ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【おうち英語の始め方】英語が苦手なパパママでもOK!「おうち英語」という選択



 

 

バイリンガル育児、英語育児、グローバル育児。

 

国際共通語である英語を小さいうちから身につけ、小学校での授業や

これから英語が必須となってくる社会に備えよう!という新たな育児法が昨今目立ちます。 

ただ、言うほど簡単ではないというのも事実ですよね。

 

インターやプリスクール、英会話教室に通わせるにはそれなりにお金もかかる。

自宅で教材を使うにしても、人気のキャラクター教材は手が出ないお値段だし

なにより自宅で英語の勉強をするとなると、なにかとパパママがプレッシャーを感じてしまったりするでしょう。  

そんな悩ましい英語育児、英語教育にはいろいろな方法がありますが、

わたしがご紹介したいのは「おうち英語」という新たな試み。

  

主に何をするかというと、英語を日常化することです。 

 

実はこれって、パパママがネイティブじゃなくても、英語が苦手だとしても、トライすることができるんです。 

 

ノンネイティブながらこれまでさまざまな英語経験を積んできて、直近のTOEICで835点を獲得した英語おたくのわたしが、 

誰でも今すぐに始められる、「英語を日常化する」おうち英語のやり方について解説していきます。

 

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20210203153119p:plain

 

 

  

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金をかけない、ゆるく楽しい「おうち英語」

 

 

わが家で実践しているのが、 

  お金をかけない
  ゆるゆる
  親子で楽しめる
  自然に英語を習得できる

というかたちの「おうち英語」

 

 

そんなんで本当にバイリンガル目指せるの???

 

 

大丈夫です!

むしろこの方法こそ、コミュニケーションツールとして自然なかたちで英語が身につくやり方でもあるんです。

 

 

 

「英語はただの言葉」ということを忘れないで

 

 

バイリンガル育児につまずいたら、この言葉を思い出してください。

英語は、日本語と同じ、ただの言葉なんです。 

 

単語を暗記すればいいものではない、詰め込むものでもない、

「お勉強」するものではないんです。 

赤ちゃんが日本語を少しずつ少しずつ習得していく過程と同じように

聞いて、覚えて、使ってみる。

これを長年繰り返して、徐々に自分の言葉にしていく。 

 

聞いて、覚えて、使ってみるなんて、日常生活の中でいくらでもできるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

英語を日常化することが一番大事

 

 

わが家でおこなっているおうち英語のメインはこの「日常化する」こと。

 

具体的には、

  日常会話を英語にする
  テレビ番組はできる限り英語で
  常に英語が身近にある環境をつくる

という感じです。

 

しょっぱなから「日常会話を英語に」なんて言われたら、出鼻をくじかれると思いますが

大丈夫です!

日常会話を英語にしているのは、単にわたしが英語おたくで、英語を話すのが大好きだからであって 

このブログでは、英語がニガテなパパママでもトライできる方法を紹介していきます✩✩

 

 

 

日常会話を英語にする

 

 

おうち英語をされるパパママで、英語力に自信のある方にはぜひこの方法をおすすめします♩ 

前述したように、英語はただの言葉。

ただの言葉として、日常生活のなかに在り続けるだけで立派な習得メソッドになります。

 

  Good morning!
  Are you hungry?
  Let's go play!

 

こんなふうに、パパママとのやりとりが英語になるだけで

驚くほど自然に、コミュニケーションツールとして英語が染み付いていきます。

  

 

でもやっぱり、英語に慣れ親しんでいないパパママにとってこれはハードルが高すぎるよ~!!

  

大丈夫!これは英語力に自信のあるパパママがすればいいだけのオプションだから♩
紹介したいのはここからだよ!

 

 

  

 

 

 

 

 

テレビはできる限り英語で観る

 

 

「かけ流し」という方法を聞いたことがありますか?

英語の音楽や動画をかけ流して、英語の音を耳に慣らすためにする方法です。 

 

かけ流しについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています◎◎

 

  

  

かけ流しと急に言われても、コンテンツ集めや時間の調整など

「さぁ1分後に始めましょう」というわけにはいきませんよね。 

なので、ここでご紹介したいのが

テレビを見るときは、できる限り英語で見せるということ。

 

もちろん、地上波放送だとほとんどが日本語なので

英語圏の番組をリアルタイムで見ることは難しいです。 

そんなときに、子ども向けの動画チャンネルを活用してみましょう!

 

 

 

0~1歳さん

 

 

まだ日本語もままならない0~1歳さんには、

メロディーと色彩でココロを掴む「お歌系の動画」がおすすめ! 

こういった動画チャンネルを参考にしてみてください◎◎

 

 

  カラフルなアニメといろいろなジャンルのお歌で子どもも釘付け!

