ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

【超基本】英語力が伸びない?習得スピードを上げる3項目を要チェック



 

  英語学習、もうずいぶん長く続けているのに思うように伸びない・・・
  英語の伸びが止まってしまった気がする・・・もしかして停滞期?
  こんなに頑張っても英語力がつかないのは、やり方が間違ってるのかな?

  

英語を長く勉強すればするほどぶつかる、「英語力が思うように伸びない」という壁。

   

実は中学・高校で一度通っている基礎レベルは、

意外にもとんとん拍子で勉強できてしまうものなんです。  

アルファベットはもちろん、Apple や Coffee など簡単な単語だったら数十個、数百個は

読める状態からスタートできますから、学習法にそこまでこだわらなくても

ちょろちょろっと暗記する程度なら難なくできてしまうんですね。

  

ただ、基礎を過ぎたあたりからは

同じような勉強法でスムーズに頭に入るわけではない、、、という新たな難関が。

  

英語は、基礎を過ぎたら

やみくもに手を出したり無意味なことを延々と続けてしまうことのないよう、

「やり方を決めること」から丁寧に行うことをおすすめします。 

  

わたしは現在、TOEICで835点相当の英語力がありますが

幼少期に海外経験があるわけでもなく、後天的に英語を習得したタイプの純ジャパ。 

そんなわたしも経験してきたこれらの壁。

それを突破できた方法を3つ、ご紹介していきます。  

 

  やり方を変えてみたらとてもしっくり来て、英語学習がスムーズになった!
  いろいろなやり方を試してみたら、どれも良い点悪い点あって、いろいろ融合してみることにした!
  自分では思い付くことができなかった方法が、結局一番自分に合っていることに気づいた!

  

学習方法を模索してみることで、こんな変化が見られたり

英語学習にメリハリが生まれて、いっそうはかどるかもしれません☆

 

  

 

f:id:englishforkids:20210124104303p:plain

 

  

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

どうして思うように進まない?チェックしてみよう

  

英語に限らず、勉強ってやり方を間違えるとなかなか進まないですよね。

 

特に新しい分野を開拓すると、まず何から始めたらいいのか、

何から覚えるのが効率的なのかも分からないままやみくもに単語を暗記してみたり、

ノートにつらつら書いてみたりしている人も多いのではないかと思います。  

 

思うようにはかどらず、もうやめたい・・・ 

 

 

f:id:englishforkids:20200618081936p:plain

 

  

なんてお悩みの方、下記の項目をぜひセルフチェックしてみてください。

 

  

 

レベルは合ってる?

  

その分野の勉強を始めるにあたり、また継続するにあたり

自分が今どのくらいのレベルにいるか把握していますか?  

独学だと、実力試しや模試を気軽に受けられない場合が多いと思いますが

初級・中級・上級のどこに属しているかだけでもざっくり認識しておくと、

勉強の進め方も定まってきますよ。

  

自分の実力を知るには、まず初級の問題から解いてみること。

  

初級がラクラク解けるようなら中級へ、それもクリアしていたら上級へ、と

徐々に難易度を上げて、「これ以上になると厳しい!」となったら

そのあたりから強化するのが妥当といえそうです。  

 

英語だったら、「やり直し英語」という言葉が知られているように

中学や高校の問題集から始めてみると、自分のレベルがあぶり出されるかもしれません。

 

英語以外の言語であれば、たとえば

英語とアルファベットが似ている言語(スペイン語やイタリア語など)だったらある程度単語力は備わっているかもしれませんし、 

逆に日本語と似た韓国語だったら、初級の問題を解いてみると案外理解できてしまったりするんです!  

 

日本語と韓国語は、字面こそまったく違うけれど読み方は似ていたり、単語によっては日本語とまったく同じ発音をするものもあるんですよ

 

   

 

 

 

 

 

 

正しい学習ステップ踏めてる?

  

始めるレベルを見誤るのと同じくらいトリッキーなのがこの、ステップを踏んだ学習ができているかどうか。

  

勉強法は完全に個人差。

人によって合う合わないもありますから、一概に何が正しいとは言い切れないのですが  

たとえば前述した、初級の問題集で勉強していた場合

5級の単語を完璧に覚えたあと、4級の単語に進んだりはしないですよね。 

  

5級単語のあとに4級単語って、そんな単語ばっかり覚えたって実用性は身に付かないもんね

   

5級単語をマスターしたら、

検定試験の合格を目指す方だったら次に文章構成や文法に進んだり

コミュニケーション力を上げたい方だったら、その単語を用いた会話練習に移ったり

するのではないかと思います。

  

効率的に学習できる「順番」というのは、個人差はあれどどの分野にもベースとなる形は存在しているはずです。

学びたい分野について調べる中で、そこをリサーチしてみてはいかがでしょうか? 

  

英語学習における学習の順番。

それについてはこちらの記事で詳しく解説していますので

英語学習者の方はぜひ、参考にしてみてくださいね! 

