ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【おうち英語】教材、ホントに必要?ハードルを下げて英語をもっと身近に



 

 

「おうち英語」と聞くと、教材を取り揃えて家庭学習をする・・・

というイメージを抱いていませんか?

  

実は、教材は必ずしも必要というわけではないんです。 

 

教材を買わないといけないってなると、一気にハードル上がりますよね

 

  

おうち英語を始めるぞ!といってすぐ教材を注文し、届いたその日からさぁ始めよう!

というのはいくらなんでも重い腰が上がりませんよね。

使ってみてお子さんが早々に飽きてしまったとき、無駄になってしまうのも怖いし・・・

 

でも大丈夫!

 

おうち英語始めてみようかな・・・と思ったら、お金をかけずに即始められるんです。

やり方さえ間違わなければ、お手軽&お手頃な方法で細く長く、続けることができますよ◎◎

  

「家庭学習」という堅苦しいステレオタイプはいったん隅に置いておいて、

親子ともにノンストレスなおうち英語にしていきましょう!

 

  

 

 

f:id:englishforkids:20210207081913p:plain

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

  

 

 

 

 

  

 

 

  

 

教材は必ずしも必要? 

 

 

特に英語が苦手なパパママがこのように考えてしまいがちかと思いますが、

結論、教材がなくてもおうち英語は始めることができます◎◎ 

もちろん、パパママやお子さんによっては教材を使う方が合っている場合もありますが

なるべくだったら使わない方法がいい、という方も少なくないと思うのです。 

 

あなたのご家庭のおうち英語に、教材はマストでしょうか?

一緒にチェックしていきましょう! 

 

 

 

継続できますか?

 

おうち英語というのは、継続することが何よりも大切。 

1日だけガッツリやっても何も身になりませんが、

細々とでも毎日継続すれば必ず結果が出るのです。 

 

月に一度アルファベットを勉強するのと、1日10分でもアルファベットのお歌動画を見るのでは、どちらが早くアルファベットを習得できるか一目瞭然ですよね

 

教材を買ってスタートして、長く継続できそうですか?

 

教材のタイプによっては、一通りコースを修了しないと割引されないものもありますし

何よりちゃんとしたクオリティーの教材を買ったのに、途中でやめてしまってはもったいないですよね。 

 

短期間でも教材を使って勉強してきた知識を無駄にしないよう、教材を使うのをやめてからおうち英語に切り替えるというパターンもあるとは思いますが、それだったら最初からおうち英語でよかったのでは・・・と後悔することになりそう。
このようなことがないように、教材に手を出すときはちゃんと考えたいですよね

 

   

 

 

 

 

  

教材のメリットは、時間を気にすることなくご家庭の自由なプランで学習ができること。

英会話教室などに通うよりも時間の制約がなく、価格を比較してもお手頃です。 

 

わたしの主観にはなってしまうのですが、

わたしにとっては教材も、1日の中でそれに充てる時間を確保するなどの手間が増えるものという認識なので

今の生活スタイルには正直合わないんです。 

 

息子は幼稚園で日中いないし、娘も午前中は公園遊び(外遊び大好きっ子)、午後は昼寝と送迎で時間があっという間に過ぎます。
息子が帰宅後に時間は取れますが、幼稚園で疲れている子どもに教材学習を提案することに抵抗が・・・

 

最近では、"学習"というよりDVDを見るだけ!という有難い英語教材もありますが

やっぱり高いお金を払って取り揃えているとなると、気軽に「かけ流し」をするというよりは

「さぁ、DVDの時間にしよう!手を止めて、テレビに注目~!!」

というテンションになってしまうんですよね、こっちが。笑 

 

だってさ・・・それなりにお金出してるんだもん、DVDつけたのにおもちゃに夢中で全然見てません、なんてなんか・・・見過ごせなくなりそう・・・
わたしが貧乏性なだけかもしれないけど・・・

 

 

仮に頑張って続けたとしても、次に

  子どもにお勉強意識を植え付けずにやってもらう
  子どもに継続したいと思ってもらう

という大事なところもカバーしなければならない。 

 

きっと続けるだけで精いっぱいなのに、そこまで気が回りそうにない・・・ 

 

わが家ではこんな感じです(泣)

みなさんも今現在のご家庭の生活スタイルを振り返って、教材学習の時間がねじ込めるかどうか考えてみてください。

  

 

 

 

  

 

教材の中身は好きですか?

