ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

今すぐ始められる!おうち英語の質が格段に上がる、子ども向けの英語習得法を徹底解説



 

 

英語動画を見たり、洋書絵本を読んだりするだけじゃなくて

もっと効率よく、楽しく英語が頭に入る方法ってないかなぁ、、、

 

 

 

こんなお悩みにぶつかり中のパパママに、

 

  今すぐ始められて
  格段に習得率がアップする

 

そんな英語習得のコツを、おうち英語実践中のわが家からお伝えします。

 

 

わが家では3歳のムスコ、2歳のムスメに対しておうち英語を始めて1年弱ですが

この方法で、いろいろな英語表現をサクサク習得してくれています。

 

 

今すぐ始められるほど簡単なのに習得率もアップ・・・?

と怪しまれるかもしれないのですが、それにはれっきとした理由があります。

 

子どもの「興味・関心」を、「日常生活」にリンクさせているからなんです。

 

 

 

やり方は簡単2ステップ。

 

  1. お子さんが「興味・関心」を持っているジャンルをあるだけ挙げる
  2. 日常生活の中でそのジャンルが絡むシチュエーションを探して、お子さんの「興味・関心」を関連付ける

 

 

この記事で詳しく解説していきますね。 

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201204163442p:plain

 

 

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーワードは「日常生活」と「興味・関心」

 

 

この2つのキーワードをかけ合わせると

子どもはみるみる単語や表現を習得していきます。

 

 

 

ちょっと小難しく聞こえてしまうかもしれないけど、赤ちゃんが母国語を覚える過程も同じ「日常生活」と「興味・関心」がベースになっていますよね

 

 

 

 

「日常生活」は、わたしたちが快適に生活するために切っても切れないルーティーン。

 

なかでも、子どもは「日常生活」のいろいろな行動を通して日々学習し、

1人でできることが増えたり、難しいことができるようになったりしていくので

この「日常生活」をおうち英語の舞台に取り込んでしまうのはとっても合理的◎◎

 

 

 

 

そして、「興味・関心」。

 

これは言うまでもなく、知識や経験が子どもの頭や心にすっと入っていくには

子どもがそれに好意を持っていないとなかなか成り立たないからです。

 

 

 

つまるところ、この2つを融合させることで最強の習得メソッドができあがるというわけです☆

 

 

 

2つとも私たちや子どもの生活に根付いたものなので、難しい知識や英語力も不要。
思い立ったそのときに始めることができますよ!
英語なんてただの言葉だもん。これぐらい簡単じゃなくちゃね!

 

 

 

 

日常生活の動きにリンクさせよう

 

 

朝起きて、着替えて、ご飯を食べて、歯を磨いて・・・

夜寝るまでにする行動のほとんどすべてが「日常生活」ですよね。 

 

 

子どもは毎日一生懸命遊び、学び、刺激を受けて、賢く生きています。

だから、日常生活のなかに子どもの「好き」はゴロゴロ転がっているわけです!

 

 

そんな日常生活の中から、子どもが興味・関心を持っているもの、

今その瞬間にハマっているなど、一時的なものでもOKですので

テーマを決めるところからやっていきましょう!

 

 

 

ステップ1:子どもの好きなジャンルを挙げてみよう

 

 

まず、お子さんが好きな遊びやジャンルを5~10個ほど挙げてみてください。

動物、食べ物、おままごと、お人形、くるま、、、なんでもOKです◎

 

 

 

 

 

 

 

特にハマっているものがあれば、それに関する単語や表現はすぐ覚えられると思いますし

いろいろなものに興味を示すタイプのお子さんであれば、

次々に違うジャンルの単語や表現を習得してくれると思います☆

 

 

 

 

ステップ2:その動画に関連するシチュエーションを挙げてみよう

 

 

お子さんの好きなジャンル、たくさん挙がりましたか?

 

 

  どうぶつ?
  数字やアルファベットの文字系?
  色?
  くだもの?

 

 

 

では、その単語が多く出てきそうなシチュエーションや場所を

日常生活の中で思い浮かべてみてください。

 

 

 

  どうぶつ?
  動物園!なんて気軽に行ってられるか!(笑)おやつにどうぶつビスケットを買って、覚えたどうぶつを探してみましょう♩

 

   数字やアルファベットの文字系?
  町中にある車のナンバープレート、看板から文字を探して、読み上げてみましょう!

