ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【TOEIC対策】500点突破したら即買い!「金フレ」の効率的な使い方を徹底解説



 

英語を学んでいる方、TOEICで高得点を狙っている方は持っていることが多いであろう「金フレ」こと金のフレーズ

  

TOEIC対策といったら金フレ!と言われているけど、みんなどうやって使ってるの?

  

思い切って金フレ買ってみたけど、使い方が分からなくてしまいっぱなし・・・

  

こんな方、多いのではないでしょうか? 

実はこの金フレ、やり込めばやり込むほど上級の英語力が鍛えられる

絶対持っておくべきTOEIC対策本なんです。 

 

この記事には、 

  金フレとはこういう本だよ
  こういう人に向いてるよ、こういう人には向かないよ
  こうやって使うと効果倍増だよ

という情報がまるっと含まれています◎◎ 

 

わたしは直近のTOEICで835点を取っているのですが、対策は主に英字新聞とこの金フレ。

そんなわたし自身の学習経験談も含めながら、金フレについて知り得る情報を一挙解説していきます! 

 

記事を読んだあとすぐに勉強に着手できますので、ぜひ活用してくださいね。

 

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201207140815p:plain

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

  

 

 

 

  

 

 

 

  

 

英語学習者は持っていて当然?金フレとは

 

 

金フレってこんな本
  • 実際にTOEICに出てくる単語ばかりが載っている
  • 音声やアプリ機能がついて覚えやすい
  • レベル別になっているので長く使える

  

 

 

 

 

愛用者の1人であるわたしから見た魅力は、なんといっても、  

  無料の音声アプリ
  暗記用赤シート

これらが付属されている点◎◎

購入してすぐ、勉強に取り掛かることができるんです!   

 

 

f:id:englishforkids:20200317093546j:plain

 

 

 

 

 

 

   

 

TOEICの問題文やリーディング文を読む力がつく

  

TOEICを受け慣れている方にとっては常識的かもしれませんが、

TOEICは登場する単語や人物の職業、問題文の中で見舞われるトラブルなどがパターン化していて、

その傾向を掴めればある程度のスコアアップが狙える、という特徴がありますよね。 

 

この「金フレ」では、実際にTOEICでよく出る単語や表現が抜粋されているので

載っている単語を丸暗記できれば、本番で問題文やリーディング文を読む際に

特に効果を感じることができます! 

 

重要単語のみ赤シートで隠せるようになっていて、それを用いた文章は黒字で記載されていて常に目に入るという形なので、暗記するにもそこまで難易度を感じませんでした

 

  

レベルは中級者~上級者向け

  

600点レベルから990点レベルまで用意されていて、

レベルごとに集中して単語を覚えられる構成になっています。 

タイトルでも大々的に言っていますが、TOEIC500点を突破したら絶対に買うべきなのがこの「金フレ」です。

レベルで言うと中級者~上級者向けになりますね。  

 

ただ、たとえば700点を突破しているからといって、600点のセクションを飛ばして勉強することはオススメしません

  

 

 

 

 

 

700点突破者でも、600点レベルの単語が抜けていることってよくあるんです。

そうすると、次に来る800点の壁がいっそう高くなってしまいます。 

 

わたしが金フレを購入したときのスコアは770でしたが、軽い復習感覚で600点のセクションを読んだとき、「あれ?これ何だったっけ?」という単語がポツポツあって、ショックを受けたのを覚えています(笑)

  

そして、600点レベルといっても案外、中学か高校で習ったような気がする単語もあって、

「中学英語だけで英会話はできる」とはよく言ったものだなぁと感じました。 

 

 

パート1は網羅できる

  

金フレには、パート1で出てくる単語や表現がギュッと凝縮されています。

単語や例文を丸暗記できてしまえば、パート1は網羅できるでしょう◎◎ 

 

逆に言うと、後半(パート5~7)の長文読解や語彙問題まで金フレだけでまかなえるかというと、

正直なところ、少し足りないかもしれません。 

というのも、「金のフレーズ」というタイトルにもあるように、

単語と、その単語を使ったフレーズがメインの対策本なので

パート7などの長文読解セクションを特に鍛えたい!となると

実際に長文を読むといった、もう一歩踏み込んだ学習が求められます。

 

 

そこで、わたしは英字新聞を読むという学習法も取り入れているわけです。

そっちも気になる!という方はこちらの記事を読んでいただけたらと思います☆

 

 

  

 

 

 

 

金フレを使った学習法に向いている人

  

金フレがTOEIC対策にピッタリとはいっても、

学習法の好みも英語レベルも人によって違うので、合う合わないがあると思います。 

 

以下の項目に当てはまる方は、

金フレを使った学習法に向いていると思っていただいてよいかと思います◎◎

 

 

TOEIC500点を突破している人

 
金フレにも実際に書かれていますが、

金フレを効率的に使えるのはTOEIC500点以上の英語力がある人ということになっています。 

といっても、TOEICはレベルごとに問題が違うわけではなく

初級者から上級者まで同じ問題を解く仕組みなので、

初心者が上級者と同じ本を使って学習する方法もありだと個人的には思うのですが 

金フレの最低ラインが600点レベルの単語なので、難易度が高いと感じてしまい

モチベーションが下がってしまう可能性がなきにしもあらず、というわけです。 

 

500点を突破していない方は、後述する「銀のフレーズ」という本をおすすめします◎

 

  

TOEICに特化した対策本を探している人

  

金フレの著者であるTEX加藤さんはTOEICを何度も何度も受検し、990点満点の連続記録を持つ方。 

なので、実際にTOEICに頻出する単語や表現が凝縮された、

まさにTOEICに特化した対策本なんです。 

 

