ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

コロナ禍の今だからおうち英語がはかどる|おうち時間を英語時間に



 

まだまだ「3密」を避けながら感染対策とともに暮らすことが強いられていますが、

ショッピングモールやお店、会社、各種サービス業は続々と再開されていますよね。

子どもの習いごとも、席を1つ空けるなどしながら

少しずつ通常運転に戻ってきているところが多いのではないでしょうか。

 

それでも、英語という習いごとになるとちょっと事情が違うのも事実。

 

英語スクールに行っても、マスクをしたままだと聞き取りづらい上に唇の動きも見えず、なんだか効果が半減している気がする

 

できることなら英語は自宅でどうにかしたい

 

こういった声が実際に多く、コロナ禍だからこそおうち英語の需要が高まっています。

この記事では、コロナ打撃を逆手に取っておうち英語を盛り上げよう!をテーマに

今だからこそできる、おうち英語の取り組みや楽しみ方を大公開!

 

  おうち時間にぴったりの取り組み
  コロナ禍ワードを英語で言ってみよう
  コロナ禍ワードをおうち英語に活かしてみよう

 

このようなコンテンツでお送りしたいと思います☆

 

 

f:id:englishforkids:20210711084905p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

  

 

プロに習わずあえておうち英語!そのメリットは?

 

コロナ禍でなかなか習いごとを始めにくい、、、という理由で

英会話教室やスクールの利用を避けている方も多いと思いますが

実はおうち英語が流行り出したのはもっとずっと前。

 

経済的負担を軽くするため、親子で一緒に英語を学ぶため、など

いろいろな理由で、英語はおうちでやろう!というご家庭が増えてきているんです。

 

でも、英語をおうちでやるって簡単なことじゃないと思うし、プロに習う方が明らかに効果がある気がするんだけど

 

もちろん、資格を持ったプロの先生に英語を習うことは最強の言語習得法ではあります。

ただ、外で習うよりおうち英語をすることでメリットもたくさんある!ということは

あまり知られていないかもしれません。

 

具体的にどんなメリットがあるの?というお話は、こちらの記事へ飛んでみてください☆

インターなどの英語教室とおうち英語での取り組みと効果を比較して、詳しく解説しています!

  

 

 

おうち時間に使える取り組みはコレだ!

 

おうち時間が増えたからこそ、おうち英語をしているご家庭では

家の中ではなるべく英語タイムを確保したい!と思っているのではないでしょうか。

 

当ブログでは、さまざまなシチュエーションに応じた英語フレーズを紹介しているのですが

その中でもおうち時間に活躍する記事を抜粋してみました✽

こちらから、ニーズに合った記事を選んで読んでみてくださいね^^

 

 

 

 

 

そして、これまたおうち時間にぴったりの取り組み。

当ブログの数ある記事の中でもとてもよく読んでいただいているうちの1つ、アルファベットカードの作り方

今まさに梅雨真っただ中ですが、雨で引きこもらなければいけない退屈な1日にも持ってこいのアルファベットカード。

おうち英語の新たな取り組みとして、ぜひトライしてみてくださいね♪ 

 

 

 

コロナ禍でよく聞くようになった話題の言葉を英語で!

 

コロナ禍を逆手に取る、といえば

コロナがきっかけでよく使われるようになった言葉というのも、各国に存在します。

日本でいうと「ステイホーム」だったり、「自粛」「3密」「ZOOM」「テレワーク」などなど。

 

ほとんど日本語じゃないじゃんっていうご指摘、受け止めます。笑

 

そんな、コロナと戦いながら生き延びる新しい時代の英語というのもこれを機に覚えて、

日常的に使えるようになったらステキですよね。 

今日はそういった新しい英語フレーズもシェアしていきたいと思います!

