ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【英語育児】作って遊んで学ぼう!おうち時間にトライしたいアルファベットカード作り



 

英語を1つの科目として習ってきた我々日本人にとって、英語は「勉学」という位置づけになりがちですね。 

しかし、実はスイミングや自転車のように、

理屈ではなく身体を使って習得するのが一番効率的で確かな方法だということをご存知ですか? 

 

言葉は、わたしたちの日常生活の動きに「乗っかっているだけ」のもので

勉強するものでも、暗記するものでもなんでもないんです。 

身体を使って英語にかかわれば、身体が英語を覚えます。

脳みそに知識を詰め込むよりも、身体が先に動く方が英語習得は成功といえるでしょう。 

 

今日はそんな「身体を使って英語にかかわる」という習得法の超入門編

「アルファベットカード作り」をご紹介していきますね。 

 

 

 

f:id:englishforkids:20210219105408p:plain

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

アルファベットカードは、日本のかるたのようなもの

  

アルファベットカードとは、

表にアルファベットを1文字、

裏にそのアルファベットから始まる単語とイラストが描かれた

日本のかるたのようなカードのことです。 

 

わが家で作ったのはこんな感じ。 

 

f:id:englishforkids:20200302094622j:plain

 

 

このアルファベットカード、親子で楽しめる上に簡単に手作りできて、

ゲーム感覚で遊べて、さらに語彙力をつけるトレーニングにもなる!

とっても効率的な遊び道具になるんです。  

 

 

親子で手作りしてみましょう

  

手の込んだ準備も道具の用意も要らず、紙とペンさえあれば

簡単に作れるので、いつ何時でも取り掛かれます! 

 

用意するもの
  • ペン
  • はさみ

 

まず、絵を描きやすい大きさに紙を切りましょう。

はじめからカードサイズの紙を使う場合は、切る必要はありません◎

 

そして表にアルファベットを、裏に単語とイラストを描いていきます! 

 

f:id:englishforkids:20200302102639j:plain

 

  

お子さんが絵を描くのが上手なら、任せちゃってもいいかも♩

 

もちろん本物のカードゲームやかるたのように

上手に描く必要はまったくありません◎

最悪、何を指しているか分かればOKなのです! 

描き終わったら、お子さんに色を塗ってもらってください。  

 

A~Zだと地味に道のりが長いかもしれませんが(笑)

お絵描きが好きなお子さんと一緒ならあっという間にできてしまいますよ ♩

お子さんが飽きなければですが、かなり時間も稼げるので

あっという間に数時間経っていた!なんてことも! 

 

おうち時間にもぴったりなお遊びになるよ

 

  

  

遊んでみましょう

  

遊び方もいたってシンプル。

出来上がったアルファベットカードを並べて、 

 

Where's A card?(Aのカードはどこだ?)

  

Let's find B!(Bを探してみよう!)

 

と、アルファベットを探すゲームをします。 

 

 

  

はじめはアルファベット側を上にして遊ぶことをおすすめしますが

慣れてきたら、単語とイラストの方を上に向けて「Aはどこだ~?」と探してみると

アラ不思議!少し難易度が上がるんです!! 

 

楽しみ方も広がるよ

 

お子さんが見事カードを見つけたら、

裏返してイラストを見ながら単語を読み上げる・・・という流れです◎ 

 

Aのカードに Apple を描いた場合、

繰り返していくことで、Apple とアルファベットの A が結びついて

自然とアルファベットの文字の形が頭に刷り込まれることにつながっていきます。 

A というアルファベットを目にしただけで、

Apple が浮かぶようになる、なんていう段階もすぐにやってきますよ♩ 

  

 

 

読み札を用意しても楽しい

  

ひと手間増えますが、読み札となる A~Z のカードを簡易的に作れば

読み札を読んだり見せたりして、それと同じアルファベットを探してもらうという

まさに日本のかるたと同じ遊び方もできます! 

 

 

f:id:englishforkids:20200302102826p:plain

 

  

  

アルファベットカードの効果

  

f:id:englishforkids:20200228220110j:plain

 

  

自分で作ることで習得率アップ

  

パパママと一緒に手作りする、

というのが、子どもの関心をキャッチできる一番のポイント! 

絵もきれいでちゃんとした既製品のほうが良い気がする、

という気持ちもわかりますが 

きれいでちゃんとした既製品というのは、

子どもにとってそこまで特別感もないし、愛着もわきにくいものですよね。 

 

おもちゃ屋さんで買ったおもちゃよりも、べこべこに潰れたペットボトルの方が

よく遊んでくれる・・・それが子どもじゃないですか(笑)

 

  

 

 

 

 

  

 

手作りのアルファベットカードは、

自分で描いた!自分で色を塗った!など、

お子さんの思いが詰まった特別な遊び道具になります。 

 

わが家の息子も、どの絵をどんな理由でどの色に塗ったのか結構覚えているみたいで、作った時の感覚でカードを当ててしまったりもします。
根本的な習得過程にはならないと思われがちだけれど、こういうモチベーションで"楽しむ"ことが何よりの近道になりますよ♩

  

 

 

記憶とともに単語を覚えられる

 

フラッシュカードという勉強法を聞いたことがありますか? 

単語やイラストなどが書かれており、短時間で次々とめくって見せることで反応速度や知識量の増加を目指すもの。*1

 

赤ちゃんなどの早期教育でよく行われているものなのですが、

わたしはこの手の"お勉強"は苦手で、子どもにも積極的にはしてきませんでした。 

フラッシュカードほどの効果や脳の活性化といった目的ではないものの

記憶力を使った同じ仕組みで、このアルファベットカードも一定の単語習得の効果があります。

 

わたしのように、フラッシュカードで特訓するほどの教育は抵抗がある・・・と思っているパパママにとっても、

アルファベットカードは手軽でゲーム感覚なので、とってもおすすめなんです♩

 

 

 

 

雨の日の時間つぶしに

  

雨でどこにも出かけられない日もありますし、

まだまだおうち時間が続きそうなこのご時世にもぴったりなアルファベットカード作り。

作るところから始めれば、本当時間なんてあっという間ですよ~! 

 

 

 

 

  

 

おうちで子どもと過ごす日は、決まって

 

あれ?時計止まってる??

 

と1日何度思うことでしょうか。笑 

そんな時の時間つぶしぜひ!親子でトライしてみてくださいね♩

 

  

 

おわりに

 

わが家でも取り入れているアルファベットカードの作り方から遊び方のご紹介でした☆

 

お絵描きをする、色を塗る、はさみを使う、、、

自分で作る!というプロセスを経たアルファベットカードがよい教材になることはもちろん、 

身体を使って英語に関わる時間を持てたことが、英語習得や英語力の向上を促す

大切な取り組みになることは間違いありません◎ 

 

動画を見るだけとか、ワークを解くだけとか、頭に詰め込むかたちの学習ばかりでは

理想の言語習得プロセスからは残念ながら程遠くなってしまいます。 

手先や身体を使って、会話をしながら、楽しく英語にかかわる取り組みを心がけていきましょう!