ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【英語育児】トイトレからおうち英語をしよう|トイレに関する英語



 

 

 

f:id:englishforkids:20210719094630p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

このブログで発信しているおうち英語情報の中で、

英語での語りかけが難しい!!

こういう時、英語で何て言うの?

というパパママ向けに設置したカテゴリ、「シチュエーション別おうち英語」。

 

日常生活で使えるフレーズや表現を、

いろいろな場面、シチュエーションごとにまとめています。

おうち英語での英会話や語りかけの参考にしてみてくださいね。

 

「シチュエーション別おうち英語」
を見る

 

 

 

  

意外とややこしい「トイレ」を表す英語

 

「トイレ」を表す表現、日本語だと「トイレ」「お手洗い」あたりがメジャーですよね。

「便所」もありますが、あまり使う機会はないと思います(笑)

ところが、英語だと意外とたくさん言い方があって、

国や地域、方言によってニュアンスも違ってくるので、間違えやすいところなんです。

 

「トイレ」を表す英語をざっと見ていきましょう。

 

  Toilet
  Bathroom
  Restroom
  Lady's/Men's room
  Washroom

 

どれも聞き覚えのある単語なのではないでしょうか。

欧米では、ユニットバス(お風呂とトイレが1つの部屋にある)が主流なため

本来「浴室」を表す Bathroom に「トイレ」という意味も含めてしまうことがあり

お風呂とトイレが別になった家も多い日本では、少々分かりづらい表現かもしれません。

 

1つ1つにどんな意図、違いがあるのか見ていきましょう。

 

  Toilet(わたしたちがイメージする一般的な「トイレ」がこれ!)
  Bathroom(お風呂やシャワールームとトイレが1つになった部屋を指します。アパートやホテルにあるユニットバスは Bathroom と呼びます。)
  Restroom(会社や公共施設にある、個室がたくさん並んだトイレはこう呼びます。)
  Lady's/Men's room(女性用トイレ、男性用トイレの呼び方。ちょっと品が出ます。)
  Washroom(主にカナダで使われるトイレの表現です。)

 

このように、微妙な違いを含みながらも全部「トイレ」として会話の中で使うことができます◎

どれをどういうタイミングで使ったら間違い!みたいなことはあまり気にしなくて大丈夫★

 

 

 

 

  

トイトレに使える英語フレーズ

 

それでは、おうち英語でよく使う「トイレ」「トイトレ」に関する英語表現を見ていきましょう。

 

まず、「トイトレ」は英語で Potty training といいます。

もともとは「おまる」を表す Potty という単語に、日本語と同じように Training をつければ

トイトレを表す熟語になるというわけです。

 

  I wanna go potty!(トイレ行きたい!)
  You have to go potty any minute now.(そろそろトイレに行っておいたほうがいいよ)
  I gotta go potty!(おしっこもれちゃう!)

 

親子間のやりとりであれば、こんなふうに Potty という単語を使って

トイレに関する会話をしてみるのも良き◎◎

 

ただし、友人や大人の人の前で幼児語の Potty を使うのはやめましょう(笑)日本語でいう、「ちっち」とか「シッシ」っていう感じの表現になってしまうので、相手がぎょっとしてしまうかも。。。

 

 

トイトレ頑張ろう!鼓舞する英語フレーズ

 

トイトレ中、ヒヤヒヤしてしまうのが「トイレ大丈夫かしら?」と思いながら

リビングや外で遊ばせている、永遠とも感じられる長い時間(笑)

ぬいぐるみやソファの上で失敗されなきゃいいな、

外にいる場合、失敗されたらどこで着替えよう、公衆トイレは汚いし、、、

そんな不安で頭がいっぱいになりますよね。

 

英語での語りかけフレーズをサクッと覚えてしまって、

毎日何回も何十回も声をかけるようにしていけば、

トイトレにもなる上に、自然と英語が耳に入る環境を作ることができます!

 

  Do you wanna go potty?(トイレ大丈夫?)

  Let's go potty before we leave.(出発前にトイレ行っておこう)

  You have to go potty when you get up.(朝起きたらトイレに行ってね)

  Don't hold it, okay?(トイレは我慢しちゃダメよ、わかった?)

  Do you know where the potty is in this park?(この公園でトイレがどこだか分かる?)

  Let me know when you wanna pee.(おしっこしたくなったらママに教えてね)

  Let's try not pee in your pants.(パンツにおしっこしないように頑張ってみよう)

 

このようなフレーズで、トイレがいかにわたしたちの生活に身近なものなのか

自然なかたちで教えてあげられるといいですよね^^

これだけ Potty を連発していたら、Potty と「トイレ」が子どもの中で関連付くのも時間の問題!

