ママとこどものおうち英語

インター経験も教材もなし!ゆるく楽しいおうち英語

MENU

【おうち英語】読み書きはどうしてる?

こんにちは(^u^)☀

 

 

 

最近、4歳の息子がひらがなを書くことに興味を持ち出して

練習を始めているのですが、今日はわが家のおうち英語と読み書きの取り組みについて

記事にしてみようと思います ✫

 

 

 

 

こんな方に読んでいただきたい!

〇 おうち英語って、読み書きはいつ、どう教えるの?
〇 読み書きの習得は、日本語と英語どちらを優先すべき?
〇 子どもが読み書きに興味を持ってくれるにはどうしたらいい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 きょうのコンテンツ 】

 

 

 

 

 

 

読み書きは日本語優先でOK

 

わが家の場合、息子が4歳、娘は2歳(もうすぐ3歳)ですが

読み書きに関しては、断然日本語を優先するつもりでおります。

 

 

わたしの経験上、リスニングやスピーキングは幼い頃に鍛える方が効果大ですが

ライティング・リーディングに関しては後からでも全然追い付きます◎◎

 

 

というのも、おうち英語をしている中で

ABCのお歌動画を一緒に見たり、アルファベットカードで遊んだりしているので

アルファベットの存在はちゃんと知っていて、親しみも持ってくれているから。

 

 

 

お歌動画はこういったものを、

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

アルファベットカードについてはこの記事にまとめています ✽

 

 

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

 

 

こういった遊べる教材、楽しく学べる方法を取り入れることで

パパママが意識的にアルファベットを教え込まなくても、

子どもは五感を使って習得・体得してくれるので

 

将来的に読み書きもしてもらいたい、と思っているのであれば

興味を示したときにお歌やカード遊びをしてみるのもとっても良きです◎

 

 

 

 

 

 

 

 

読み書きスキルは圧倒的に日本語が必要

 

あくまでわが家の場合ですが、 

わたしも夫も日本人で、夫は海外転勤の可能性もゼロ、

子どもを留学させるなど、具体的なプランも今は無し。

 

今後も家族で住むのは日本のみになるであろう家庭にとって、

読み書きの面で必要なのはずばり、母国語 なんです。

 

 

逆に英語の読み書きができても、幼稚園で英語の授業があるわけではなく

英語の習い事をしているわけでもないので、使う場面がほぼ無し・・・

 

 

 

使わなければ、忘れる。

リスニングや会話と同じです。

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200618081936p:plain

 

 

 

 

 

なので、わが家では英語の読み書きに力を入れることは

長い目で見て非効率的となってしまうのですね (゜_゜)

 

 

 

今は、幼稚園でお名前を書いたり、お友達とお手紙交換をしたり、

日本での交友関係、コミュニケーションを円滑にするために

日本語の読み書きを強化することが優先◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の読み書きは日本語のあとでOK

 

では、英語の読み書きはいつやるの?というお話になってくるのですが・・・

 

いつまでにできるように、とは特別考えてはいなくて、

日本語の読み書き、少なくともひらがなをマスターした後に

本人が関心を示せば、くらいに思っています(^ω^)

 

 

4歳の今、アルファベットはほぼすべて読むことができるので(小文字はちょっと怪しいかもw)、

ひらがなが書けるようになる頃には、アルファベットの読みは完璧になっているだろうと見込んで

そこから書けるようになるには、それほど時間はかからないだろうと思っています^^

 

 

 

 

 

読めれば書ける

 

わたしの経験談なのですが、

 

小学校低学年でアルファベットの授業が始まった時、クラスには

読めない、書けない、というお友達がたくさんいました。

 

わたしは幼稚園のときに読み書きはマスターしていたのですが

「書けない」人は、当然「読めない」んですよね。

 

 

逆に言うと、「読む」ことができれば、「書く」こともすぐにできます。

 

 

幼児や幼稚園くらいの子には難しいかもしれませんが、小学生くらいになって

ひらがなや数字の読み書きがある程度できるようになってくれば、

「読んで、書いてみる」という流れが掴みやすくなるので

 

少しずつ読む練習をし、書く力はそれを追うように伸びていく、、、

という過程を踏むというのが一番自然なかたちかな、と思います。

 

 

 

  

f:id:englishforkids:20200612161359j:plain

 

 

 

 

 

何事も子どもの関心待ち

 

せっかくおうち英語をしているのだから、読み書きも早くできるようになってくれたら・・・

 

と考える親御さんも多いかとは思いますが、

読み書きを心から楽しめる子どもは少ないと思いますし

 

いたとしても、きっと何らかの大きなきっかけがあってのことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きな友達とお手紙交換がしたいから頑張る、とか
好きな本が英語で、どうしてもそれを読みたい!とか。
わたしの場合は、単に「お友達が読めない謎文字みたいなやつを自分は読める」という誇らしい気持ちがモチベーションの全てでしたね(笑)

 

 

 

結論、子どもが読み書きに興味を持ってくれるにはどうすればいいのか?

に対する対策ってわたし個人的にはあまりないと思っていて、

 

きっかけを作ること、そのサポートぐらいしか、

我々親にできることってないんじゃないかな~と。

 

 

 

前述したように、アルファベットを用いてお手紙を書く遊びを一緒にやってみたり、

好きなキャラクターの名前を一緒に英語で書いてみて、

「自分で書けた!かっこいい!」という自尊心につなげたり、

そういったきっかけ作りの積み重ねがいつか実ることを願って

細々と続けてみることぐらいかな、、、

 

 

 

力を入れればね、できることってもっとあると思うんです。

 

 

でも、わが家のおうち英語は決して強制やお勉強ごとはしないと決めているので

子ども達が日常生活の中で、あくまで自然に、英語を自分のものにしてくれることが理想。

 

 

そんなモットーを掲げるわたしが思うのは、こんなところです (´ω`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

おうち英語における読み書き、わが家での方針はこんなところです。

 

もっとも、コミュニケーション重視でやっているおうち英語なので、

最悪読み書きが苦手でもまぁいっか、いずれにせよ小学校~中学校で習うんだし。

というスタンスでおります。笑

 

 

子どもにとってみれば、お話するよりも楽しみを見出しづらい読み書き。

焦らずのんびり、楽しんでくれるタイミングを見ながらやっていきましょう♩