 

昨今、いろいろなタイプの教材が普及しています。 

有名どころで言うと、こんな感じ。 

 

DWE(ディズニー英語システム) 教材内容:
・DVD(歌や物語)
・トークアロング・カード(音声カード)
・マジックペン(絵本やカードにタッチすると英語が飛び出すペン)
価格:
【シング・アロング・セット】の場合
会員価格:148,000円(税別)
一般価格:168,000円(税別)
こどもちゃれんじEnglish 教材内容:
・DVD
・英語おもちゃ
・テキスト
価格:
会員価格:2,933円/回~
一般価格:3,637円/回~
七田式英語教材7+English 教材内容:
・英文テキスト
・イラスト集
・マニュアル
・CD
・ENGLISH CD
価格:
29,800円(税別)
ワールドワイドキッズ 教材内容:
・DVD
・絵本
・CD
・おもちゃ
価格:
【Stage 0~6】の場合
総額264,000円(税込・送料込)

 

 

もちろん、各種子どもが楽しめる内容になっていたり

飽きない、次月号が楽しみになる工夫が施されているものばかりですが

肝心なのは、パパママ・お子さんともに中身を好きになれるか?というところ。 

 

  登場するキャラクターが好き
  学習法がお子さんに合っている
  DVDやCDなどかけ流しできる内容が豊富で助かる
  教材を総合的に割って1日あたりの学習時間を出したとき、負担が少ない

 

などなど、その教材の中身をよくチェックしてみてください。 

 

もちろん使ってみないと細かな部分は分かりづらいと思いますが、事前にリサーチできるところはして、お試しセットなども活用してみるといいかも!

 

 

 

 

 

 

 

 

パパママがお子さんよりも楽しめそうですか?

  

お子さんがしま〇ろう好き、ディ〇ニー好き、という幸運なケースを除いては、

お子さんだけが楽しめればOK!という感覚ではなく

パパママがお子さんよりも意欲的になれる教材であるほうがベターです。 

 

おうち英語、特に教材を使うとなると

大半がお子さん発信ではなく、パパママ主導であるケースが多いと思います。

そうなると、先ほども言いましたがお子さんに教材への興味を持ってもらうことが課題になってきますね。 

 

それには、パパママの熱意がすっごく大事!!なんです!!

  

パパ or ママが好きなものってお子さんも影響を受けて好きになったりしますよね。ディズニーとか、ゲームとか。
パパママも、お子さんの影響で新幹線の名前やプリキュアのメンバーを言えるようになったりするし。
好きな人の好きなものって、やっぱり強いと思うんですよ。

 

あなたのために買ったものだけど、パパママのほうがやってみたい、見てみたい、ちょっと付き合ってよ!

ぐらいの熱量で教材と向き合うことができれば、お子さんの興味を徐々に引くこともできると思うのですが 

ここまでできないと、お子さんが教材にノー関心だった場合の保険がなくなってしまい

楽しんで取り組んでもらうという超初期段階の課題でつまずいてしまうおそれがあります。

 

 

 

経済面では?

  

インターやプリスクールに通うことを考えれば、教材はとってもお手頃に思えますが

教材タイプによっては、一式揃えるのにウン十万かかるものもあれば、

何年も継続していると100万円などすぐに到達してしまうようなものもあったり

長期的に見るとかなりの出費になりますよね。  

 

DWE(ディズニー英語システム) 教材内容:
・DVD(歌や物語)
・トークアロング・カード(音声カード)
・マジックペン(絵本やカードにタッチすると英語が飛び出すペン)
価格:
【シング・アロング・セット】の場合
会員価格:148,000円(税別)
一般価格:168,000円(税別)
こどもちゃれんじEnglish 教材内容:
・DVD
・英語おもちゃ
・テキスト
価格:
会員価格:2,933円/回~
一般価格:3,637円/回~
七田式英語教材7+English 教材内容:
・英文テキスト
・イラスト集
・マニュアル
・CD
・ENGLISH CD
価格:
29,800円(税別)
ワールドワイドキッズ 教材内容:
・DVD
・絵本
・CD
・おもちゃ
価格:
【Stage 0~6】の場合
総額264,000円(税込・送料込)

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの場合、高いお金を出して英語育児に力を入れることで

無意識に子どもに期待をしてしまいそうな気がするし、

万が一バイリンガル教育が子どもに合わなくて身にならなかったとき、

あんなにお金かけたのに・・・って思ってしまいそうな自分が怖くて、

英語に限らず、習いごとにそれほど力を入れ過ぎないようにしています。

  

教育スイッチみたいなものが作動しないように、ゆる~くゆる~くをモットーにしているというわけです

 

 

教材の内容は別の方法でカバーできる

  

 

でも、英語力がないパパママにとっては教材の力って大事だと思うんだけど・・・

 

そう考えてしまう気持ちもとっても分かるのですが、

それは英語が苦手なゆえの思考も含まれているように感じます。 

 

このブログで何度も出している言葉なのですが、

英語って、ただの言葉なんです。 

 

本来、教材だとかお勉強だとか、そういうものを必要とすべきではない、

ただのコミュニケーションツールでしかないんですよね。

 

たしかに各教材は、子どもが楽しんで取り組めるような仕掛けがたくさんあって

パパママにとっては大助かりだと思いますし、

そこにメリットを感じるのであれば使うに越したことはないのですが 

教材が提供してくれる英語環境というのは、

だいたい身近なものでカバーできるものも多いのです。

  