 

Potty は楽しいことでもなんでもない、ただ生理的欲求を満たすだけの「日常」。

そういう「日常」こそ、おうち英語のトピックにぴったりなんです☆

もしトイトレがまだなら、ぜひ英語で行ってみることも考えてみませんか?^^

 

 

 

 

トイレに成功/失敗したときの英語フレーズ

 

続いては、トイトレ真っただ中!成功したときと失敗したときのリアクションを英語で取ってみましょう。

まずは、1度でも成功すると親のほうが飛び上がって喜びたくなる(笑)成功時のリアクション。

 

  You did it!(やったじゃん!)

  Now you're a big boy/girl!(わぁ~もうお兄ちゃん/お姉ちゃんだ!)

  Did you pee in a potty? Hurrah!(トイレでおしっこできたの?やった~!)

  Give me high five!(ハイタッチしよう!)

  Now you don't need a diaper!(オムツもう要らないじゃん!)

  You did it all by yourself!(1人でできたじゃん!)

  Thank you for letting me know that you wanna go potty!(トイレ行きたいってママに教えてくれてありがとう!)

 

オムツ要らないじゃん!や、もうお兄ちゃん/お姉ちゃんじゃん!という表現は

日本語と同じく、そっくりそのままの意味で捉えるというよりは

子ども本人を大げさに持ち上げる感じで、テンション高めに言ってみると

英語らしく、とてもダイナミックな表現になります☆

 

続いては、失敗してしまったときの英語でのリアクションを見ていきましょう。 

 

  You almost did it!(惜しかったね!)

  You wet your pants again.(また漏らしちゃってる)

  Did you pee in your pants?(パンツでおしっこしちゃった?)

  Next time!(次頑張ろう!)

  Do you wanna wash your leaky pants with me?(お漏らししたパンツ、ママと一緒に洗おうか)

 

個人的に「Next time!」という省略しすぎな表現が好きで、

「ハイ、次次~!」とさらっと流す感じで言うと、シンプルだけどもポジティブな思いが伝わります☆

 

もう漏らしてしまったことに対してネチネチ怒ったところで、もう洗濯と床掃除は決定事項なわけだし、時間は戻らないしね、、、

 

 

 

 

 

トイトレ完了後のトイレで使える英語フレーズ

 

さて、トイトレも無事に終了し、子どもが自分でトイレができるようになったら

今度はこういった語りかけフレーズが使えそうです。

 

  Are you gonna to the toilet?(トイレ行く?)

  You shouldn't hold it.(我慢しちゃダメよ)

  You are supposed to go in the girl's toilet.(女の子用のトイレに入ってね)

  Are you gonna do that all by yourself?(1人で入るの?)

  Can you wipe your bottom?(お尻拭ける?)

  Please don't lock the door, just in case.(念のため、ドアはロックしないでくれる?)

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、トイトレも終わりちゃんとトイレに行けるようになると、

そろそろ Potty という単語とはお別れになります👋

Toilet や Washroom など、大人が使う単語を意識的にかけてあげるようにしましょう。

 

こういった取り組みによって、

Potty と Toilet はどうやら同じ場所のことを指しているようだけど、自分はもうお兄ちゃん/お姉ちゃんだから Potty というのはやめて、パパママと同じように Toilet と言ってみよう

と、自然に気が付くきっかけにもなります★

 

  

「おしっこ」「うんち」と言うのが恥ずかしくなったら

 

そして、就学に近づくにつれて

「おしっこ」や「うんち」、英語で言うと「pee」や「poo」という単語を使うのが

恥ずかしくなったり、濁して言うようになったり、という変化が見られるかもしれません。

そうなった暁には、めでたく大人が使うトイレ用語を教えてあげて

お兄さん/お姉さんの仲間入りを果たしてあげましょう!

 

 

 

 

 

日本語でも「大」と「小」という表現をしたりするように、英語にも隠語があります。

 

  おしっこ=No.1
  うんち=No.2

 

日本語のニュアンスと似て、No.1 と No.2 で言い表すことができるんです★

 

  Are you gonna go to the toilet and do the No.1?(トイレで小さい方する?)

  I know you don't wanna do the No.2 anywhere other than your own house.(家以外の場所で大きい方したくないよね、分かるよ)

 

こんなふうに名詞として使うので、do と一緒に文章に入れてあげましょう。

 

使い方は意外とシンプルなんだよ

 

 

おわりに

 

以上が、トイトレからトイレまで使える英語フレーズでした。

 

「トイレ」を表すだけでたくさんの英語が出てきてややこしいと思いきや、

トイレを促したり、成功したときに褒めたりするフレーズを使い回すこともできて

シチュエーションが限られているので、手をつけやすいのではないかと思います。

 

トイトレを始める年齢ともなれば、言語のニュアンスや感覚も掴みやすい、言葉の伸びる時期!

ぜひトイトレから英語育児を始めてみませんか?^^