漠然と「英語力を上げたい」のではなく、「TOEICで〇点をたたき出したい」という明確な目標があるのならば

金フレは間違いなく、得点に直結する対策本ということになります。 

 

 

 

 

 

 

ビジネスレベルの英語が必要な人

  

TOEICがそうであるように、金フレに出てくる単語や表現もビジネスシーンでの英語ばかり。 

会話やフレーズの他に、職業名や役職名などビジネスシーンで役に立つ英語が網羅されているので、

TOEIC対策でなくとも、ビジネスレベルの英語が必要な方には重宝する一冊です◎◎

 

 

効率的な学習法を徹底解説

  

では、わたしがこの金フレを使って実践している勉強法をご紹介させていただきます。

 

 

 

  

1. 音声アプリをDL

  

まず、abceed という付属の音声アプリをダウンロードしてください。 

学習時間を記録できたりなど、機能が充実していて

一見使い方が難しそうに見えるアプリなのですが、

わたしは自分に必要な機能だけシンプルに使うことにしています◎

 

 

【Androidはこちら】

 

【iPhoneはこちら】

 

 

 

アプリではなく、音声のみダウンロードしたいという方はこちらからどうぞ☆  

 

 

2. 本を見ながらリスニング

 

アプリの準備ができたら、実際にリスニングをしてみます。 

まず、中央下部の【🔍(見つける)】をタップ! 

 

f:id:englishforkids:20200316225330j:plain

 

 

次に、【金のフレーズ】の表紙を選択します 。

人気ランキングの一番最初に出てくるので、わかりやすいですよ◎◎

 

 

f:id:englishforkids:20200316225500p:plain

 

 

ここではリスニングの機能を使いたいので、上から2番目の【音声】を選択してください^^ 

 

f:id:englishforkids:20200316225751j:plain

 

  

そしてリスニング教材の選択。

わたしは上から2番目の【TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ - 英語のみ】という機能を使用しています! 

 

f:id:englishforkids:20200316225645j:plain

 

 

本の目次と同じセクションを選べるようになっているので、

600レベルの単語から順番に聴いていきましょう。 

 

わたしはこれを1日1周(600レベルならそれを1ターン)、

本と照らし合わせながら聴いています。  

 

この段階ではページをめくりながら聴いてるだけで、赤シートまだ登場しません

 

 

 

 

  

 

だいたいこの作業を1週間くらい続けます。

 

購入後はじめての学習ということもあり、目安として1週間にしましたが

あとから考えると、600点レベルにそこまで時間を割かなくてもよかったかな?とか

強化したいレベルのセクションに力を入れられるように、

600~700点レベルはもっとサクッとやったほうが効率がよかったかも、と思いました。 

 

 

3. 赤シートを使って音読

  

本を見ながら音が耳になじんできたら

一旦リスニングから離れて、今度は赤シートの出番です! 

 

赤シートで重要単語の部分を隠しながら1単語1秒を目安にして、スピーディーに回答していきます。

  

勉強法をお話している記事で何度も触れているのですが、

暗記チェックや音読の際にパッパッと答えていくこのスピード感がものすごく大切なんです! 

ダラダラと思い出すまで考えていても、最終的に答えにはたどり着くかもしれませんが

それだと瞬発力はなかなか培われません。 

 

会話力・コミュニケーション力というのは、伝えたい思いや使いたい表現をいかに素早く頭の中から引っ張り出せるか、その瞬発力が大切。
瞬発力を鍛えるためにも、スピード感を意識してみてくださいね

  

この赤シート作業もだいたい1週間くらいやっていますが、1週間で不十分な場合は

全部を1秒以内に答えられるようになるまでとことんやり込みます!

  

 

4. 理解度チェックのリスニング

  

さて、ここでまたリスニングに戻ります。 

 

赤シートでの音読によって、だいぶ単語が頭に入ってきたと思いますので

はじめに行ったリスニング作業を、今後は理解度チェックとしてやってみましょう。 

ここまでくれば本とにらめっこしなくとも、

理解度によってはサラッと聴いているだけで仕上げになるかもしれません◎◎ 

 

わたしは本をペラペラめくりながらこの理解度チェックのリスニングをすることもありますし、完璧に覚えてしまったセクションであればこうしてブログを書きながらBGMのように聴く、ということもしています

 

 

 

 

 

 

番外編:速度を変えて何度も聞く

  

この abceed というアプリは本当にクオリティが高く、なんと音声の速度も自由自在に変えられるんです!

この速度変更の機能を使って、理解度チェックの難易度を上げてみるのもとっても良きです◎◎ 

 

1.5倍速だと結構速いので、個人的には1.2倍速あたりがオススメです

 

暗記はできたけど、さらに難易度を上げて追い込みたい!という方はぜひ試してみてください☆

 

 

金フレの一歩手前「銀フレ」もある

  

TOEIC500点を突破していない方、金フレだと難易度が高いという方におすすめしたいのが

姉妹本の「銀フレ」こと銀のフレーズ

 

 

  

 

姉妹本なので、形式は金フレと同じ。

銀フレはTOEIC600点を目指すための対策本として出ているので、単語や語句のレベルが金フレよりも易しく設定されています。 

 

金フレだとちょっと荷が重い・・・という方も手を付けやすいかと思います◎◎

 

   

 

 

 

 

まとめ

  

英語学習者の間で話題の「金フレ」。

特徴や使い方など、お分かりいただけましたでしょうか?

 

決まった学習法があるわけではないので、

「この本を使ってどんなふうに勉強しよう?」と考え、試してみて、一番しっくり来た方法です。  

 

TOEICのために生まれたといっても過言ではないほど、

TOEICで高得点を目指す人にピッタリの対策本なので

ご自身に合った学習法を模索して、ぜひ活用してみてください!