ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

留学先でのアパートの探し方|手続きや必要なもの、注意点を徹底解説!



 

 

この記事では、数ある留学中の住まいの中から

アパートでの生活を選択した方に向けての情報を発信していきます。  

 

学生さんの場合は、何よりもまず学校のアドバイザーさんや

学習支援課などに相談してみるのが一番安全で正確ですので、

この記事が、「相談先がない!」という方の参考になれば嬉しいです。 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201204192629p:plain



 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

  

 

 

 

 

 

 

留学中のアパート住まい

 

 

f:id:englishforkids:20200214215459j:plain

 

 

 

アパート住まいのメリットは「自由」

  

自由な生活ができる、

これがアパート住まい最大のメリットではないでしょうか。

 

自立した生活をする必要があったり、トラブルが発生した時に業者を呼んだり

大家さんに報告したりなど、なにかと自力で切り抜けなければいけない点を

踏まえると、海外でのアパート生活を通して大きく成長できるという期待も◎

 

わたしは学生時代、学校から提供される寄宿先がホームステイ一択だったので

ホームステイで1年間過ごし、とても良い経験になりましたが 

 

もし今留学できるなら、アパート住まいを選択すると思います◎

  

今ならホームステイでの英語環境に頼らなくても

ガンガン町中の人とコミュニケーションを取って生きていける自信がありますし(笑)

留学以来、海外で生活をするという経験をしていないので

異国の地で自立した生活を送るという生き方をしてみたいです。

  

 

 

 

  

 

実際には家族がいるのでそんな悠長なことも言ってられないのですが(笑)

 

 

  

アパート住まいをする上で2つの注意点

  

続いて、注意点。

あえてデメリットという表記はせずに「注意点」として情報をシェアしていきたいと思います。 

 

1. 家具をそろえる必要がある

  

家具付き物件を選択しない限り、生活に必要な家具一式を

買いそろえるというミッションが待っています。

 

アメリカでは冷蔵庫とコンロは備え付けのもの、

洗濯はコインランドリーを利用するのが一般的なようですが

買いそろえることの他に大変なのは、帰国時にその家財を処分すること。 

 

ガレッジセールで売る、友人に譲る、など

処分方法についても考えておく必要があるとのことです。

*1

 

 

 

2. 物件選びも慎重に

  

  アパート周辺の治安は?
  水圧は弱くない?
  車を所有する場合、駐車場はある?
  トラブル発生時のメンテナンス事情は?

*2

 

部屋の中身だけではなく、こういった点も物件探しにとても重要な要素ですよね。

アドバイザーさん無しで、自力で部屋探しをする場合には特に注意しておきたいポイントです◎ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「外国からの留学生」という立場が低く見られてしまうこともよくあるようで、あまり綺麗ではない物件しか選択肢がない、ということにもなりかねません・・・

 

 

  

海外のアパートの探し方は意外とシンプル

  

不動産屋にコンタクトを取るところから始まりそうな海外でのアパート暮らし、、、

意外にも手順はこんな感じ。

*3

 

 

 

ネットで物件探し

記載されている管理オフィスに連絡

内覧の予約

 

 

 

日本で気軽に部屋を探せる環境とあまり変わらないんです!

 

アメリカでの部屋探しに役立ちそうなウェブサイトを

経験者の方のブログ情報からいくつかピックアップしてみましたので、

参考にしてみてください◎

*4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

契約に必要な3つのこと

  

もちろんアパートによって多少の違いはあると思いますが、

アメリカの場合重要なものは以下の3点で、うち1点を求められるそうです。

*5

 

 

 

1. 残高証明書を提示する

 

契約期間中、家賃を払い続けられるかどうかの判断材料になります。

 

 

 

2. 保証人をつける

  

収入のある現地の人に保証人になってもらうという手段です。

知り合いや親せきがアメリカに住んでいれば叶いますね。

 

 

 

3. セキュリティーデポジットを多めに払う

 

入居時に必ず支払うデポジットを数ヶ月分支払うことです。

大家さんとの交渉次第で、こういった条件も飲んでくれることがあるようです◎

引き払う際に返金される場合とそうでない場合があるので、きちんと確認してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

アパートを借りてルームシェアをする場合

  

少し広めのアパートや借家(一軒家)を複数名で借りて、

ベッドルームだけ各自に与えられ、キッチン・お風呂・リビングなどは

共用するという生活スタイルのルームシェア。 

独り暮らしのアパート探しと基本は変わりませんが、

そこに同居人が発生するという条件が加わる形ですね。

  

 

ルームメイトを探す3つの方法

 

 

f:id:englishforkids:20200214215929j:plain

 

1. 現地で探す

  

現地の学校で知り合う友人などを当たってみる人も多いです。

確かにネットで探すよりも、人となりなどが直接分かるので安心感はありますよね。

(ジェネレーションギャップでしょうか・・・)

 

 

 

2. 留学先の情報掲示板で探す

  

わたしもリサーチしていて初めて知ったのですが、

留学先の学校のウェブサイトにルームシェア情報が掲載されているところもあるとか。

 

やはり同じ学校の人だと助け合えることも多く、安心しますね。

留学先に問い合わせてみるとよいかもしれません☆ 

 

ルームシェア情報のほかに、ホームステイ情報が掲載されている場合もあるみたいです!

 

  

 

 

 

 

 

 

3. ルームシェアサイトで探す

  

ルームメイトを探したり、既に借りた家の一室を貸し出す相手を探すなど

住まいに関しての人探しができるウェブサイトも充実していますので

ぜひ活用してみてください☆

*6

  

 

 

 

自分の目で見てから決めるのがベスト

  

独り暮らしのアパートでも実際に内覧をするように、

ルームシェア、アパートシェアにおいてもきちんと自分の目で

確認してから入居を決めることをおすすめします◎ 

 

独り暮らしと違うのは、やっぱりルームメイトとの相性。わたしを含め、周りでも、ネットの情報だけで入居を決めた人は1人もいませんでした。

 

  

 

おわりに

 

海外で暮らすことになった上に自立した生活を目指すみなさん、心から尊敬します☆

 

国内でさえ、独り暮らしというのは大きな一歩ですから

異国の地となれば不安も多いと思います。 

友人、ネット、SNSなどいろいろなところに頼りながら

安全で有意義な生活を手に入れてくださいね。