ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

日本でバイリンガル育児をしよう|今すぐトライできるノウハウを教えます



  

英語教育、バイリンガル育児という言葉が普及して

「英語」と「子ども」が深く結びつく時代になりましたね。

それでもまだまだ、日本でバイリンガル育児をするには壁がたくさんあります。

 

国の英語教育にはあまり期待できないし、日本には日本人しかいなくて、言語も日本語だけ・・・
日本にいながらにしてバイリンガル育児なんて、英語力のある人以外ほぼ不可能なんじゃ・・・!?

 

この記事を書いているわたしは純ジャパで、あとから英語を勉強して習得したタイプの英語話者です。

現在は2人の子どもに完全おうち英語を実践中ということもあり、

日本にいながら英語と深く関わることに人一倍取り組んできた経験があります。 

 

そんなわたしが考える、日本でもできるバイリンガル育児についてお話したいと思います。

 

 

f:id:englishforkids:20210508094238p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にいてもバイリンガル育児はできる!

 

結論から言いますと、日本にいてもバイリンガル育児はできます。

 

そりゃあ、インターとかに入れればできるだろうけど・・・

 

いえいえ、インターやプリスクール、英会話教室に通わせなくても、

日本にいながらバイリンガル育児はできるんです!!

 

むしろ、「家では英語中心にして、外でガッツリ日本語を学んでくる」

という環境を整えてしまえば、どちらの言語も着実に習得することができます◎◎

 

そんなうまくいくのかな?具体的にどうやればいいの?

 

それではここで、少しでも英語経験があるパパママ英語がチョット苦手なパパママ向けに

日本にいながらにしてできるバイリンガル育児のコツを解説していきます。

 

 

英語経験者のパパママは「実践型」

 

留学していた、英語関係の仕事をしていた、英会話教室に通っている、など

少しでも英語経験のあるパパママでしたら、ぜひ「実践型」を☆

自分も積極的に英語でのコミュニケーションを実践することで、バイリンガル育児という観点だけではなく、

パパママご自身の英語力を維持・向上することもできて、いいことづくしなんです!

 

 

 

 

 

 

日常化の基本!語りかけ

 

バイリンガル育児を効率的にするなら、まず英語の日常化はマストです。

どんな形でも、日常生活に英語を置いておくイメージで

常に英語を意識したコミュニケーションを心がけてみましょう。

 

一語一句すべてを英語にするというわけではなく、

パパママにできる範囲での語りかけでOK☆

語りかけについては、こちらの記事でもお話しているので

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

   

幼児教材なら先生になれちゃう

 

語りかけだけでは心もとなく、教材も取り入れたい!というパパママも少なくないと思います。

英語経験のあるパパママだったら、幼児教材であれば教えてあげることもできますね◎◎ 

リスニングや発音問題は、昨今の教材にもれなくついているCDやDVDを活用したり

Youtube の英語動画も選び放題!

幼児教材を始めて、お子さんもまだ慣れない時期に

パパママが先生になって教えてあげることができれば、教材に慣れ親しんでくれるのも早いでしょう☆

 

 

英語苦手なパパママは「親子参加型」

 

一方で、「英語はまったくダメ!だからこそ子どもには英語を身につけてもらいたい! 」

というパパママもいらっしゃるのではないでしょうか。

英語が苦手なパパママには、「親子参加型」がおすすめ☆

 

英語が苦手だからといって、お子さんだけにワークをやらせたり動画を見せたりして

パパママは一切ノータッチ!ノー興味!ではほとんど意味をなさないんです。

親子で一緒に学ぶ意気込みで、バイリンガル育児に励んでみませんか?

「親子英語」について、こちらの記事にまとめていますので

一度読んでみてくださいね。

 

 

 

  

英語動画を一緒に見よう

 

英語の動画を見るときも、できる限り一緒に視聴するようにしてみてください。

もちろん、家事で忙しいときや疲れているときは無理をせず

手の空いているとき、時間のあるときに、隣に座って一緒に見てみましょう☆

 

パパママと一緒に動画を見ることで、プラスに作用することがたくさん!

  一緒に見る時間が「うれしい・幸せな時間」となり、英語にポジティブな印象を持てる
  パパママも動画の内容を把握しておくことで、それ以外の時間でも話題にできる
  パパママも動画のセリフや歌詞を覚えることで、アウトプットの練習が一緒にできる

 

パパママも一緒に動画を視聴することで、

「英語」と「子ども」を、間接的につなげる役割を果たすことができます!

この役割は、バイリンガル育児に対する熱意次第で結果が変わってくるので

英語力の有無はまったく関係ない、バイリンガル育児に意欲的なパパママにしか

務まらないとっても大切なお役目でもあるんです。

  

 

簡単な会話から始めよう

 

英語は苦手だけど、語りかけにもトライしてみたい!というパパママは

ぜひ簡単な会話から始めてみてください。

あれ?意外とできちゃうものだな・・・

これを覚えたら次はこれを言ってみよう、

などと、とんとん拍子で進んでしまうかもしれません☆

 

上記で一度ご紹介していますが、こちらの「語りかけ」の記事を参考に

使えるネタを取り入れてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

教材を使うときは要注意

 

英語が苦手だからこそ、教材に頼ろう!という選択肢もありますよね。

ただし、教材を使うときには注意点があります。

それは、「子どもだけが頑張っているという状態を作らない」という点です。 

教材を取り揃えて、はいやってみて!とお子さんに丸投げしたり

お子さんだけ必死で取り組んでいて、パパママは「英語苦手だから」と知らんぷり。

なんてことのないよう、「親子参加型」であることを常に意識してくださいね。

 

