ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

【シソーラス】「おいしい」の表現を増やそう!

こんにちは(^ω^)☀

 

 

 

今日は「おいしい」のシソーラスをたくさん紹介していきたいと思います ✽

 

おいしい食べ物でも、

「甘い」「酸味が良い」「辛いけどおいしい」

など、いろいろな形容詞と組み合わせて様々な「おいしい」を表現できるように

英語でもバリエーションを増やしてみたいですよね ✫

 

 

サクサクッと覚えていっちゃいましょう ♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 きょうのコンテンツ 】

 

 

 

 

 

基本の「おいしい」

 

 

 

f:id:englishforkids:20200808091453j:plain

 

 

 

 

まずはみなさんがよく使っている

 

  • Delicious
  • Tasty
  • Yummy(子ども向け)

 

 

あたりが定番ですよね。

 

 

 

子どもとの会話であれば、「Yum yum」という感じで砕いて使うこともできます ✩
よく海外のアニメなんかで聞きますよね(^ω^) 

 

 

 

もちろんこれさえ知っていれば、「おいしい」と表現するにあたっては十分なのですが

いろいろな味が混ざったり、味と味の相性が良かったりしたときの「おいしい」も

細かく表現できるように、語彙を増やしていきましょう(^ω^)

 

 

 

 

 

「甘くておいしい」

 

スイーツやジュースなど、夏でも食べることの多い類の食べ物に使えます ✩

 

 

  • Sweet
  • Sugary

 

 

だいたいの場合、Sweet でじゅうぶん伝わりますし、一番メジャーな表現ですが

Sugary となると、原形が「Sugar」であるように

「砂糖がたっぷりで甘い」という表現になりますね ✫

 

 

 

 

同様に「塩が多い」という表現も、原形の「Salt」が変形して「Salty」になります。すでにカタカナで「ソルティ」と表記されて、日本でも定着していますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

「辛いけどおいしい」

 

「辛い~!!けどおいしい!」と言いたい時に

「辛い」か「おいしい」のどちらかしか表現できないと、モヤモヤしますよね~!

「辛いけどおいしい」は、もはや1つの文章であるべき!

 

 

 

  • It's spicy but delicious!(辛いけどおいしい)
  • It's spicy and delicious!(辛くておいしい)
  • It's hot but tasty at the same time.(辛いけど同時においしい)
  • Now I don't know if it's actually spicy or delicious.(辛いのかおいしいのか分からなくなってる)
  • The spiciness and deliciousness hit me at a time.(辛さと美味しさが同時に来る)

 

 

 

 

上から4番目の「Now I don't know if it's actually spicy or delicious.(辛いのかおいしいのか分からなくなってる)」という言い回しですが、

 

はじめに「Now」を付けることで

「(最初は分かっていたが)食べてるうちに分からなくなった!」

「今この瞬間、辛いか美味しいかわからない状態だよ!」

というタイムリーな表現をつくっています。

 

 

 

Now をつける構成はかなり使えます^^

しかも、You know(あのさ)や Like(~みたいな)という感じで

なんとなく付けて会話を作り上げることができるので、

覚えておくと便利かと思います ✽

 

 

辛いけどおいしい、辛くておいしい、などの細かい違いも、

簡単な単語を1つ入れ替えるだけで表現できてしまうので

ぜひこの機会に習得しておきましょう(^ω^) 

 

 

おいしい × 辛い 以外の組み合わせでも応用できるので、

苦い、酸っぱい、などなど「おいしい」と掛け合わせることのできる形容詞に

入れ替えて使ってみたりもしてくださいね ♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〇〇みたいでおいしい」

 

おいしさを何か別のものに例えるときに使える言い回しです。

うまく表現できないとき、分かりやすく説明したいときに

例えるものがあるとなにかと便利ですよね ✫

 

 

 

  • It's delicious like 〇〇!(〇〇みたいでおいしい!)
  • It tastes like 〇〇.(〇〇みたいな味がする)
  • I thought I was eating 〇〇, not △△.(△△ではなくて、〇〇を食べてるのかと思っちゃった)※実際に食べているのは△△という設定

 

 

 

こんなところでしょうか。

 

味に関する形容詞を一生懸命引っ張り出してくるよりも、

こうして別の食べ物に例えて表現するほうが、はじめは簡単かもしれませんね ✽

 

 

 

 

おわりに

 

以上が、「おいしい」にまつわる言い換え表現の紹介でした ✫

基本的には、冒頭で紹介したこの3つ

 

  • Delicious
  • Tasty
  • Yummy(子ども向け)

 

・・・を覚えておけば、どんな場面でも通用しますし

語彙を増やす必要もないのですが

 

バリエーションが増えるだけでも、表現力がアップしますし

「おいしい」以外のいろいろな日常会話で応用がきく言い回しもあるので

ぜひぜひ頭に入れておいていただければと思います(^u^)✽

 

 

 

この夏も、美味しいものたくさん食べましょ~\(^o^)/♥