この季節についての説明をするときが、、、

 

この時期に日本から渡航はしないほうがいいです、、、

 

 

 

どれくらいのレベルなのか簡潔にまとめると、こんな感じです。

 

  • -20度くらいはふつうで、体感温度が-45度の日も
  • 0度を上回ると「あれ?今日あったかい」となる
  • ガレージ(車庫)を冷凍庫がわりに使う
  • 寒くて涙や鼻水が出てくるが、一瞬でそれらも凍る
  • 暖かい室内に入ると、凍っていた涙や鼻水が一気に解けて顔ビショビショ
  • 寒さで息ができないので、徒歩5分でも息切れ
  • 慣れると目をつむって歩く(目の中まで寒いので開けたくない)

 

 

わたしが滞在していたエリアでの話なのですが、調べてみると他いろいろな地域で

同じような気温・気候のようです。

 

 

わたし、今めっきり寒さに強い人間になりまして。

産後、体質が変わったかな?と思ったのですが

もしかしたらこのカナダ生活で寒さに耐性がついたというのもあるのかも・・・

 

 

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

気候が特徴的なカナダだからこそ、渡航時期に悩んでいる方が多いということで

今回は魅力を発信するとともに、季節ごとの特徴を簡潔にまとめてみました。

 

 

四季のイベントも豊富で、日本では祝わないような行事も

カナダでは盛大におこなわれたりするものもあるので

あらためて記事にしてみようかと思います(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、おしまい。