いくら子どものための英語教育とはいえ、たった1人で取り組まなければいけないのは孤独だし、それで「細く長く」継続できるかっていったら... 一目瞭然ですよね

 

 

日本でバイリンガル育児をするときに気をつけたい3箇条

 

日本でバイリンガル育児をするにあたっては、厳しいことを言うようですが

中途半端にやっていても意味がありません。

 

この「中途半端」というのは、

  週に1度だけ英語の動画を見せる
  数ヶ月以上期間を空けてしまう
  子どもだけ頑張っていて親は無関心

こういったことを指しています。

 

親の英語力がないだとか、英語動画を見せるだけで会話をしていないとか、そういうことを「中途半端」とは言わないので安心してね

 

日本でふつうに生きていては、まず慣れ親しむことのできない「英語」。

だからこそ気をつけたい3つの項目があります。

1つずつ掘り下げてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

1. 母国語の土台をきちんと作ろう

 

バイリンガル育児に真剣に取り組むあまり、忘れられがちなのが

母国語の土台をきちんと作る大切さ。

確かに、日本にいながらにしてバイリンガル育児をするということは

幼稚園や学校では日本語を習ってくるでしょうし、外に出れば日本語に溢れた社会。

日本にいれば、日本語で苦労することはない。

確かにその通りです。

 

しかし、家の中であまりにも日本語を排除した生活をしていませんか?

たとえば、ひらがなよりも先に英語の読み書きに力を入れたり

日本語の絵本やテレビを過剰に禁じたり

 

家庭での生活で学習できる日本語を、わざわざ追いやってしまっていたら黄色信号!

 

というのも、バイリンガル育児に関してはこんなことが言われているんです。

 

第二言語が母国語を超えることはない。

 

そうなんです。

日本にいながらにしてバイリンガル育児をするということは、母国語は日本語になりますね。

日本語を母国語として、英語を第二言語で育てようとした場合

英語力が、国語力に勝ることは考えられないと言われているのです。

  

*1

 

英語力を伸ばしたいなら、先に国語を伸ばす!

これぐらいの勢いで、英語も日本語も大切にしたバイリンガル育児を心がけましょう!

 

 

 

 

2. 常に「バイリンガル育児」をしていることを意識しよう

 

日本にいながらにしてバイリンガル育児をするのは、思っている何倍も難しいです。

なにせ、英語にあまり耐性のない国ですから、

  英語を日常化すること
  それを常に意識すること

という心持ちがマストというわけです。

 

日本でバイリンガル育児をするには、意識が命。意識が薄れると、どんどん英語が日常から遠のいていきます。
しまいにはせっかく習得しかけていた英語がどんどん頭から出ていってしまうということにも・・・

 

24時間ずーっと「バイリンガル育児をしなきゃ」と考えていてください、と言っているわけではありません☆

もちろん、英語のことなど忘れて楽しむ時間もあるでしょうし

深い話、きちんと耳を傾けてほしいお話をするときには

パパママの母国語である日本語を用いる方が心に響くでしょう。

 

日本人ですから、日本語で育児をするのは大いにヨシとしても

バイリンガル育児をするのであれば、毎日英語を「意識」することは忘れないでください☆

「意識」は「行動」に、そして「行動」は「結果」につながっていきます。

 

 

 

 

  

3. 方法にこだわらず、あらゆるものを試そう

 

日本にいながらにしてバイリンガル育児をするには、選択肢があまりにも少なすぎますよね。

インターやプリスクールに通わせたくても経済的に難しかったり、

かといってネイティブスピーカーと交流できる場も少ない。

英語圏に住んでいれば、町を歩くだけで英語に触れることができるのに

日本でそれを叶えるのはなかなか難しいんです。

 

そんなとき、どんな方法が有利かというと

ありとあらゆるものを試すこと。

英語動画、洋書、教材、オンラインレッスン、英会話カフェ、、、

「これ良いかも!」と思ったものを片っ端から試す。

そして、効果がないと判断したら即やめて、また次の方法を模索する。

結局、これが英語習得の一番の近道であり、効果的な方法なんです。

 

この教材を終わるまで使い続けよう、

このDVDを最新シリーズまで見よう、

使い切ること、最後までやることを目標にするのももちろん良いことなのですが

もしかすると、子どもの英語力や興味・関心に沿わない内容であっても

意地で同じものを続けるというふうに、目標がすり替わってしまっているかも・・・!

 

この方法は自分の子に合っているかな?

この方法で続けられそうかな?

と模索しているうちは、固定の方法にこだわることをやめて

チャレンジしては辞めるを繰り返して、しっくり来る方法を見つけることを目指しましょう☆

 

教材を片っ端から試したいときは、サンプルセットを頼んでみるのが良き◎◎
実際にお金をかける前に、いろいろな教材を吟味してみてね

 

この、ありとあらゆるものを試す方法。

おうち英語界隈でも、これを実践して成功しているご家庭がとても多いんです!

 

 

 

 

  

おわりに

 

日本にいながらにしてできるバイリンガル育児、

意外といろいろな方法があるのだとお分かりいただけたのではないかと思います。

それと同時に、気を付けるべき点も意外なものが多かったですよね。

 

バイリンガル育児、英語教育となると、パパママのほうが「英語!英語!」と躍起になり

本質的な部分を置き去りにしてしまうことが多く見られます。

お勉強ではなく、日常的に使うコミュニケーションツールであるからこそ

教え方、関わり方が難しい部分もあるかとは思いますが

効率的で、愛のあるバイリンガル育児ができるよう

一緒に頑張りましょう!