ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

おうち英語、もう挫折しない!楽しく続ける3つのコツとは?



  

 

おうち英語、今まで何度かトライしたけど挫折してばっかりで・・・

 

力の入れ方と抜き方の配分がわからないから、頑張りすぎて疲れちゃう、、、

 

おうち英語が流行っている反面、地味に多いのがこういった挫折組。

 

無理もありません。

英語を「学校の授業」でしか習ってこなかったわたしたち世代の親が、

家庭で英語に慣れ親しむという取り組みは、あまりにも自分たちの経験からかけ離れていて

英語以外にも大切な教養が多い中、挫折してしまうのもよくあることだと思います。 

 

この記事では、そんなハードルの高いおうち英語を1日でも長く継続するための

心持ち、意識の持ち方などをシェアしたいと思います。

 

英語おたくが教える、英語が嫌にならないためのコツ!ぜひ参考にしてね

 

 

 

f:id:englishforkids:20210818115531p:plain

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

  

 

 

 

 

 

なぜおうち英語は挫折しやすい?

 

昨今、いろんな知育が普及している中で、特に挫折しやすいのがおうち英語。

「気軽に始められそう」「ちょっとやってみようかな」という感覚で

スタートしやすい反面、パパママがさじを投げてしまいやすいんですね。

 

では、なぜおうち英語が諦められやすいのか?を見ていきましょう

 

  

1. 英語に対する苦手意識があるから

 

最も多くを占める理由が、これではないかと思います。

おうち英語を挫折してしまうパパママのほとんどが、英語に対して

「学校の授業でしかやってこなかった」「自分は苦手だが、子どもにはちゃんと身につけてほしい」 

というふうに思っているのではないでしょうか。

 

そんな思いでおうち英語を始めてみるものの、やっぱりパパママの英語に対する耐性がないことで

徐々にフェードアウトしていく・・・というパターンがとても多いです。

 

そんなパパママにおすすめの記事をまとめました。

英語が苦手なパパママでも始めやすい!高い目標を設定しない!ハードルが低い!

そんなおうち英語のやり方をご紹介しています。

 

  

 

2. 何をすればいいのか分からないから

 

意欲はあるのだけど、何をすればいいのか分からないから

ある程度の知識を使い果たした時点で、徐々にやめていってしまう・・・というパターン。

 

やり方さえ分かれば時間を割いて頑張れるんだけど、迷子になっちゃうとやる気も萎えてくる。。。

 

教材を取り揃えれば、ワークの順番やDVDの番号に従って取り組めますが

教材を使わないとなると、パパママがお子さんを英語の世界に引っ張っていかないといけない。

簡単にできることではないですよね。 

 

そんなパパママには、これらの記事がおすすめ!

何から始めるか、どんな感じでおうち英語を進行していくか、

大枠だけでも見えてくると思います☆

  

 

 

 

 

3. 子どもが英語を嫌がるから

 

そして、パパママの力ではどうにもならないのがコレ。

いわゆる、子どもの「英語イヤイヤ期」です。

定期的にやってくるお子さんもいれば、1回訪れてしまうと終わらないお子さんもいて

長く続けば続くほど、英語の再開が難しくなってきてしまうんです。

 

子どもの英語イヤイヤ期、起こってしまう原因のほとんどが

英語に対して苦痛を感じ、よく知っている日本語に逃げたくなってしまうこと。 

 

皮肉なことに英語を嫌がるお子さんは、そうなってしまうまで頑張って頑張って英語と向き合ってきたパターンが多いんです。
これ以上英語を聞きたくない!もう嫌だ!というふうになってしまわないような取り組み方が理想だけど、簡単ではないよね

 

 

お子さんの英語イヤイヤ!に悩まされているパパママにおすすめなのがこちらの記事。

イヤイヤされたときの対処法、イヤイヤを発動させない英語との関わり方など

小さな子どもが英語とどんなふうに向き合っていけば良いのか、をシェアしています☆

 

  

4. 最初から飛ばしすぎるから

 

マラソンと一緒で、おうち英語もはじめからゆる~く適当にスタートを切るぐらいでないと、

すぐ疲れてしまいます。

 

なぜかというと、上でご紹介した3つの要素がドンドン積み重なってくるから。

 

これらの壁に耐えられるくらいの、ドッシリゆったりした精神を維持していないと

 

頑張っても頑張ってもうまくいかない!!もうやめる!!

 

という結果になってしまいがち、というわけなんです。

最初からガンガンに飛ばさず、細く長く続けていくつもりで始めてみましょう。

 

当ブログでご紹介しているおうち英語メソッドは、まさにゆる~く、細く長くがモットー。

こういった記事を参考にしながら、ご家庭で無理なく取り組めるものをピックアップしてみてくださいね★

 

 

 

 

 

  

これで挫折知らず!おうち英語の心持ち3箇条

 

さて、おうち英語で挫折してしまう理由が分かったところで、

ではどうしたら挫折という高い壁を越えられるか?

