ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

バイリンガルへの近道!「ゆるく楽しいおうち英語」って?



 

当ブログで主にご紹介しているおうち英語は、

  できるだけお金をかけずに
  ゆる~く
  親子で楽しく

がベースになっています。

 

この記事では、

お金をかけずにゆるく楽しく、でも着実に英語力をつけていくためには何をしたらいいの?

おうち英語ではなるべくノンストレスに楽したい!

という読者の方のお悩み・ご要望にお応えできる記事をギュッとまとめております!

 

お探しの情報に合わせて、リンクに飛んでみてください^^

 

 

f:id:englishforkids:20211223102148p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

「ゆるく楽しいおうち英語」で身につくスキルは一生もの!

 

言葉のとおり、ガチガチな英語教育でもなければパパママの英語力もそれほど必要としない、

子どもから要望がなければお勉強要素も強要しない、そんなおうち英語です。

 

では、そんな「ゆるく楽しいおうち英語」で期待できる効果って何なのでしょうか?

こちらが、わたしがとある記事の中でご紹介した「ゆるく楽しいおうち英語で得られる効果」の例。

 

  「お勉強」ではない、コミュニケーション重視の英語を自然に身につけられる
  外国人の人と交流する機会があっても、英語アレルギーを発症することなく普通に対応ができるようになる
  強制的な取り組みは一切ないので、「英語イヤ!」となる確率が低い

 

これは実際にわが家の子ども達(現在5歳と4歳)との

おうち英語経験がベースになっています。

何かの資格試験に合格するほど飛び抜けた知識はないけれど、

日常会話はすっかり英語が定着しました。

 

ゆるく楽しいおうち英語についての記事は、こちらからご覧になってみてください^^

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

ゆるいと言っても、たとえば週に1回だけ英語動画を見せるとか、

動画を見せるだけでほかは何もしないとか、そういうやり方になってくると非効率的。

ゆるいというより中途半端なおうち英語になってしまいます。

その違いについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読くださいね。

 

後述しますが、英語の習得に最も大切な「継続」という点で

何よりも「継続」していただきたいのが、英語の日常化なんです。

もちろん、日常会話を英語にするというハードルの高いお話ではありません!

英語の日常化というのは、思っている以上に気軽に始められる取り組みなんですよ。

こちらの記事でその方法について公開していますので、チェックしてみてくださいね。

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

「ゆるく楽しいおうち英語」はバイリンガルへの近道だった!

 

ゆるく楽しくやっていて、本当にバイリンガルに近づけるの?と思いますよね。

 

わたしがこう断言するのはずばり、

英語習得に一番大切なのは「継続すること」で、

ゆるく楽しいおうち英語というのは「一番継続しやすい方法」だからなんです。

 

パパママも、お子さんも、負担を最小限に抑えて続けやすい。

気楽に楽しく続けることができれば、英語力というのは着実についていきます。

 

短期間で膨大な量の単語を覚えたり、無作為に暗記するという方法よりもずっと効率的で、
この先の人生で「使える」英語として身についていくよ

 

パパママとしては身につけてほしいけれど、

お子さんからすれば楽しくもなんともないただの言葉である「英語」。

双方にとってストレスがかからない、ゆるく楽しい取り組みを継続して

日本語と同じように、英語とも仲良く人生を送っていきましょう!

 

 

ゆるくても楽しくても、しんどくなったらお休みしよう

 

継続することが一番大切だと説明しましたが、

1日も休まずゆるく継続しましょうというお話ではありません。

おうち英語に限らず、育児なんて全般的にしんどくなるものですし

手を抜くタイミングがあって当然なんです◎

 

ときにはお休み期間をもうけることも想定して、「細く長く続けましょう」とアドバイスしています

 

ゆるく楽しいおうち英語でも、しんどくなってしまったら

こちらの記事を読んでみてください^^

 

 

「ゆるく楽しいおうち英語」関連記事はこちらへ

 

当ブログでご紹介している主なおうち英語スタイルが「ゆるくて楽しい」に基づいているため、

それを激推しした記事がたくさんあります^^

お探しの情報へ飛んでみてくださいね。