ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

カナダ・ウィニペグ 季節の楽しみ方♩

こんにちは ✫

 

 

 

前回、こちらの記事でカナダ留学についてお話させていただきました。

わたしが留学していたのはマニトバ州にあるウィニペグという、自然豊かで広大な町。

今日は、そのウィニペグで過ごす四季についてご紹介していきたいと思います(^ω^)🍁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【きょうのコンテンツ】

 

 

 

 

 

少し肌寒いが気持ちのよい春

 

後述する地獄の冬()が終わり、まだ少し肌寒さは残るものの

過ごしやすい気候になってくる春先。

 

わたしもこの時期に渡航しました ✈ 

 

 

 

 

22:00でも外で遊べる明るさ

 

カナダはこの時期、とにかく昼間がながーーーーーい!

 

よく日本でも、夏になると18:00くらいまで空が明るくて

「日が延びたね~」なんていう会話をしたりしますが

 

そんなの比にならないくらい、半永久的に(←)明るいです ☀☀☀

 

 

 

f:id:englishforkids:20200530081510j:plain

 

 

 

実際に撮った写真が今いじれるSNS上に残っていないことが無念 (T_T)

 

 

あまりに空が暗くならないので驚きつつも、22:00くらいまで友達と外で走り回って遊んだなぁ (´ω`)

 

 

 

 

 

本科生の長期休み

 

これは留学生、特に大学ではなく留学プログラムを受講する方々にとっての朗報なのですが、

この時期、大学の本科生が新学期までの間、長い休みに入ります。

 

 

わたしはこの本科生の休み期間に、たっくさん遊んでもらいました\(^o^)/

この機会に、本科生の友達をつくることをおすすめします ✫✫

 

 

幸いわたしは、友達を通じてたくさんの本科生との出会いに恵まれたので

カナダ出身の人、香港の人、日本出身だけど帰化してカナダ人になった人、

いろ~んなルーツを持つ本科生のみなさんと、毎日町ブラしたり

おいしいお店に連れて行ってもらったり、寮のラウンジで飲み会したり、

 

本科生と過ごした毎日は、自分も現地の一員になったような気分で

ここで一気に町に詳しくなったし、英語力も伸びたし、コミュ力も上がりましたね。

 

 

 

f:id:englishforkids:20200530081554j:plain

 

 

 

 

 

カラッと暑い!Tシャツ短パンが定番の夏

 

日本と同じくらい暑いものの、不快な湿気のないカラッとした陽気が多いカナダの夏 ☀

Tシャツに短パン、ビーサンという超超超カジュアルな服装が定番です🙌

 

 

 

あのね、こんな感じじゃなくて、

 

f:id:englishforkids:20200530084004j:plain

 

 

 

もっと、こう!!!

 

 

 

f:id:englishforkids:20200530084239p:plain

 

 

 

個人的に、この服装にこだわらないナチュラル文化も好きだった(^ω^)

おしゃれとかヒールとか気にせず夏を思いっきり楽しめた!! ✩✩

 

 

 

 

 

 

カナダデーを祝おう

 

 

f:id:englishforkids:20200530084951p:plain


 

 

 

7月1日はカナダの建国記念日、通称「CANADA DAY」🥂

愛しき我がカナダの生誕祭を盛大に祝います \(^o^)/

 

 

 

 

日本だと、建国記念日にお祝いをするなんていう文化そのものがないよね・・・建国記念日、パッと言えない人も多いと思う

 

 

 

 

まず、人々はカナダの国旗色(赤と白)のフェイスペイントを施し、

派手な服装で町に繰り出します♩

 

 

 

f:id:englishforkids:20200530084932j:plain

 

 

 

こんな感じで、常にカナダグッズがお店に並んでいます ✽

こういうのも日本ではなかなか見ない光景なので、愛国心と誇りを持った文化がうらやましい、、、

 

 

f:id:englishforkids:20200530085159j:plain

 

 

 

バンクーバーやトロントなどの大都市では盛大にパレードなんかが行われ、

本当に国をあげて国民という国民が沸き上がる一大イベント ✾

 

 

 

滞在がカナダデーにぶつかったラッキーな方は、ぜひこのお祭りを経験してきてくださいね ✫

 

 

 

 

 

folkrolama

 

こちらもカナダでは大定番の、夏の祭典。

 

 

【 英語ページ 】

www.folklorama.ca

 

 

【 日本語ページ 】

jacs.jp

 

 

 

 