というところを考えてみましょう。

 

おうち英語を実践中のわたしが考える、3つの心持ちをシェアさせていただきます。

 

 

1. 英語を「科目」ではなく「ただの言葉」と認識しよう

 

まず、わたしたちが受けてきた「科目」としての英語。

それをそっくりそのまま子ども達の世代に受け継ごうとせず、

英語とは、日本語と少し違った形のコミュニケーションだということを意識してみてください。 

 

わかりやすく言うと、方言を学ぶようなものだと思ってみてください。標準語を話す人が、別の地域の方言を喋りたい!と思ったとき、ノートに書いて覚えようとする人は少ないと思います。英語も、そういうことです。

 

英語はただの言葉。

これについて深く掘り下げている記事はこちらです。

お悩みが解決されそうなものがあったら、ぜひ読んでみてください^^ 

   

 

2. おうち英語の引き出しをたくさん用意しておこう

 

おうち英語=英語の動画を見る!

これ一択だと、ネタ切れになったときがおうち英語の終わりになってしまいます。 

おうち英語にはもっともっとたくさんの取り組み方や方法があるのだということを知って、

ネタを存分にストックしておいてください。

 

1つの方法に飽きたら別のことを試してみる!効果がなさそうだったら別の方法に切り替えてみる!
という取り組み方ができると、おうち英語の効率や効果がグッとアップします!このように引き出しがたくさんあるというのは、おうち英語成功の秘訣でもあるんです。

 

まずはおうち英語で使えるネタを集めたい!という方向けの記事がこちら。

今まで知らなかったおうち英語のやり方をたくさん知って、しらみつぶしのようにトライしてみてください^^

 

 

 

 

 

3. 「頑張って取り組む」のではなく「日常化する」ことを意識しよう

 

「英語はただの言葉だ」という心持ちをシェアしましたが、その延長で

ただの言葉に対して、頭を働かせて取り組もうとするのではなく

日常的に耳に入る「言葉」として付き合っていくことを意識してみてください。

 

簡単に言うと、英語の動画を一生懸命見て頭にたたき込むのではなく

かけ流しで、常にBGMのように英語が脳に響くような環境をキープする、といったことです。

 

頑張って、努力して、時間と労力を割いて英語と付き合っていくのは、

わたしぐらいの英語おたくでない限り苦痛になることは間違いありません。

でも、小さな頃からBGMのように英語が流れているだけだったら、、、

パパママに強要されず、英語のアニメを見ているだけでよかったら、、、

英語が嫌になる理由すらなくなるわけです。

 

でも、ずっと英語のアニメを見ているだけだったら、嫌にもならないだろうけど進歩もなさそう、、、

 

そこがトリッキーなところなのですが、

もちろんずーっと英語の動画をBGMがわりに聴いているだけ、というわけではありません。

お察しのとおり、それだけで英語力がつくとは期待できないですよね。

 

このように「英語が嫌にならないためのやり方」を、幼少期のうちに優先することがキモ。

こうすることで、英語が嫌になることなく、耳や脳が自然に英語に慣れていき、

少しずつ少しずつ、おうち英語のレベルを上げていくことが可能になっていくんです。

 

なるほど!はじめからガッツリやってしまうと英語イヤ~となってしまい本末転倒になりかねないけど、はじめにゆるく適当にやっておくことで、負担を極力軽減させながら英語に慣れてもらうことができるんだね!

 

ゆる~く日常化するためのノウハウやコツをまとめた記事がこちらです。

参考になる情報がすこしでもありますように☆

 

 

 

 

  

 

おわりに

 

おうち英語は、もはや挫折する程度のことを覚悟した上で始めてみましょう。

ガッツリ毎日、くじけることなく継続していくのはとても大変なことです。

なにせ、「英語は科目」だと教わってきたわたしたち世代が

令和の時代に合わせて、コミュニケーションとしての英語を子ども達に伝えていくのですから

簡単なはずがありません。

 

それでも、力の抜き具合や「これは焦ってやらなくてもいいんだ」という塩梅が分かれば

お子さんの性格やモチベーションに合わせて、取り組み内容を精査することも可能!

 

たとえばわが家では、聞く&話すは毎日続けているけど、読み書きは一切やってないよ。それだけでだいぶラクな気持ちで英語と向き合えていると思う

 

挫折から遠のく3つの心持ち

  英語を「ただの言葉」だと認識する
  おうち英語のネタをたくさん持っておく
  「頑張る」よりも「日常化」する

これらを常に心に留めておいていただき、

ご家族の生活と身体に自然と染み込んでいくかたちのおうち英語が浸透してくれたらと思います!