ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【おうち英語】洋書・英語絵本の選び方を年齢別に解説|意外と手軽な入手方法も



 

 

おうち英語に積極的に取り入れたい、洋書や英語の絵本。

簡単な英語だったら読める!というパパママは、読み聞かせにもチャレンジしてみたいですよね。

 

 

しかし、洋書や英語の絵本は好きなときに好きなものを入手することが難しい!!

 

 

 

そんな理由から敬遠されがちな洋書や英語の絵本ですが

意外や意外、気軽に手に入れられる方法もたくさんあるんです☆

 

 

それも、高価なものばかりではなく

お手頃価格で手に入るパターンもありますので

「とりあえず何冊か導入してみたい」と思っているパパママ、

この機会にトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20210124101430p:plain

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢別・おうち英語の本の選び方

 

 

洋書・英語の絵本に関しては、取り入れてみたいという興味はあっても

「選び方、レベル、内容、どれにしたらいいの~!?」という壁にぶつかったりで

なかなか気軽に手を出せないですよね。

 

 

 

ざっくりと年齢別に、本の選び方を見ていきましょう☆

 

 

 

 

0~2歳

 

 

f:id:englishforkids:20200304222032p:plain

 

 

 

 

視覚的に楽しめるものを

 

 

まだ文字の入った本を見せる必要はなく、

とにかく色鮮やかで楽しめる、イラストや写真が豊富なものを選んでいました。

 

 

 

たとえばこんな本。

 

 

 

f:id:englishforkids:20200612155856j:plain



 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はこんな感じで・・・

 

 

 

f:id:englishforkids:20200507081458j:plain

 

 

  

 

ページごとにカテゴリ分けされていて、さらに色もまとまっているので

規則的で、子どももページをめくるたびに楽しめる仕様になっています◎

 

 

 

 

はじめのほうは、何か対象物を指差して

 

 

 

What's this?

 

 

 

Duck!

 

 

 

と答える遊びから始めると、なじみやすかったです☆

 

 

 

慣れてきたり、少しずつ子どもの口から単語が出るようになれば

 

 

 

 

Let's find snails! How many snails are there?(かたつむりを探してみよう!何匹いるかな?)

 

 

 

One, two, three...

 

 

 

と、パパママが指定したものをお子さんに探し当ててもらうという方法で思考力もアップ!

自分で探すという行動は、子どももすっごく喜びますよね☆

 

 

 

 

 

 

3~5歳

 

 

f:id:englishforkids:20200129095135p:plain

 

 

 

アルファベットが目に留まるものを

 

 

いろいろなおうち英語メソッドの中で、アルファベットに興味を持ち出す子も出てくるこの年齢。

 

 

読めるようになってもらわなくても、形や雰囲気でなんとなくABCを覚えてもらうために

すこしだけ文字の入った本をチョイスすると、興味を引くと思います。

 

 

 

 

たとえば、この本はムスコの出産祝いでいただいた物なのでもう4年以上経っているのですが

 

 

f:id:englishforkids:20200612160127j:plain

インデックス部分が無かったり、もうオンボロ~💦

 

 

 

 

衣服や食器、乗り物といった身のまわりの物のイラストとともに

英語と日本語の文字入りなので、自然とアルファベットが目に入る仕組みになっています。

 

 

赤ちゃんの頃は、イラストやアンパンマンのキャラクターにしか興味を示しませんでしたが

アルファベットが読めるようになった今では、イラストとセットで文字もチェックしているようです◎◎

 

 

 

 

 

6歳~

 

 

f:id:englishforkids:20200612161359j:plain

 

 

 

 

わが家の子どもたちはまだ4歳と2歳なので、

わたしがやっているおうち英語での成果をもとにした情報ではないのですが

 

わたしが幼稚園児~小学校低学年のときに愛読していた本をご紹介します。

 

 

 

わたし自身、幼少期に海外経験があるとか、インターに通っていたなどの英語経験はまったくなく

幼稚園のころにABCに興味を示してからというもの、それからずっと英語とは仲良く生きてきただけの身分でございますが 

 

それでも、6歳ごろには

「英語の羅列を読んでみようかな、読めるかな、やってみよう」

ぐらいの意志を持って本を手に取っていたようなので、

 

好きこそものの上手なれ、とはよくいったものですね。

 

 

 

英語を好きにさせる必要はないけれど、もし「おもしろいなぁ」なんて思ってくれるミラクルが起きたらラッキー☆くらいの構えでおうち英語を行っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Christmas Carol

 

 

わたしはイギリス人作家の Charles Dickens が大好きなのですが、

はじめて読んだ彼の作品がこの Christmas Carol  でした。

 

 

 

f:id:englishforkids:20200612083932j:plain

 

 

 

 