この folkrolama では、各国・民族のブースが用意され、

世界中の国々がそれぞれの展示や催しもの、食べ物などの文化を紹介する大規模な多文化イベント。

もちろん日本のパビリオンも用意されていて、毎年様々な文化を紹介していますよ♩

 

 

 

 

当時教わってた先生が親日家で、日本のパビリオンで浴衣の着付けをしてもらい、大興奮で写真を撮っていたのが印象的・・・✫

 

 

 

 

外国の民族衣装やダンスなど、これまでに生で見る機会のなかった文化を

臨場感とともに味わえるのが醍醐味。

 

 

 

最高の夏の思い出になること間違いなし ✩✩

  

ぜひ体験してみてくださいね(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の散歩が最高な秋

 

日中も夜もとっても過ごしやすい秋には、ぜひ屋外のスポットに注目してみてください ☀

 

 

 

 

Assiniboine park

 

f:id:englishforkids:20200530171802j:plain

 

 

 

自然豊かで広大な公園、アシニボインパーク。(日本語にするとだいぶ無理やり💦)

動物園も併設されているのですが、わたしはそっちには行ったことがないので公園情報のみ ✫

 

 

広々としているだけあって、

軽食が食べられるレストランがあったり、カフェがあったり、休憩所も豊富。

ウォーキングコースや中庭には家族連れやワンちゃん達でにぎわっています。

 

 

 

わたしは当時のランゲージパートナー(※)がこの公園近くに住んでいたので

その方のワンちゃんと一緒に、時々遊びに行っていました 🏞

 

 

(※)ボランティア活動の一環で、留学生の英語力向上を目的とした練習相手になるパートナー契約を結んだ相手のこと。わたしのランゲージパートナーはとても温厚な40代の女性でした^^

 

 

 

 

秋には葉っぱも色づいて、心穏やかに過ごせる魅力たっぷりの場所に ✽✽

 

f:id:englishforkids:20200530172251j:plain

 

 

 

 

なんと、くまのプーさんのモデルになったといわれている銅像もあるんですよ~!

こちら。

 

 

f:id:englishforkids:20200530172725j:plain

 

 

 

ここで写真を撮るのが、留学生や観光客の間では定番です(笑)

 

 

Winnie the pooh の Winnie とは、言うまでもないですが Winnipeg が由来です ✽

ディズニーには特別興味のないわたしでも、自分に縁のある場所から生まれたキャラクターというだけで妙な親近感が(笑)

 

 

 

 

生き延びて・・・冬

 

 

 

f:id:englishforkids:20200530090742p:plain

 

 

 

とにもかくにも雪

 

カナダの冬といえば、とりあえず雪。とにかく雪。なによりも雪。

 

前回の記事でも書いたように、常軌を逸した気候と、温度計壊れてる?と思うくらいありえない気温と体感温度。

 

 

「冬は寒い」

 

そんな一言で済ませることができないほど、それはそれは生還することでいっぱいいっぱいな季節です。

 

 

 

 

  

 

Red Riverの天然スケート場

 

そんなカナダらしい冬の楽しみ方として、

川の水が自然に凍ってできる天然スケート場があります^^

 

風流ですよね(^ω^)

 

 

f:id:englishforkids:20200530140237j:plain

 

Facebook に写真残ってた \(^o^)/

 

 

 

スケート一切できませんがw、雰囲気だけでもじゅうぶん楽しめますよ~ ✩

ラウンジで飲むホットチョコレートが最高だった・・・☕♥

 

 

 

 

氷の祭典 Festival du Voyageur

 

 

f:id:englishforkids:20200530174051j:plain

 

 

 

広大なカナダには、英語が話されているエリアとフランス語が主なエリアがあります。

この Festival du Voyageur という氷の祭典は、そのフレンチ・カナディアンによって行われるお祝いごと ✩

 

 

雪で作られた像がたくさん展示され、自分が普段過ごしていたエリアでの文化と

また違った雰囲気を楽しむことができました(^u^)❥

 

 

 

本当、カナダって広いんだな~ ✫

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのホームページで、会場のようすを360度見ることができますよ♩

リンクに飛んだら、すこしだけ下にドラッグしてみてください(^u^)

 

 

heho.ca

 

 

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

留学生や観光客にとってはどれも外せない、貴重な体験ができるイベントや過ごし方ばかり ✩

 

同時に、多文化の風習がない日本で暮らしているわたしたちにとっては

驚きと感動の連続になると思います。

 

機会があったら、ぜひ体感しに訪れてみてくださいね☺✽

 

 

 

おしまい。