 

CDの歌、DVDの映像はYoutubeで

  

このブログでたくさんご紹介しているように、

今や Youtube に英語チャンネルがゴロゴロ転がっています。

わたしもいろいろな教材タイプについて調査しましたが、

歌や映像はほとんど Youtube で見られるものと変わらない印象を受けました。 

 

極端な話、オンラインレッスンなど、"先生と生の英語でやりとりができる!"というタイプの教材でない限り、Youtube動画と大差ありません

 

  

 

 

  

 

教材に登場するキャラクターが好きで、そのキャラクターを介さないと興味を持ってくれない・・・

などという抜き差しならぬ事情がなければ、

Youtube動画でほとんどのレッスンをカバーできると感じます。 

 

年齢別やレベル別におすすめ動画をまとめた記事もたくさん書いています。

興味があればぜひご一読ください☆

 

 

  

テキストは絵本で

  

テキストをタッチするとその単語の音声が聞こえるというタイプの教材も多くありますよね。 

子どもはおもちゃ感覚で楽しめますが、ずっと同じ音、同じアクセント、同じ機械から放たれる英語を聞くことになるのがこの教材の特徴。  

 

"機械英語"といって、言語習得にはあまり好ましくないと個人的には考えます

 

以前、その類の教材絵本(絵をタッチするとその単語が聞ける)を触ってみたことがあるのですが

"Thank you" にしても "Good morning" にしても、とても大きく抑揚をつけた言い方の機械英語になっていて、

「日常会話でこんなお芝居みたいな喋り方しないな・・・」と、正直なところ思ってしまいました。 

 

言語習得をするなら、いろいろなアクセント、声色、イントネーションに耳を慣らさなければ

実用的に身につけるには程遠くなってしまいます。  

 

「英語を覚えよう!」というタイプの、日常的に使う単語がイラストと一緒に載った絵本がよくありますよね。 

わが家にある本で例えると、こんな感じのものなんですが・・・

 

 

f:id:englishforkids:20200612160127j:plain

 

 

f:id:englishforkids:20200612155856j:plain

 

こういった絵本と、Youtube動画のジャンルを合わせれば

教材ととても似た学習法になります。 

 

 

  

 

絵本に載っている英語ももちろん正しいし、Youtube動画も良質なものを選べば発音もきれいなので、決して"素人考えの間違った学習法"にはなりません

 

たとえばこういった絵本の、食べ物のページをパラパラとめくりながら、

Youtube動画はこのようなものを再生してみてください。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

 

絵本に載っている食べ物とズレはあるかもしれませんが、

絵本も動画も、また教材も、基本的に「日常的なもの」を題材とするので、

内容がまったく合わない、ということはあまりないのです。 

 

同じテーマの、いろいろな動画を繰り返し見ることで多種多様な英語の音に慣れ、

それらをミックスしたり扱いやすい部分だけ切り取ったり、頭の中で整理しながら、

少しずつその英語を「自分のもの」にしていきます。 

 

 

一種類の機械英語だけに頼らないことが大事!

 

  

もちろん音声は絶対というわけではないので、英語で読み聞かせができるパパママは

ぜひ洋書を取り入れてみてください☆

こちらの記事で、洋書の意外な入手方法などをご紹介しています◎◎

 

  

 

 

パパママを追い抜いてしまったら、新たな方法を探せばOK

  

低年齢のうちにおうち英語を始める場合は、お金をかけずにスタートできますが

特に英語が苦手なパパママの場合、

お子さんの英語力がぐんぐん伸びて、パパママの手に負えなくなってしまったら

おうち英語を卒業せざるを得ないときが来ると思います。 

 

パパママにネイティブ並みの英語力があれば、子どもに追い抜かれることもないと思いますが、初級~中級レベルの英語力だとあっという間に子どもの方が流暢になってたりしますよね・・・

 

おうち英語だけではもうどうにもならない、

子どもの言っていることが理解できなくなってきた(レベルが高すぎて)

というフェーズに突入したら、そのときの子どもにぴったりな方法を新たに探せばOK◎◎ 

 

その段階で英会話教室に入れば、結構上のクラスからスタートできるかもしれませんし

オンラインレッスンなど、マイクの調子次第で聞き取りに支障が出るような形でも

問題なく先生と会話が進むレベルに達しているかもしれません。 

めでたくそうなったときにお子さんと話し合って、新たな英語環境を見つけていければ理想ですね。

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

  

教材はプロが作っているものなので、クオリティーは確か。

それ相応の価値がありますし、対価もあります。 

けれど、教材を使う英語育児が合っているかどうかは、それぞれの家庭によって全然違いますよね。

 

義務感やプレッシャーを感じながら学ぶのではなく、

ごくごく自然に、英語が日常に溶け込んでくれる環境でおうち英語ができるよう

パパママ視点で、取捨選択をしてみてくださいね☆