ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【おうち英語の休み方】上手に休みながら英語育児を継続できちゃうコツとは



 

おうち英語、気軽にできるとはいってもやっぱり楽ちんなことばかりではありませんよね。

なにせ、プロの力を借りずに自宅で英語環境を整えるわけですから

パパママの方が疲れてしまうことだって珍しくはありませんし

子どもが英語イヤイヤ期に入ってしまうこともよくあります。

 

「それでもおうち英語は続けないと意味がないもんね」

「少しでも間を空けたらすぐに忘れてしまうし、意地でも続けなきゃ」

 

そんなふうに考えているみなさん、

おうち英語は、少しの間お休みしても全然大丈夫ですよ~~~!!!

 

f:id:englishforkids:20211002063640j:plain

 

この記事では、

  おうち英語をお休みしたいときに気をつけるべきこと
  おうち英語をお休みしてよい期間
  パパママのお休みの仕方と、子どものお休みの仕方

をご紹介していきます。

 

おうち英語をしているというだけで、その取り組みが

パパママとお子さんの身になっていることに間違いありません!

だからこそ、しんどい時には少し休む。

そしてまた少しずつ再開できれば、それは立派な「継続」です。

上手にお休みしながら、ゆるゆると続けていきましょう^^

 

 

f:id:englishforkids:20211011092651p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

おうち英語は疲れるもの

 

わたしたちノンネイティブがするおうち英語は、

ほぼ100%の家庭で疲れが出てくるものだと思っています。

だって、

  第2言語としてしか英語を知らない日本人が
  英語がほぼまったく話されない日本という国で
  プロの力も借りずに、パパママだけで

こんな厳しい条件下で、子どもに英語を伝えていくのですから

1回や2回、「もう無理かも、やめたい」という時期があって当然だと思いませんか?

ゆる~くやっていても、「効果あるのかも分からないし、耳が疲れてきちゃったな」と感じるパパママも多いでしょうし、

肝心のお子さんに英語力がついているのかもパッと見えにくい。

 

しんどくなったら、この記事を読んで

おうち英語の上手な休みかたを覚えていってください★

きっとそれが、今後もおうち英語を続けられる方法の1つになっていくはずです。

 

 

おうち英語は休んでも大丈夫!

 

おうち英語って、継続が命!ってよく言うけど、休んじゃって大丈夫なの?

 

1回休んだら、これまで習得したものが全部水に流れてしまうんじゃ…

 

そんなふうに不安になるパパママも多いと思います。

しかし、おうち英語はお休みしても大丈夫なんです!

ただ、お休みしている間にも気をつけたいことがいくつかあります。

逆にこれさえできていれば、少しの間おうち英語から離れても問題はありません^^

 

一緒に見ていきましょう!

 

 

 

 

 

おうち英語を休むときに気をつけたいこと

 

おうち英語をお休みする期間中に気をつけたいポイントとして、

  日常生活での英語を"ゼロ"にしないようにしよう
  新たな取り組みはしなくても、これまで習得してきた英語は引き続き身近に置いておいてあげよう
  パパママかお子さん、お休みしたい方の英語環境だけを緩めるイメージで

こういった点が挙げられます。

 

おうち英語をお休みするといっても、完全に英語を遮断した生活に切り替えるわけではありません。

あくまで、おうち英語としてパパママもしくはお子さんが

「頑張らなければいけない」「努力をしないといけない」取り組みを除外して、

無意識にできることは継続していく…という休みかたなんです。

 

英語がまったくゼロの生活にして、それが長く続くと、悲しいかなせっかく習得した英語たちもスルスル頭から抜けていってしまうもの。
海外在住が長い人は母国語でさえうまく出てこなくなることもあるくらいなので、英語との距離は一番気をつけていきたいポイントです

 

 

その1:潜在的インプット作業は続けよう

 

日常生活の中で無意識に英語を聴く環境は、可能な限り継続したいことの1つです。

例を挙げると、かけ流しやBGMとして英語を聴かせる取り組みのこと。

無意識にでも英語が耳に入ることで、これまでパパママが取り組んできた

「日常化」「習慣化」が継続されることになります!

