ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【おうち英語】語学力だけじゃない!英語育児で身に付く武器とは?



 

 

 

f:id:englishforkids:20201207171719p:plain

 

 

 

 

こんにちは(^ω^)

 

 

 

英語教育をされているご家庭には、それぞれの目標や目的があると思いますが

これからおうち英語を始めてみようかな、

スクールや教材を活用してみようかな、と考えている方や

はたまた、英語育児・英語教育は一切考えていないという方には

 

どうしても「子どもに英語をやらせている親」として、教育パパ/ママっぽく映ってしまうことがよくありますよね (´ω`)

 

 

 

今日はそんなところを、おうち英語をしているわが家からの視点で

お話してみたいと思います ✫

 

 

 

 

こんな方に読んでいただきたい!

✿ 日本にいて英語育児ってそんなに意味ある?と思っている
✿ 英語育児・英語教育で語学力以外に身に付くことってある?と思っている
✿ 英語育児・英語教育に興味があるが、動機がふわっとしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 きょうのコンテンツ 】

 

 

 

 

わが家のおうち英語モットー

 

以前、記事にしているものがあるので、まず紹介させてくださいね ✽

 

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

 

そうなんです。

このように、わが家のおうち英語はかなりゆるゆる。

 

 

○歳までに英検○級を取る!などという明確な目標もなければ

入りたい学校がある、お受験をするなどという予定もございません。

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201205195153p:plain

 

 

 

英語おたくのわたしとの日常を、英語で過ごしてほしい。

家庭の中に英語環境がほしい(もちろん、わたしが)。

 

 

そんなわたしの個人的要望からスタートしたおうち英語。

子どもに無理やり英語を習得させる、知識を植え付けるというかたちでは

おこなっておりません(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

英語のためだけにおうち英語をしているの?

 

英語育児というワードを出すと、どうしても

 

 

「英語がペラペラになれるように」

「海外で働けるように」

「誰とでもコミュニケーションを取れるように」

 

 

というイメージが先行してしまいがちですが、

これもわが家にはあまり当てはまらなくて、

 

わたしは別に子ども達に"ペラペラ"になってほしい、とまでは思っていません^^✽

 

 

 

わたしと子ども達との会話が英語になることが最終的な願い(笑)なので、

あくまでわたしとコミュニケーションが取れる程度でじゅうぶんなわけです(*^^*)✿

 

逆に、わたしとコミュニケーションが取れるところまで英語が話せるようになってくれたら

そこにもう英語への抵抗感はないと思うので、

 

ネイティブとのコミュニケーションも、

学校や仕事で英語を話す機会があっても、

きっと怖がることなくこなせるであろう、とも思っています。

 

 

 

 

ペラペラにならなくても、英語で何かを成功させなくても全然OK ◎◎
英語への抵抗感さえ無くせば、コミュニケーションは可能です ✫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

わたしが大切にしているのは、

 

 

英語力だけがコミュニケーションの基礎ではない、というところ ✾

 

 

 

こういう思いもあって、おうち英語に力を入れています (^^)/

 

 

 

 

海外の文化や習慣を知ってほしい

 

子ども達が英語を習得する過程で、

今もこれからも、たくさんの国々の文化や習慣を紹介していきたいと思っています。

 

 

 

たとえば、ハロウィンやイースターなどの文化も

ただ単にかわいく仮装をするとか、卵を探すとか、そういう楽しさだけで終わらせず

 

その文化発祥の国ではこういうイベントがあり、

こういう意味があって仮装をする、というマメ知識(っていうのかな?笑)なども

積極的に知ってほしいのです(^ω^)

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201207172404p:plain

 

 

 

 

歴史的背景を理解するほうが、楽しむことにも意味が生まれてくるし

その国の人と交流する機会があっても、話についていけないっていうことがなくなりますしね ✫

 

 

 

日本語でも学べることではありますが、翻訳されていない作品や書物もごまんとあります。

何かを学ぶ際、国際共通語である英語で学習していくのが一番、効率的なんですよね ✩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固定観念にとらわれないコミュニケーションをしてほしい

 

日本にいると、どうしても「日本人らしく」振る舞うことを意識しがち。

わたしは特に子どもの頃から気にしいな性格なので、

 

「子どもらしく」「日本人らしく」「女の子らしく」

といった固定観念にガチガチに縛られて生きてきました(笑)

 

そのおかげで、誰とでも無難なコミュニケーションがとれる人間になりましたが

「〇〇らしく」と意識してきた一方で、じゃあ「自分らしい」とはどんなわたしだろう?

 

というところで迷子になったりしました (゜_゜)

 

 

 

子ども達にはジェンダーや属性をあまり意識させず、

できる限りの「ありのまま」を尊重していきたいと思っており、

コミュニケーションにおいても、自分らしいやり方で交流を楽しんでほしいという気持ちもあり、

 

日本語のほかに、英語を習得してもらおうと思ったのでした ✩

 

 

 

 

英語だとどう違うの?

 

ここも完全にわたしの主観にはなるのですが、

まず英語は、日本語に比べてジェンダーギャップが目立たないという点があります^^

 

男の子らしい/女の子らしい話し方や語尾、言葉遣いなど、

日本語のそれと比べると英語はとてもニュートラルな言語だなぁと感じるのです ✿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"この単語は主に男性が使う"という印象を持たれる英語も中にはあるけれど、日本語のように「女の子は"〇〇だろ"や"〇〇だぜ"と言わない」などという縛り方はしないんですよね

 

 

  

 

なので、英語を通じてジェンダーを感じない話し方や言葉遣いも学んでほしいし、そこにいくぶんかの心地よさを感じてもらえたらうれしいな、と思っているわけです。

 

 

 

f:id:englishforkids:20201206092218p:plain

 

 

 

リアクションやノリのよさも学んでほしい

 

以前も記事に書かせていただいたのですが、こればっかりは本人の性格もあるので

「リアクションのよい会話を」とか「ノリのよいコミュニケーションを」と思っているわけではありません (・ω・)

 

 

 

内気で口数の少ない性格の人が、ノリやリアクションなんて期待されたら苦痛以外の何物でもないですからね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、

 

そういうコミュニケーションもあるから、もし好きならやってみてね!

日本語と英語だと、話しぶりや言葉遣いもまったく違うニュアンスになっておもしろいよ!

相手にそういうリアクションをされても驚かないでね!

 

ということを覚えておいてほしい、という意図のほうが強いですね ✩

 

 

 

もう少し大きくなって、たとえば海外のお友達ができる機会があっても

英語でのノリをまったく知らない状態でコミュニケーションを取り始めるのと、

ある程度慣れた状態でコミュニケーションを取り始めるのでは

溶け込むスピードも違ってくると思うので

 

知らないよりは知っていた方が断然いい、という考え方です(^ω^)✫

 

 

 

 

おわりに

 

おうち英語をしている、というと決まったイメージを持たれがちですが、

きっとどこのご家庭でも、英語育児/英語教育をされている理由はそれぞれだと思います。

 

 

おうち英語をしている、英語を習わせている、という事実よりも

どうしてそこに至ったのか?きっかけは?理由は?

というところを掘り下げて話す方が、発見が多くておもしろそうですね (´ω`) ⚘