 

  

 

 

 

 

 

  

 

小さな努力を怠っていない?

  

これもよくある落とし穴。

特に、何事も即効性を求めてしまう方がこうなってしまいがちです。

 

わたしも正直そのタイプなのですが、言語学習においては経験も長いということもあり

積み重ねがいかに大切か身をもって感じてきましたので、

小さなことをたくさん、コツコツと続けて、大きな結果に結びつける努力が

できるようになりました。 

 

 

f:id:englishforkids:20200618082057j:plain

  

 

さて、キーポイントはここなんです。  

 

人はよく言いますね、

小さなことからコツコツと。

  

 

 

 

 

小さなことからコツコツと。

 

 

 

  

 

 

小さなことからコツコツと。(しつこい!)

 

 

 

 

 

 

 

これが難しいんですよ。

序盤で言った「落とし穴」とはまさにこのこと。

小さなことから始めるほうがハードルが高い場合もあるということなんです。

  

わたしも経験者なのでとてもよく気持ちが分かるのですが、

小さなことから始めたってすぐ効果なんて出ないって思ってしまうし、実際そうなんです。

 

だったら即効性のあることから試す方が効率的じゃん!という考えから、

ネットでおすすめされている問題集や教材にやみくもに手を出し、結局自分のレベルと合わずに玉砕、、、  

かといって、1マス戻って「小さなことからコツコツ始める」気も起きないんですよね。 

  

読んでくれてるそこのアナタ!同じ同じ~!

 

   

 

 

 

 

 

そんな、「小さなことからコツコツやる気はなかなか起きないけど、ガツン!と効果のあるやり方ならチャレンジする自信ある!」という方におすすめしたいのが、次にご紹介する方法。

 

  

少しだけ高いレベルから攻めてみよう

  

「小さなこと」でもない、「挫折してしまうほど高いレベル」でもない、

自分のレベルよりも少しだけ高いところからスタートしてみる、という方法です。  

 

これをするには、前述した「自分が今どのくらいのレベルにいるかを把握する」ことがとても重要。 

自分がどの辺りにいるかどうかが分からないと、「少し高いレベルから始める」というのも難しいので、

先程ご紹介した「初級の問題から解いてみる」などの方法で、レベルチェックや自己分析は済ませておいてくださいね☆ 

 

例として、初級の単語から覚えていきたい!という場合。  

ただただテキストに書かれた単語を単語帳に書いたりして暗記する、という方法では

なかなか頭に入らず、身体にもしみ込みません。 

そういった典型的な学習法から少し離れて、英字新聞やコラム記事を読むという方法に切り替えてみましょう! 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200618082246j:plain

 

  

 

これは、単語学習に持ってこいなのはもちろん、ただの暗記学習から一歩踏み込んだ学習法。

単語以外のいろいろな面で学びにつながる、とっても効率のよいやり方なんです!

  

新聞記事だったら政治・経済の動向についても情報を得られるだけでなく

タイムリーなニュースとともにそれに関連する単語をまとめて学べるので、

頭の中で単語同士が結びつきやすい。

  

まさに、英語「を」学ぶのではなく

英語「で」学ぶというロジックです。

 

 

 

 

 

 

わたしは毎朝、英字新聞を読むのが日課なのですが、

金フレだけを使ってビジネス英語を学んでいたころと比べると

単語を覚えるスピードが格段に上がりました☆

  

似たような記事に同じ単語が繰り返し使われていたり、

「あれ?これと響きの似た単語を前の記事で見た!」ということもあるので、

新しい語だったとしても、意味の推測がしやすかったりするんです。

 

 

 

f:id:englishforkids:20200618082405j:plain

 

 

 

これは、バイリンガル育児で「多読」が大切だと言われている原理と一緒。 

 

読みやすい記事をとにかくたくさん、似たような文章でも、数をこなせば

同じ単語に何度も出会ったり、久しぶりに目にする単語でも頭の隅で眠っていたりします。 

忘れては思い出し、また学び、少し記憶に留めておくことができるようになり、、、

そんなことを繰り返していくうちに、いつの間にか膨大な数の単語が頭に叩き込めるようになっていくのですね☆

 

単語だけを、なんの関連付けもなくひたすら暗記する作業よりも断然効率的で、楽しく充実した学習法。

学習スピードを上げたい!方法を変えたい!と思っている方はぜひ試してみてくださいね☆

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ちなみに、わたしが購読しているのは Japan Times Alpha という新聞です。  

総合的には中級ぐらいのレベルかな?とは思いますが

中には初級レベルの記事もありますので、初心者の方でも気軽にチャレンジすることができます☆ 

 

 

 

おわりに

  

今回ご紹介した方法は、実際にわたしも伸び悩んだ時期に1つ1つ試してみたもの。

それにより英語の習得スピードも効率も、格段に上がりました。

 

もっとパンチのある、効果的な学習方法を見出したい!と模索している英語学習者のみなさんにとっても、参考になったら嬉しいです。