ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

今話題の「親子英語」って?一緒に楽しく取り組める!始め方とコツを解説



  

 

 

最近よく聞く、親子英語。

どんなものかご存知でしょうか?

 

 

おうち英語をしているご家庭、

おうち英語を始めてみようか考えているご家庭だったら

ぜひ取り入れてみてほしい方法の1つです。

 

 

文字通り、子どもにだけ英語を習わせるかたちではなく

親子で一緒に英語に慣れ親しんでいこう、一緒に学んでいこうという取り組みのことです。

 

 

 

子どもだけに英語の動画を見せたりするより質も効果も高いといわれているこの「親子英語」、
わが家での取り組みと、これから始めようと思っているパパママに知っておいてほしいことをまとめました

 

 

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20210130094426p:plain

 

 

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが家の英語環境について

 

 

まず、簡単にわが家の英語環境についてまとめてみます。

 

 

 

子どもは「英語で生活をする」のが基本形

 f:id:englishforkids:20200720084630j:plain

 

 

 

 

英語での日常会話

 

 

子どもの英語環境は至ってシンプルですが、ほぼ全ての日常会話を英語でおこなっています。

 

ただ、わたしとの会話のみなので

幼稚園での会話、夫を交えた家族の会話などは日本語。

 

 

それを踏まえても、わたしと過ごす時間のほうが長いので

特に未就園児である娘にとっては、英語を使う時間のほうが多くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語コンテンツの視聴

 

 

日常会話のほかに子どもが英語に触れているのは、英語コンテンツを視聴している時間。

 

 

時間配分はというと、朝と夕方。

一般的にEテレタイムといわれている時間を、そのまま英語の動画タイムにしている感じです。

 

 

 

トータル2~3時間くらいかな??

 

 

 

親(わたし)は子に追い抜かれないよう英語力維持を目指す

 

 

f:id:englishforkids:20200225102120p:plain

 

 

 

TOEICベースの勉強

 

 

基本的にはTOEIC対策ベースの勉強をしています。

具体的には金フレ、英字新聞、あとは英語系Youtuberの動画視聴といったぐあいです。

 

  

おうち英語を始めてからアウトプットの機会も多く持てるようになったので

子どもに英語を伝えていくだけでなく、自分の語彙力や表現力をアップさせることにも

力を入れられるようになってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%英語で会話できるよう準備

 

 

時々、「あれ、これ英語でどう言ったらいいんだろう?」とか

「子どもに対して噛み砕いて表現するには、どういう単語を選んだらいいかな?」

と考えることが、子どもとの会話の中であります。

 

 

これが、英語が話せる友人やネイティブスピーカーと会話するよりも難しいんです、、、

 

 

 

相手が英語を話せるなら、多少こちらの表現力が劣っていても

文脈や雰囲気で感じ取ってもらえることが期待できますが、

 

こちとらまだ母国語も完璧ではない4歳と2歳が相手。

 

「わかってくれるだろう」「理解できるだろう」と期待することが許されないので(笑)、

子ども達の理解力が高くなって、会話が進んでくると

試されるこちらの英語力もどんどん難易度が上がっていくわけです。。。

 

 

なので、常に英語で返せるよう色々と環境を整えるようになりました◎

 

 

 

たとえば、スマホにはこんな感じで・・・

 

  表示結果の平均数が多い翻訳アプリ
  子ども向けの表現が充実した翻訳アプリ
  英英辞書アプリ

 

 

数種類の翻訳アプリを。

 

 

場面場面で使い分けながら、分からない表現をすぐに調べられるようにしたり

「この表現は育児でよく使いそうだけど、忘れちゃうかも」と思った言葉を

ノートにまとめていつでも読み返せるようにしたり。

 

 

 

子どもに追い抜かれないよう、常に自分の英語力を100%出し切って会話ができるよう、

またその底上げも含めて意識し、子ども達と会話するようにしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

親子英語を始めるコツ

 

 

では、親子英語を始めたい!というパパママがまずすべきこと、必要な事とは何でしょうか?

 

 

やっぱり子どもと一緒に勉強していくには、ある程度の英語力が必要。とかかなぁ?