 

「自粛」という意味を持ついろんな英語
  • Quarantine
  • Refrain
  • Stay-at-home

 

もともと「自粛」という言葉の意味としては

「何かを自らやめる」という認識だと思いますが

コロナ禍で、この「自粛」という言葉が意味する範囲が広がってきたように思います。

たとえば、上記の「Quarantine」という英語は、今では「自粛」という意味で

幅広く使われるようになりましたが、もともとは「隔離」という意味なんです。

 

コロナで言えば、感染した人からまわりにうつってしまわないように病室で隔離されますよね。本来はそれを「Quarantine」と言うのですが、「感染予防のため外出を自粛する」という意味ですっかり定着しています

 

  I don't know what to do during quarantine.(自粛中何しようかな)
  Everyone refrains from doing any active outdoor events.(みんな、積極的なアウトドア行事を自粛している)
  Now it's my new strength that I am a stay-at-home person during a pandemic.(出不精な私の性格は、コロナ禍の今となっては長所だ)

 

こんなふうに使える、「自粛」という意味を持つ単語たちでした☆

 

 

 

 

「3密」って英語でどう言うの?
  • Closed spaces(密閉)
  • Crowded places(密集)
  • Close-contact settings(密接)

 

なんと、日本で作られた「3密」というワードたちもきれいに英訳されているんです!

日本語ではすべて「密」で始まるところを、英語にするとすべての頭文字が「C」になるので

「3密」は「The 3C's」と呼ばれています。

 

ただし、これはあくまで日本で作られた「3密」という言葉を英訳したもので

ネイティブの人達からすると、完璧にしっくり来る表現ではないことに注意しましょう!

 

ただ、世界的にこういう状況なので、The 3C's や Closed spaces, Crowded places, Close-contact settings で伝わらないことはないでしょう👍

 

「テレワーク」を表すいろいろな英語
  • Telework
  • Work from home
  • Remote work

 

意外や意外、「テレワーク」なんて和製英語のように聞こえるけれど、実はちゃんと英単語としても存在していました!

ただ、使われる頻度としては「Work from home」のほうが高いようで、

新聞記事などを読んでいても、Telework はあまり出てきたことがありません。

 

Remote work というのは、個人的にコロナ禍以前から使ってきた英語で

Telework や Work from home よりももっと遠い場所からリモートで仕事をする感じに聞こえます。

外国にある会社の仕事を家でする場合など、規模の大きい場合に Remote work がしっくり来ますね。

 

テレワークをしています、と言いたい場合はシンプルに「I work from home.」でオッケー!

 

 

 

 

 

おうち英語で使えるコロナ禍ワード

 

コロナ禍でよく聞くようになったワードを盛り込みながら、おうち英語にも使えるフレーズにしてみました。 

 

  More people are taking online English lessons lately.(最近ではたくさんの人がオンラインで英語のレッスンを受けている)
  I hope schools won't be closed because of the coronavirus anymore.(コロナでこれ以上休校しないといいな)
  My school hasn't started online lessons yet. How about yours?(うちの学校はまだオンライン授業やってないよ。君のところは?)
  We didn't go anywhere last weekends because we are under stay-at-home orders.(外出自粛要請が出てるから、先週末はどこにも出かけられなかった)
  Why don't we order some delivery tonight?(今夜は出前にしない?)
  I know we're supposed to stay home, but it's so disgusting preparing all the meals 3 times a day!(ステイホームは分かるけど、1日3食作るのって本当疲れる!)
  This quarantine drives us nuts!(自粛で頭おかしくなりそう!)
  Your screen is freezing.(画面がフリーズしてますよ
  The screen always acts up duringmy remote connection.(リモート接続していると、いつも画面がおかしくなる
  Many of shops shorten their business hours.(たくさんのお店が時短営業している)

 

仕事という形でコロナ打撃を受けた人でなくても、家にいながらにして使える表現がたくさんあることが分かります。

おうち英語をする中で、英語タイムを多く長く確保したい!と思っているパパママ、

ぜひこういった表現も取り入れてみてください^^ 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

おうち英語の壁は色々あるけれど、中でも「外ではなかなか気恥ずかしくて英語で語りかけができない」というお悩みが多いんです。

そんなジレンマも、コロナ禍というピンチを逆手に取ればメリットに!

 

英語の日常化を加速していきましょう!