わたしが当時読んでいたものはもうなくて、表紙のイラストが違ったと思うのですが

ネットで調べても出てこなかったので、同じ作品の別ver.で失礼します、、、

 

 

子ども向けとはいっても、ネイティブの小学生あたりをターゲットにしているものだと思うので、

 

英語に興味はあっても実際に力がついていたわけではない純ジャパのわたしには

難しいどころか物語を理解することすらできず、あわせて和訳されたver.も読みました。

 

 

読み比べすることで、この英単語はきっと日本語でこう言ってるんだろう、など

子どもなりに推測しながら少~しずつ理解していきました。

 

 

 

Christmas Carolはストーリーも複雑で難しい上にちょっと怖い描写もあるので、

もしお読みになる際には、事前にパパママがイラストをチェックしてあげてくださいね☆

 

 

 

 

足におもりをつけられた幽霊なんかが出てくるんですよ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵本はどこで買う?

 

 

意外とみなさんがお悩みなのが、

 

 

 

どこで買ったらいいの~!?問題。

 

f:id:englishforkids:20200321221702p:plain

 

 

 

 

 

輸入品ということで、日本語の絵本や和訳された絵本と比べて

あまりいろいろな場所で出会えるものではないんですよね。

 

 

それでは、わが家で利用している絵本の入手先についてご紹介していきます。

 

 

 

 

方法その1. 手軽なのは図書館

 

 

おうち英語、バイリンガル育児などが徐々に広まりつつある昨今、

地域の図書館で「英語児童書」のコーナーを設けているところも数多くあります。

 

 

洋書を取り扱っているとなると大きめの図書館でないと難しいかもしれませんが、

お住まいの地域の図書館を調べてみてください☆

 

 

 

最近では、ネットで本を予約して、近くの受け取りポストで借りたり返したりできるシステムを導入しているところもありますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方法その2. 大型書店ならバリエーション豊富

 

 

関東で言えば 八重洲ブックセンター や丸の内オアゾの丸善、神保町の三省堂書店

あたりがメジャーですね。

 

 

 

特設コーナーが設けられていて、迷ってしまうほど種類は豊富ですが

個人的に本をあまり家に増やしたくないタイプな上に、本はみんな高い!!(笑)

 

 

なので、わが家では数冊しか購入したことがありません ☹

自宅にいくらでも絵本を増やしたい!という方は、ぜひ大型書店の品ぞろえをご覧になってみてくださいね^^

 

 

 

 

方法その3. ネットなら世界中の絵本に出会える

 

 

今はネットで何でも買えてしまう時代。

本も、買うものが決まってさえすればポチるだけで入手可能です!

 

 

注意点は、ポチる前に候補の本を下調べすることが必須!ということ ☺

たとえばこんな落とし穴があったりするからです。

 

  輸入品、しかも書物なので返品ができない可能性が大
  絵本だと思って買ったら小説だった、または逆パターン
  そもそも本じゃなくてCDだったというパターン

 

 

  

わたしは、図書館のオンラインシステムで本を予約した際このミスをしまして、取りに行ったらCDだったということが一度ありました(笑)図書館でよかった・・・w

 

 

 

 

買おうとしている本をネットで検索してみて、表紙が同じかどうか?などチェックした上で、

ちゃんと自分が買おうとしている本なのかどうか、調べておくことをおすすめします。

 

 

 

 

方法その4. 意外と穴場なのがワゴンセール

 

 

わが家が何気に利用しているのがこのワゴンセール!

 

 

冒頭で紹介したこの本も、

 

  

f:id:englishforkids:20200612155856j:plain

 

  

駅直結のショッピングモールでやっていたワゴンセールで買ったものです。

こんなにコンテンツが豊富で、子どもも長年楽しめるものなのですが

お値段¥700 でした◎◎

 

 

 

もっといろいろ買っておけばよかった~

 

 

 

 

 

 

 

  

テナントに書店が入っているショッピングモールなどの複合施設では、

ワゴンセールにこういった掘り出し物がたくさんありますよ。

 

 

 

 

英語育児、英語教育が普及している昨今でも、「本」となるとなかなか手を出す人がいないのか

ワゴンに置かれていることが多い気がします。

 

 

 

 

おうち英語をしていても、よほど本が好きなお子さんでない限りどうしても動画や映像のほうに興味を示しがちですもんね

 

 

 

 

 

お近くに書店やショッピングモールがありましたら、ぜひチェックしてみてください♪

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

おうち英語を始めて間もない頃は、子どもの嗜好もいまいち分からず

絵本を買うにも、走って探し回らなければいけないのかな・・・?

と思いがちですが、意外と身近なところに入手先ってあるものなんですよね。

 

 

なんなら、立派な「本」でなくても興味を示すお子さんは多いですよ。

語りかけや動画と組み合わせながら、絵本も楽しく取り入れていきましょう!