 

 

 

いいえ、パパママの英語力はそれほど必要ではないんです。

英語力よりも、熱意!これに限ります。

 

親子英語を始めるにあたって、これらの項目を一緒にチェックしていきましょう!

 

 

 

パパママが子ども以上に学ぶ姿勢を!

 

 

親子英語と名が付くぐらいですから、親子で英語をしましょうという取り組み方が必須。

 

それには、集中力がまだ長くは続かない子どもよりも

パパママのほうが意欲的に、熱意をもって参加することが何より大切なんです。

 

 

それで子どもが興味を示す、と100%言い切れないものの、大好きなパパママが楽しんでいれば自然とその環境に溶け込んでくれると思います

 

 

 

パパママが興味を持っていない、めんどくさそうにやっている、

それが子どもに伝わってしまうと、自然と子どもの意欲や関心をも奪ってしまうことになりかねません。

 

親子英語をするなら、子ども以上にパパママが意欲的になることを大前提としてください☆

 

 

 

最終目標を意識しよう

 

 

親子英語、おうち英語は「なんとなく」始めても問題はないのですが

軸がブレてしまうと、やり方があっちこっち変わって逆に効率が悪くなったり、

せっかく興味を示していた子どもの思いや意欲を下げてしまうことにもつながるので、

この「最終目標」は、ある程度固めておくことをおすすめします☆

 

 

 

ガッチリ定まっていなくてもいいので、

 

英語を通して、最終的に親子でどうなっていきたいか?

 

というのを意識しながら、日々の取り組みを行うことがとても大事!

 

 

 

親子で資格取得や試験合格を目指す!

のであれば、基本的なリスニングに加えて読み書きにも力を入れたりすることが必要になってきますね。

試験の種類によっては、もしかするとスピーキングはそれほど重要ではないのかもしれません。

 

 

 

わたし個人の考えでは、最終目標が何であろうとコミュニケーション(聞く・話す)は基本中の基本だと思っていますが、
「受験や資格のためだから話せなくてもOK!」というケースもあると思うので、それぞれのご家庭に合った親子英語の方法を模索していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親子で海外旅行三昧が夢!楽しくコミュニケーションを取りたい

のであれば、将来的にネイティブと自然なコミュニケーションが取れるよう

アニメや英語のお歌から始めて、関心のある単語、簡単な単語から少しずつ少しずつ

というやり方でもじゅうぶんに間に合うと思います◎

 

 

長い目で見れば、おうち英語と並行してオンラインレッスンやネイティブと実際に会話ができるサービスを利用する、という手段もありますしね

 

 

 

 

こんなふうに、なんのための親子英語か?というところをまず考えて、結論を出し、

じゃあそこに向かって一緒に歩みだそう!という意識でスタートすると

同じ方向に向かってゆっくりと、二人三脚で進むことができ

ブレないで着実に、英語力をつけながら成長することが期待できますよ◎

 

 

英語学習の目的について改めて考えるときに、参考になる記事がこちら。

 

 

英語が話せるようになった暁には・・・

そんな希望に満ちた未来について考えるとき、一緒に読んでみてくださいね☆

 

 

 

 

おわりに

 

 

今日は、わが家での親子英語・おうち英語の現状、それに加えて

これから始めてみたい方へ、取り組みのコツをまとめてみました。

 

 

親子英語は、パパママからすれば自分を一番近くで応援してくれて

さらに真似っこもしてくれる、子どもという最強の存在とともに学習ができる

もしかしたら1人で英語の勉強を始めるよりも、モチベーションアップになって

責任感から継続もできて・・・

 

長い目で見れば、とっても効率のよい勉強法になるんです。

 

 

 

育児をしながらの英語生活は、決して簡単なことではないですけどね・・・!!!

 

 

 

 

 

 

子どもにだけ「頑張って!」「あなたはこれからの人だから!」と期待をするだけの

英語教育よりも何倍も効果が表れて、子どもにとっても前向きな気持ちを作りやすい「親子英語」。

 

 

おうち英語でわたしが推奨しているやり方も親子英語と通ずる部分がありますので

参考にしながら、一緒に頑張っていきましょう!