ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【英語の言い換え表現】お腹ペッコペコ|喉カラッカラ|英語で言ってみよう!



 

 

 

 

f:id:englishforkids:20210126084305p:plain

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

シソーラスという言葉をご存知ですか?

日本語では「類語辞典」といって、

同じ意味・似た意味を持つ言葉が載った辞書のことです。

 

 

このシソーラスを用いたおうち英語をすることで、

気分や気持ちの細かなニュアンスも言葉で伝えられるようになり

コミュニケーションにおいてとても大事な表現力がグッとアップ!

 

 

でも、たくさんのシソーラス本は買いきれないし

分からない類義語をその都度辞書で調べるのも面倒。

 

 

そんな英語学習者の方々、そしておうち英語をしているパパママに

日常的に使う単語や言葉の類義語をご紹介します!

 

 

 

本日のシソーラス、テーマは「お腹が空いたとき、喉が渇いたときの表現」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hungry の言い換え表現

 

 

正直なところ、Hungry を知っていればコミュニケーションには問題ないと思うのですが、

知っておくと面白い言い回しもありますので、ちょこっと頭に入れておいてもらえると

おうち英語での表現の幅も広がると思います。

 

これを機にもう少しだけボキャブラリーを増やしてみましょう!

 

 

 

 

Hungry よりもお腹が空いている表現

 

 

  I'm starving.
  I'm starved.

 

 

どちらも同じ単語の変化形ですが、「お腹ペコペコ」という、ただの Hungry よりも空腹状態を表せる一言です◎◎

 

本当によく使う表現なので、Hungry だけでは物足りない!もっと強調したい!というときに、ぜひ言ってみてくださいね。

 

 

 

お腹が鳴っているという表現

 

 

  My stomach is growling.
  My stomach is rumbling.

 

 

 

上の Growling というのは、Growl(ぶつぶつ言う)という単語が原形、

下の Rumbling は、Rumble(ゴロゴロ鳴る)という単語が原形になっています。

 

 

どちらも、お腹から音が出ているという言い方をするので

意外とシンプルなのですが、【 r 】や【 l 】がちょこちょこ出てくるので、発音が少し難しいかもしれないですね。

 

 

こういう表現もあるよ~という程度に知っておいていただければと思います☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな表現もあります

 

 

  I could eat a horse.(馬一頭食べられそうだ)
  I'm rumbly in my tumbly.(お腹が鳴っている)

 

 

 

上は言葉通り、「馬一頭食べられそうなくらいお腹がすいている!!」という表現。

ユーモアがあり、それでいて分かりやすいシンプルな言い方ですよね。

 

 

そして下のものは、なんとあの「くまのプーさん」のセリフなんだそうです!

RumblyTumbly も、スペル、読みともに正しい単語ではなく

プーさんが作ったと思われる(笑)造語です。

 

 

お気づきの方もいるかもしれませんが、RumblyRumble(ゴロゴロ鳴る)

TumblyTummy(お腹)を可愛くもじった言い方なんですね☆

 

 

語呂合わせもリズムも可愛いので、お子さんと遊びながら発話してみるのにぴったり。

正しい単語ではありませんが、英語習得の心配はしなくていいとわたしは思います。

 

 

わたしも英語を教えるプロではないので「絶対大丈夫!」と断言はできませんが、

少なくともわたしはまったく気にせずこの言い方を子どもに教えます◎◎ 

 

この言い方を覚えたところで、一生 Rumble を Rumbly というわけでも

Tummy を Tumbly というわけでもないでしょうから、

 

子どものうちはとにかく楽しく!! 覚えやすい方法を優先して!! 正すのはずっと後でOK ✩ というゆる~い感覚でおうち英語をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもが使える「おなかすいたぁ~」の表現

 

 

続いては、おうち英語に使えるというより

子どもがパパママに対して使える Hungry の表現をご紹介します。

 

 

 

お子さんが Hungry ばかり使っていたり、バリエーションを増やしてほしいな~と思ったら「You can also say this!(こういう言い方もあるよ!)」と教えてあげてくださいね

 

 

 