Super Simple Songs

 

 

  Mattお兄さんがお歌で楽しく盛り上げてくれる♩

Dream English Kids

  

 

 

 

 

  

 

2~3歳さん

 

 

少しずつ言葉が出てくる2~3歳さんには、お歌よりももう少しメリハリのあるコンテンツがおすすめ。

 

 

 

  登場人物は動物と食べ物!鮮やかでリアルな色彩で楽しい☆

BabyBus

 

 

  乗り物が好きなら断然こっち!

Robocar POLI TV

 

 

  イギリス版アンパンマンといわれている超人気アニメ^^

Peppa Pig

 

 

 

  

4~5歳さん

 

 

おうち英語を始めるのにチョット難しくなってくる4~5歳というお年頃のみなさんには、

「英語だからつまらない」と思わせない、言葉の壁を越えて楽しめるコンテンツを◎◎

 

 

 

  Blippiお兄さんが町へ行っていろんなことを体験!一緒に楽しんでる気分になれる☆

Blippi

 

 

  Ryan君がいろいろなおもちゃで遊ぶよ!

Ryan's World

 

 

  0~1歳さん向けで紹介したSuper Simple Songsのお兄さんお姉さんver.

Super Simple Learning

 

 

 

 

こういった動画を視聴するところから始めてみてください。

 

そうです、まず最初にすべきことは「インプット」

読み書きでも、「アッポー🍎」を覚えることでもない、「インプット」です。

 

 

この「インプット」から始めないことには、コミュニケーションツールとしての英語を身につけるのが難しくなってしまいます。
まだ言葉を理解できない赤ちゃんに向かってあれこれ話しかけて「言葉のシャワー」を浴びせるのと一緒。
言語習得の第一歩はインプットと覚えてくださいね☆

 

 

 

常に英語が身近にある環境をつくる

 

 

日本にいながら、1日の中で英語に触れる時間を増やすのは限度がありますよね。

それでも、「英語はいつも身近にある言葉なんだ」と意識してもらうためにできる

超カンタンな方法が、そういう環境をおうちの中でつくってしまうことです。

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、 

  子どものおもちゃ箱や引き出しなどに、英語のラベルをつける
  洋書や、アルファベットが書かれた本やおもちゃを揃える
  簡単な決まり文句などは英語で統一する

という感じ。

こちらも詳しく掘り下げていきますね。

 

 

 

英語のラベルを貼ってみる

 

 

おもちゃ箱に「のりもの」とか「おままごと」とかラベルを貼って片付けやすくしているパパママもいると思います。

ぜひ、そのラベルの英語ver.も用意して貼ってみてください^^

 

 

これは、その英語を覚えてもらうために貼るということではありません。
いつも見る場所やいつも使うものに、それに関連した英語のラベルを貼っておくことで常に英語が目に入ることになりますよね。
それがゆくゆくはスムーズなインプットにつながる、とても大事なプロセスになるんです

 

 

 

英語のおもちゃや本を置いておく

 

 

それと同じように、洋書やアルファベットが書かれた絵本などを身近に置いておくのも効果的な手段の1つ。

 

もちろん、それだけで子どもが勝手に英語を覚えてくれるというところまでは期待できませんが、

常に見えるところ、聞こえるところに英語を置いておくというのが大事なポイントになります。 

 

1つ前の項目で紹介している「英語のラベル」と同じ効果が期待できる取り組みの1つで、

当たり前のようにそこにあって、当たり前のように使うことで、

無意識に頭の中に刻まれていくものなんです◎

 

 

 

よく使う表現を英語で統一する

 

 

そして、日常的に使う言葉やあいさつなどを英語で固定してしまうというのも1つの手段です。

 

  Thank you.
  Let's eat!
  Good night.

 

といった、シンプルでパパママも覚えやすく、毎日使う表現ですね。

  

 

これなら英語初心者のパパママでもトライできそう・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語はただの言葉なので、こうしてただしゃべる機会があればそれでいいんです◎◎

ここから1つ2つと使える表現が増えていくことで、着実にバイリンガルの道は開けます。

 

 

 

まとめ

 

 

英語が苦手なパパママでも気軽に始められるバイリンガル育児の1つである「おうち英語」。 

えっ、こんなんでいいの?と思われるくらい簡単な取り組みばかりですが、

相手は受験生や英検合格を狙っている上級者ではなく、

コミュニケーションを楽しみたい子どもです。 

 

  お金をかけない
  ゆるゆる
  親子で楽しめる
  自然に英語を習得できる

 

こんなふうに英語が身についたら理想ですよね。 

 

まずは小さなことを毎日繰り返して、「日常化」を目指すこと。

これを目標にゆるゆるとやっていきましょう!