 

全然聴いていなくても、音量が小さくても、

ガヤガヤしていても、画面を見ていなくても大丈夫。

BGMとして脳は聴いているかな、ぐらいに軽く考えて、かけ流しておいてみてください。

 

 

 

 

その2:日常にさりげなく英語を存在させておこう

 

おうち英語の取り組みの中で、視覚的補助を取り入れているご家庭も多いと思います。

壁にアルファベットのポスターを貼ったり、タンスやおもちゃ箱のラベルを英語にしたり。

そういったものは、可能な限り残すようにしてください^^

場合によっては、アルファベットのポスターも暗記してしまっているかもしれませんし

英語ラベルで物の場所を理解しているかもしれませんから、

それはそれで英語として習得してもらったまま、無くさないようにしていきたいところです。

 

お風呂に貼ってある英語ポスターで遊ぶ習慣がついていたりしたら、拒否感のない程度の英語は残しておこう!

 

 

 

パパママのおうち英語の休みかた

 

それではここから、パパママがおうち英語に疲れてお休みしたいときの

注意点やコツなどをシェアしていきたいと思います。

 

ポイントは、パパママが「英語英語英語!!!」とならないようにすること。
おうち英語を休むときはもちろん、普段からも肩の力を抜いてゆるりと続けていくことを意識してね

 

 

なるべくお子さんに悟られないようにしよう

 

冒頭でもお話したように、おうち英語は疲れて当然です。

意欲さえあればできるのがおうち英語ですが、その意欲だって

人間だもの、ずっと100%の力が続くわけがありません。

 

お休みすること自体は全然問題ありませんが、

お子さんにはなるべく悟られないような(笑)方法でコッソリ休憩しましょう。

なぜかというと、お子さんが「パパママ英語イヤなのかな」と察した場合

もしかすると、お子さんもつられて

「私もイヤだな、よく考えてみたら日本語のほうがわかるし」

「パパママがイヤならこれを機にやめちゃおう」

というふうに考えてしまうケースも少なくないからなんです!

 

お子さんに対して見せる「英語への意欲」はなるべくブレないように、

上手にお休みしていきましょう☕

 

 

 

 

 

なるべくお子さんには普段通りの取り組みを心がけよう

 

パパママのお休み方法として、

  パパママがエネルギーを使うこと
  パパママから発信しないといけないこと
  パパママが手伝わないといけないこと

これらを一旦ストップする方法を取ってみましょう。

 

もちろん、この中でも「これぐらいだったらできそう」というものは継続するようにしましょう!パパママそれぞれのペースで☆

 

パパママがあまり労力を使わない、たとえば英語の動画を見るとか

年齢によっては英語のワークをするとか、字が読める子は絵本を読むとか、

お子さん主体で行うことのできる取り組みはなるべく続けてもらう…

これだけでもだいぶ”細く長く続ける”という意味では効果が持続しますよ。

 

 

お子さんに「今英語お休みタイムなんだ」と伝えるのもGood

 

お子さんに悟られないように、お子さんには普段通りに…

とお話してきましたが、それでも勘のいいお子さんは何か気が付くかもしれません。

そういうときは、正直に「今、英語お休みタイムなんだ。日本語の絵本でもいいかな?」

とお子さんに伝えるのも1つの手段だと、個人的には思います。

 

「英語お休みタイム」と伝えることで、

「パパママは英語が嫌いなんじゃなくて、疲れちゃったからちょっとお休みしてるんだ」

「お休みタイムが終わったら、また戻ってくるんだ」

という、一時的な休憩というニュアンスが伝わりやすいので、

それにつられてお子さんも英語を絶ってしまう…という可能性も低くなるはずです。

 

それによって、「疲れたらお休みしていいんだ」ということも伝わりやすくなって、いろいろな面でプラスに作用するかも☆

 

 

 

 

お子さんのおうち英語の休みかた

 

さて、次はお子さんが英語イヤイヤ期に入ってしまった場合のお休み方法について。

このパターンは、パパママにはできることが限られてきますので

お子さんのようすを見ながら慎重に、少しずつ、英語環境に戻していけるように

一緒に頑張っていきましょう!