  

  色?
  外でも中でも色探しはできますね♩お絵描き好きなお子さんや、まだお絵描きを始めていないお子さんなどは、クレヨンと一緒に学べば効果大◎

  

  くだもの?
  スーパーに並ぶ果物たち、お子さんの知っているものはありそうですか?言い当てるだけでお子さんの自信につながって、次々に学んでくれますよ^^ 買ってみて食べるようなら、なおさら頭と身体にしみ込むはずです。

 

  

 

というふうに、子どもの「好き」を日常生活の中にさりげなく溶け込ませてみるんです。

 

 

わたしが紹介しているおうち英語の動画はそのほとんどが

日常生活に基づいたテーマで、普段の暮らしから共通点を探しやすいので

ぜひぜひお子さんの興味と関連付けた学習をしてみてくださいね ♩

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

「日常生活の動きにリンクさせる」とは?

 

 

 

日常生活の動きなんて数えきれないほどあるし、上手にリンクさせる自信がない・・・

 

 

という方のために、わが家で実践している例をご紹介します。

まず、わが家の子ども達が身支度をするのに一役買っている動画がこちら。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

おすすめ動画でも何度か紹介した歌。

この曲をお子さんと一緒に覚えて口ずさめるようになったら、

実際の身支度で使えるととっても良きです◎◎

 

 

身支度をするお兄ちゃん、それを見守るパパ、外で「早く~」と待つママと妹。 

 

お出かけの時に身につけるものが歌詞になっていて、

帽子やマフラー、ジャケットなど1つ1つに特化して歌えるので、

子どもも歌いながら同じものを身につけることもできたりと、

普段のお着替えに役立つ1曲!

 

 

 

ムスコは「hurry up, hurry up, hurry hurry up!」と自分で歌いながら急いでくれるので、母としてはありがたい限り(笑)

 

 

 

 

2歳2ヶ月のムスメ、上で紹介した動画の中で、

男の子がマフラーをぐるぐる巻きにしてお顔が見えなくなってしまうシーンがお気に入りなのですが、

 

この間たまたま買ったカフェオレのボトルに、こんな可愛い牛さんが描かれていました。

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200206212448j:plain

※拾い画です

 

 

 

そう、赤いマフラーをした牛さんです。

 

 

 

これを見て娘、「うし」は分かったようなのですが、

首に巻いているものがどうも気になる様子・・・

 

 

 

おっ!これはチャンス!!

 

 

と思ったわたし、すかさず

 

 

You're curious about this red? Yes, this is a scarf! The cow is wearing a scarf.(この赤いの?そう、マフラーだよ!牛さんがマフラーしてるね!)

 

 

と、情報を与え

 

 

 

Put, on, your, scarf♩ Your scraf♩ Your scarf♩

 

 

 

すぐに娘も慣れ親しんでいるメロディーをつけてみると

ノリノリで一緒に歌ってくれました。

 

 

 

はい、これでムスメは Scarf 習得です👏

 

  

 

 

たったこれだけのやりとりなんですよね。

たったこれだけのことで、単語が1つ増えるんです◎

 

 

単語が1つ増えるくらいで大げさに思うかもしれませんが、

今、母国語をペラペラ話している我々も通ってきた道ですよね。

1つ1つの単語を増やし、正しい発音を体得し、会話ができるようになり、今があります。

 

 

 

単語1つも侮ることなかれ、です◎◎

 

 

 

f:id:englishforkids:20200206215015j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

「日常生活」と「興味・関心」をかけ合わせれば、

早いと1回で覚えてしまうこともあるくらい、高い効果を発揮します◎◎

 

 

 

押さえておきたいポイントは、

 

  日常生活に根付いたシチュエーション
  ハマっている動画や歌、絵本のフレーズなど
  その場面を体感できること

 

これらの条件が揃っていること。

 

 

 

今すぐお子さんの好きなものをピックアップして、

今日のお遊び時間からさっそく取り入れてみましょう!