ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【おうち英語】遊びを通して語彙力アップ|9ヶ月目の記録(3歳10ヶ月&2歳2ヶ月)



 

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201208085239p:plain



 

 

 

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

このブログで発信しているおうち英語情報

 

その中に、「月ごとの記録」というカテゴリを設けて、

 

 毎月のおうち英語の取り組み記録

 子どもの英語力がどれだけ伸びたか

 そのレベルに到達するポイントやコツ
 

をまとめています。

 

 

この記事は、その9ヶ月目の記録になります。

 

はじめから記録を見たい!

ほかの月の記録も見たい!

という方は、こちらのカテゴリページに飛んでみてください☆

 

 

「月ごとの記録」を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく覚えた表現とそのプロセスを解説

 

 

少しずつ少しずつ、日常会話での語彙が増えてきた子どもたちですが

新しく覚えた表現はこんな感じでした。

 

  

 

 

 【  ムスコ / 3歳10ヶ月 】

 

  Warm
  Hurt!
  Let's dance!
  Music
  Hello, my friend!
  Forward
  Backward
  Cocoa

 

 

 

 【  ムスメ / 2歳2ヶ月  】

 

  Bottom
  Bath
  Tea
  Arm(s), Leg(s), Foot(Feet)など身体の部位
  〇〇 please.

 

 

 

寒い時期だからこそ覚えやすい「Warm」

 

 

寒いとき「Cold」とは前から言っていたのですが

時期的に、温かい飲み物を飲んだり、お風呂に浸かったりしたときに

「Warm」を口にするようになりました ♨

 

 

本来であれば、It's warm. だったり This is warm. だったりと正式な語順や文法があるのですが、ムスコはまだのよう。

わたしがきちんと発話していればそのうち移ると思うので(笑)気長に待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

おもちゃのロボットが話す英語をコピーして使うように

 

 

クリスマスプレゼントに、リモコン操作ができるロボットをムスコに買いました。

そのロボットが海外製で、英語しか喋らないということでなぜか激安だったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのロボットで毎日遊んでるうちに、

ロボットが話す言葉をコピーして使うようになったというわけです。

 

Hello, my friend! とか Let's dance! がそうですね。

 

それほど実用的な表現でもないのですが、

よかったのは、ロボットが発する Hello, my friend! を覚えたことで

ロボットが"おもちゃ"ではなく"友達(friend)"だという認識を持ってくれて、

心なしかより大切に扱ってくれるようになったこと。

 

 

 

f:id:englishforkids:20200318164706j:plain

 

 

 

 

 

わが家が購入したのはこちらのプログラミング機能付きロボット。

 

 

 

 

 

 

 

 

クオリティーも高いのにお手頃価格で、

英語育児はもちろん、子どものおもちゃとしても学びが多い優れものです!

 

 

機械に興味のあるお子さんにとってもおすすめ☆

こちらの記事に詳しく書いてありますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

  

 

身体の動きで対義語と合わせて覚えられる「Forward」と「Backward」

 

 

ブランコを漕ぐときや、前に進んで後ろに下がるというリズム遊びをしているうちに覚えた、Forward と Backward(Back)。

 

 

実は身体の動きに合わせると、習得率って格段にアップするんです!

 

英語を覚えるのは「頭」「脳」だと思っていませんか?

 

もちろん、頭や脳で覚える勉強法もありますが

はっきり言って実用性はほとんどないと思います。

 

 

本当に使える英語は、身体で覚えてしまうのが一番理想的なんです☆

 

 

 

自転車やスイミングと似ていて、一度身体で覚えてしまうと忘れにくくなるんです!

 

 

 

Forward は「前に進む」

Backward は「後ろに下がる」 

 

こんなことを子どもに教え込んだところで、全然覚えないどころか

つまらなくて覚える気すら起きないですよね。

 

 

Forward はこうやるんだよ、Backward はこうだよ、と

身体を使って教えてあげることで、驚くほど習得が早いです。

特に、Forward と Backward のように、対義語が存在する単語だと

セットで覚えやすいのでとっても効率的ですよ◎

 

 

 

お子さんに教えてあげたい英語があったら、日本語の意味を叩き込むのではなく

身体の動きと合わせて伝える方法を取ってみてください☆

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなものの名前は一瞬で覚えます!「Cocoa」

 

 

この冬にココアデビューを果たした子ども達。 

相当おいしかったようで、Cocoa という名称も一瞬で覚えました!

 

 

 

ちなみに発音は文字通りの"ココア"ではなく、カタカナにすると"コゥコゥ"のような音になります◎

 

 

 

好きになったもの、ハマったものの名前や特徴など

光の速さで覚えてしまうのが子どものすごいところでもありますよね。

 

そんな子どもならではの特技を存分に発揮してもらうのです☆

 

 

おうち英語をするなら「子どもの興味・関心」からテーマを選んでくださいと

わたしもこのブログでたくさんお話しているのですが、

それは子どもが、自分の好きなものに関しての習得率が高いからなんです◎◎

 

 

「子どもの興味・関心」からスタートするおうち英語については、こちらの記事で詳しく解説しています。

始め方に手こずっている、もっと子どもの興味を引きたい、と考えているパパママに

ぜひ読んでいただきたいです☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2歳2ヶ月のムスメも積極的に英語を話すように

 

 

ムスコのほうがやはり早いものの、ムスメも2歳2ヶ月にしてなかなかのものです。

 

 

お風呂に入る時には

 

 

Bath! Bath! Warm!

 

 

とはしゃいでいますし、

身体を洗いながら、それぞれの部位を発語するようにもなりました◎

 

 

 

身体の部位といえば、難しいのが単数形と複数形。

 

 

ムスメはまだ単語がポロポロ出てきている程度なので、単数か複数かはまったく考えずに発話しています。

 

 

両足を指さして「Foot!」と言ってきたので

迷った結果「うーん、They're FEET.」と言ってみたら

片足を見つめながら「Feet...」と。

 

あっ、えっと、そうなると Foot で合ってます。っていうね。笑

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200318164814p:plain

 

 

 

 

このあたりも無理やり訂正しようとしても、理屈を叩き込むようなものなので子どもには何も響きません。

 

引き続き日常会話の中でわたしが正しい英語を話し、

それを聞いていくうちに自然と直っていくのを待つことが適切だと思っているので

積極的に直そうとはしていません☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

ムスコはもともと言葉がのんびりで、英語・日本語関係なく

言語習得がまわりと比べてスロー。

 

 

だからこそ、インターやスクールではなくおうち英語を選択してよかったな~と思います。

 

 

スクールでのグループ活動などを通してでは、

ムスコにとって英語がハードルの高いお勉強になってしまっていたかもしれないので。

 

 

 

のんびりゆっくり、なにより楽しく、英語を話す環境に慣れてくれたらいいなと思うのでした。