 

お子さんが拒否する取り組み以外は継続しよう

 

お子さんの英語イヤイヤは、どの取り組みに対して出ているのか見極めましょう。

英語の動画を見るのがイヤかな?語りかけがイヤかな?ワークがイヤかな?

そして、お子さんが拒否反応を示す取り組みを絞り込んでお休みするかたちを取りましょう。

もし全部嫌がっているようなら、能動的な取り組みは全部ストップしてしまっても大丈夫です◎◎

 

可能な限り、受動的な取り組みはさりげなく継続することを心がけてみてください。

例を挙げると、かけ流しやBGMとなる英語は流しておくこと、

英語のポスターはそのまま貼りっぱなしにしておくことなど、

前述したような「英語の存在は消さない」ということですね。

 

 

英語そのものが嫌なのか、その取り組みが嫌なのかを見極めよう

 

そして大切なのが、

お子さんは英語そのものを嫌がっているのか?をきちんと見極めること。

もしそうでないのなら、取り組み内容を見直すことで拒否反応も薄れるかもしれませんし

新たな興味の対象が見つかるかもしれません。

 

お子さんが英語動画に興味を示してくれないとき、かけ流しでうまくいくかも!

という記事を過去に書いているのですが(⇩リンク貼っておきます⇩)

総合的なおうち英語の取り組みに対しても言えることですので

ぜひ参考にしてみてください★

 

www.english-for-mamatokodomo.com

 

 

 

 

 

数週間スパンでさりげなく再開を試みよう

 

お子さんの英語イヤイヤ期も、どれくらいの期間、どれくらいの温度で続くのかは

パパママにだって分かりませんよね。

だからこそ、タイミングを見ながら少しずつ少しずつ、おうち英語を再開する方向に

持っていってみるという試みがとても大切になってきます。

 

もしかすると、ちょっと英語を聴くのが疲れてしまっただけかもしれない。

そうしたら1~2週間で徐々に語りかけを復活させてみると、

すんなりとまた応答してくれるようになるかもしれませんし、

しばらく自分の好きなことに熱中したい…というようであれば、

前述した潜在的インプットだけを続けながら、1ヶ月後くらいに少しずつ戻せるかもしれません。

 

家庭内で使う英語の量を少しずつ少しずつ増やしてみたり、

かけ流しの動画やBGMを長めにしてみたり。

お子さんの性格やイヤイヤの度合いにもよりますので、

家庭内で様子を見ながら、負荷の少ないやり方で徐々に戻してみましょう!

 

こんなふうに、子どもが英語イヤ~ってなったときにも柔軟に対応できるのがおうち英語の魅力でもあるよね☆
インターや英語教室に通っている状態でこうなってしまうと逃げ道がなく、
結局お教室で日本語を喋るようになり、結果お金を払っているはずの英語環境が機能しなくなる…
というケースも少なくないみたい

 

 

まとめ

 

以上が、おうち英語の効果を最大限に維持しながら上手にお休みする方法のご紹介でした。

 

お休み中の基本ルールとしては

  潜在的インプットは継続しよう
  日常の中に英語を存在させておこう

という点に気をつけていただきながら、

 

パパママがお休みしたい場合は

  お子さんになるべく悟られないように
  お子さんに対してはなるべく普段通りの取り組みを
  場合によっては「英語お休みタイム」だと伝えるのも手

 

お子さんがお休みしたい場合は

  嫌がっている取り組み以外はなるべく継続しよう
  英語そのものが嫌なのか、特定の取り組みが嫌なのかを見極めてあげよう
  タイミングを見て徐々に再開していこう

 

という意識のもと、つかの間の"英語デトックス"時間を謳歌してくださいね☕

普段からおうち英語に勤しんでいるパパママですから、少しの間お休みすることで

「この取り組みがストレスだったのかもしれない」

「もっとこうすれば気が楽かもしれない」

「うちの子にはこっちのやり方の方が合ってるかもしれない」

など、今まで見えてこなかった局面が垣間見れるかもしれません。

 

いずれにせよ、みなさんのご家庭のおうち英語が好転する機会になることを祈っています!!🌠