  Don't you have something to eat?(何か食べるものない?)
  I haven't eaten anything since this morning.(朝から何も食べてないよ)
  I'm starving to death.(お腹がすいて死にそう)
  We have to go buy something to eat now! I want a hamburger.(何か食べ物買いに行こうよ、ハンバーガーがいいな)
  I should have eaten much more this morning.(朝もっと食べておけばよかった)

 

 

 

日本でも、子どもが言いそうなセリフっぽくしてみました(笑)

 

一年中お腹を空かせている子どもが口癖のように言う「おなかすいた~」と同じ感じで

英語も使いこなせるようになると、さらにネイティブ感が出ますし

使っている本人も、英語を心地よく感じるステップになりますので

日常会話で英語をサラッと使う方法は、本当におすすめ◎◎

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに覚えよう「お腹いっぱい」

 

 

Hungry の言い換え表現がたくさんお分かりいただけたところで、

せっかくなので食べた後に使える「お腹いっぱい」という英語についてもご紹介します。

 

 

 まず、基本は、みなさんもよく知っているであろうこちら。

  I'm full.(お腹いっぱい)

 

 

簡単な英語を組み合わせるだけで表現できるのがこういったもの。

  I can't eat anymore.(もう食べられない)

 

 

I'm full. を強調したいときはこれ。「はち切れそう!」というニュアンスです。

  I'm stuffed.(お腹パンパン)

 

ちなみに、Stuffed toy で「ぬいぐるみ」。

ぬいぐるみのお腹には綿がパンパンに詰まっていますよね。

それと関連付けて覚えちゃいましょう! 

 

 

 

「Room」という単語を使って「お腹の中に、デザートのための部屋がもうない」というお茶目な言い方をする方法も☆

  I don't have any room left for dessert.(デザート入らない)

  There's no room.(もう食べられない)

 

2つ目の「There's no room」は、1つ目の言い方をカジュアルにしたもの。

一見、食事に関する言葉ではないように見えるので、いざ使うときに緊張してしまうかもしれませんが、

お腹をさすりながら言ったりすることで「伝わる英語」になっていきますよ◎◎

 

 

  

 

Thirsty の言い換え表現

 

 

子どもは一年中走りまわって元気なのに、なぜか水分補給を怠りがちな生き物。笑

水分補給系のやりとりも、季節に関係なく日常的にしているご家庭が多いと思います。

 

 

ただ、Hungry と同様、だいたいの場合 Thirsty だけ知っていればじゅうぶんに会話になりますし

同じくらいの頻度で使う類義語があまりない単語なので

 

同じ意味で使える、すこし違った切り口からの表現をご紹介していきますね。

 

 

 

  Stay hydrated.(水分補給してね)
  I need water!(水がほしい!)
  I need to drink something.(何か飲まなきゃ)
  My throat is parched.(喉がカラッカラ)

 

 

 

日本語でもそうですが、必ずしも「喉が渇いた」と決まり文句のように言わなくとも、

「水がほしい」「何か飲みたい」というシンプルな表現でも全然OKなんです。

 

 

 

正しい形容詞が「Thirsty」だからといって、毎回 Thirsty に引っ張られなくて大丈夫ですよ

 

 

 

 

 

 

 

Thirsty でないときの表現

 

 

子どもに「水分補給してね」とは言ったものの、子どもは全然喉が渇いていない、

もしくはパパママの見ていないところですでに水分補給をしていたというとき

こういう返答ができます。

 

 

 

  No. I've had water already.(大丈夫、水飲んだから)
  I've just had a lot of tea.(今いっぱいお茶飲んだところ)
  That's okay. I've been hydrated.(大丈夫、水分補給してるから)

 

 

 

こちらも同じく、いつかお子さんに教えてあげるボキャブラリーとして

知っておいていただけるとよいかと思います◎◎ 

 

  

 

 

おわりに

 

 

使う機会が多いからこそ、表現のバリエーションをたくさん持っておきたい

「お腹がすいたとき」と「喉が渇いたとき」の表現。

 

いろいろな言い換え表現を使ってたくさん会話をこなし、身体にしみ込ませるように

どんどん新しい単語を習得していきましょう!

 

 

 

大人も子どもも、インプットした英語はとにかくアウトプットすることが何より習得の近道になります!!
インプットしたらすぐアウトプット!この繰り返しです◎◎