ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

おうち英語にマスト!ご飯準備から食事中まで使える便利なフレーズを集めました



 

 

 

 

f:id:englishforkids:20201213072601p:plain

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

このブログで発信しているおうち英語情報の中で、

 

 

英語での語りかけが難しい!!

 

こういう時、英語で何て言うの?

 

 

というパパママ向けに設置したカテゴリ、「シチュエーション別おうち英語」。

 

 

日常生活で使えるフレーズや表現を、

いろいろな場面、シチュエーションごとにまとめています。

 

 

おうち英語での英会話や語りかけの参考にしてみてくださいね。

 

 

 

「シチュエーション別おうち英語」
を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちご飯で使えるフレーズ

 

 

おうちご飯は、準備をするところからバタバタが始まりますね。

 

お子さんにとってはきっと楽しみの1つであろう食事、

育児をしながらの料理は本当にせわしないですが、

余裕があるとき、ぜひおうち英語の舞台にしてみてください!

 

 

 

f:id:englishforkids:20200204114739j:plain

 

 

 

 

食事の準備中に使えるフレーズ

 

 

わたしが食事の準備を始めると、だいたい息子はキッチンに来て

 

 

 

Mummy, what's doing?

 

 

 

と絶え間なく話しかけてきます(笑)

 

 

 

 

ご飯が楽しみなようなので(食べないくせに・・・)、

料理系、食事系の英会話は覚えるのも早かったです◎◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理中でもサラッと返せる表現をまとめてみますね。

 

 

  I'm making your breakfast/lunch/dinner.(朝ごはん/お昼ご飯/夕飯 作ってるよ)
  Wait for a little bit more.(あともう少し待っててね)
  I'm cutting a carrot.(ニンジン切ってるんだよ)
  I'm chopping an onion.(玉ねぎをみじん切りしてるんだよ)
  Do you wanna try to peel this potato?(じゃがいもの皮むきしてみる?)
  Keep away from the kitchen and stay there, ok?(キッチンに来ないでそこにいてね)
  What do you want in your soup?(スープの具材、何がいい?)

 

 

 

 

食事中に使えるフレーズ

 

 

続いて、食事中の会話。

わが家のやりとりを全部公開するみたいでお恥ずですが(笑)

こんな会話が繰り広げられています。

 

 

 

【 食前 】

  Let's eat!(さぁ食べよう!)
  Have a seat.(座って)
  Do you want me to push your chair?(イス押そうか?)
  Do you want me to pull your chair closer to the table?(イス、もっとテーブルに近づけようか?)
  Pick out your furikake.(ふりかけ選んでいいよ)

 

 

【 食事中 】

  How is it?(おいしい?)
  Do you like that?(それ好き?)
  I know this is your favorite.(これ好きだよね)
  Use the chopsticks.(お箸使いなよ)
  Use the spoon to scoop it.(スプーンですくいなよ)
  Don't use your hand to eat.(手で食べないよ)
  Hold your bowl with your left hand.(お椀を左手で押さえて)
  Careful not to spill your tea.(お茶こぼさないように気をつけて)
  Do you need a tissue?(ティッシュ要る?)
  Are you not gonna eat that any more?(もう要らない?)
  Can I clean your plate?(お皿片付けていい?)
  Do you want more?(おかわり要る?)

 

 

 

なんだか注意してばかりですね(笑)

どこの家庭でも日常茶飯事であることを願っています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

外食先で使えるフレーズ

 

 

続いて、外食時に使える表現たちをご紹介していきます。

 

 

 

【 お店選び・メニュー選び 】

 

  Where do you wanna go for lunch today?(お昼ご飯、どこ行きたい?)

  They have your favorite ramen here.(ここはあなたの好きなラーメンがあるよ)

  Let's go to this restaurant because we've been there before.(そこは行ったことあるから、今日はこのレストランにしようか)

  Let's choose our food!(食べ物選ぼう)

  You can pick up one toy.(1つおもちゃを選べるよ))

  Which one do you wanna eat, curry rice or hamburg?(カレーとハンバーグどっちにする?)

  Can you please press the bell?(ベル押してくれる?)

  Let's go bring our drinks.(飲み物取りに行こう)

 

 

 

【 食事中 】

 

  Here you go, this is your curry rice.(どうぞ、あなたのカレーだよ)

  Look at that! So beautiful!(見て、おいしそう!)

  Potatoes came with your food.(ポテトがついてきたね)

  Do you think you can finish it all?(食べきれそう?)

  Are you gonna share it with me if it's too much?(多かったらママとシェアする?)

  Do you wanna try this?(これ食べてみる?)

  Do you want a bite?(一口食べてみる?)

  Not too much ketchup.(ケチャップかけすぎ~)

 

 

 

こんなところです。

完全に外食先がファミレスだということがバレましたね(笑)

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200306225028p:plain

 

 

 

 

「おいしそう」を「Beautiful」と言っているのは、

お子様メニューの見た目がきれいだということも含めての表現です!

 

Delicious や Yummy はもう使いこなせているので、

せっかくだからいろんな表現を子どもたちとシェアするため、

覚えやすく使いやすい形容詞を会話の中にたくさん出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

ウチでも使えそう!という表現はありましたでしょうか?

 

わが家はまだ子どもたちが4歳と2歳だということと、

言葉の成長ペースがのんびりなことも踏まえて、

極力シンプルな言葉を使うようにしています。

 

あらためて読み返すと、単語自体はとっても単純ですよね。

 

 

 

日常生活での声かけは、簡単そうに見えて実は大人にとっても

勉強になる場面がたくさんあります。

 

わたしも、「こういう時どういう表現をしよう?」と思ったらすぐに調べるか、

その場は間に合わせ的な英語で返答して、あとで調べて学習したりしています◎

 

 

 

 

高校生の頃、とある先生が

 

 

「日常会話レベルの英語なら」って大したことないイメージで使われるけど、日常会話ができるってすごいことだよ?
日常会話なんて相手ありき。どんな話題が振られるか想像もつかないんだから。今朝の政治のニュースについてかもしれないし、相手の好きなマイナーなバンドの話かもしれない。
どんな話題にも対応できる万能な英語力こそ、「日常会話レベル」というべき!

 

 

 

 

と言っていたのが今でも心に残っています。

そう、「日常会話=会話」だと思ったら大間違い!

 

相手が誰でも、自分の子どもでも、どんな話題になるのかは当事者次第。 

どんな話を振られてもそれなりに返せるぐらいになって初めて、

日常会話レベルなら話せます、というべきだとわたしも思います。

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200313090209j:plain

 

 

 

 

 

この「日常会話レベル」に親子で到達するためにも、 

普段の声掛けややりとりを数こなしていきたいですね☆