ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

毎日ドタバタの2児ママでもTOEIC835点!英語勉強ルーティンを赤裸々公開



 

2児の母としておうち英語に励むわたしも、自分の英語勉強は続けています。 

できるだけ長くおうち英語ができるように、子どもに追い抜かれない英語力を維持しなければならないし

何より英語が好きで、常に英語力の向上を目指して生きているタイプの人間だからです。  

 

上の子が幼稚園児、下の子は未就園児、在宅ワークをしながら週6ワンオペ主婦のわたしが

TOEICで835点を獲得するまでにしていた勉強法とスケジュールを公開します! 

 

  家事に育児に忙しくて、勉強したくてもできない!
  育児は思い通りにできないし予定通りにも終わらないから、勉強時間が作れない!
  勉強している主婦の人、一体いつやってるの!?

 

というギモンをお持ちの方の参考になれば嬉しいです☆ 

 

 

f:id:englishforkids:20201210173459p:plain

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

勉強しているのは「英語」と「韓国語」

  

わたしが今現在勉強中なのは英語と韓国語。 

おうち英語をしていることや、もともと英語が好きだという理由で

英語のほうに重きを置いてはいますが、その中にちょろっと韓国語勉強の時間を入れています。  

 

ずっと英語ばかりやってても頭が疲れてきちゃうし、韓国語を間に挟んで「味変」するみたいな感じです(笑)

 

 

f:id:englishforkids:20200326165542j:plain

  

英語

  

  英字新聞音読(1日2ページ)
  ↑の分からない単語を調べて書き出す
  金フレ

 

基本的にわたしのTOEIC対策は「英字新聞」と「金フレ」。 

リーディングのパートで点数を上げたいのと、TOEICやビジネス向けの語彙を増やしたいという2つの理由から、

英字新聞と金フレで徹底的に力をつけようという作戦です!

 

 

英字新聞と金フレを使った勉強法についてもまとめていますので、

こちらの記事を参考にしてみてください☆

  

 

 

 

 

  

韓国語

  

  テキスト(1日5ページほど)

 

韓国語はまだまだ初級レベルなのでリスニング中心にやりたいのですが、

子どもがいるとなかなか集中できないので(全神経集中させないと聞き取れない初心者レベル)

とりあえずテキストをやる!という目標を立てておいて、

子どもが寝静まったあとなんかにテキストのリスニング問題を解いたりしています。

 

 

今はこれに落ち着いているのですが、

すこし前までは、頑張ってリスニングから始めるステップを踏んでいました。

こちらの記事で紹介していますので、気になる方は読んでみてくださいね☆

  

  

1日の勉強スケジュール

  

だいたいこんなスケジュールで勉強時間を確保しています。 

 

~朝~ 

7:00  起床、子どもたちにご飯食べさせる

7:30  洗濯おわるのを待っている間に英字新聞の音読、分からない単語にアンダーラインを引く作業

   

~日中~ 

9:00~12:00  公園遊びや買い物など

12:30       子どもたちと一緒にお昼ご飯

             そのあと室内遊び&昼寝させる

        場合によってはももう一度公園へ・・・

17:00       夕飯準備

  

子どもの昼寝中などスキマ時間に、細切れでも問題ない作業をちょこちょこと終わらせておきます。

 

  アンダーライン引いておいた単語を調べて書き出す作業
  金フレ音読して発音練習
  在宅ワーク

 

~夕方・夜~ 

18:00  夕飯

19:00  お風呂

20:00  寝かしつけ

  

子どもが寝たあとに、ガッツリと時間を確保したい作業、1人で静かに集中したい作業をやっと始めることができます。

 

  金フレのリスニング
  韓国語テキストを解く
  日中、中途半端になった在宅ワークをここで終わらせる

  

書き出してみると、やっぱり子どもたちと過ごす日中の時間帯は

勉強らしい勉強はほとんどできていません。 

昼寝中か、夜寝静まった後でないとなかなか集中できないし、

頭にも入らないし、効率が悪いですね。

  

 

 

 

 

現実的かつ厳しめに予定を立てること

  

家事、育児、そして在宅ワークの合間を縫っての勉強なので

継続させるため、効率を上げるために気をつけていることがあります。 

ポイントは、無理をしない程度に、かつ自分に厳しくというきわどい塩梅で

勉強スケジュールを立てること。 

 

 

f:id:englishforkids:20200212222110p:plain

 

  

従来のやり方にのっとって律儀に進めていくよりも、

オリジナルの勉強法を確立してしまうほうが長い目でみると効果的です。 

ほかの誰かがやっている勉強法が

自分の性格や生活リズムに合っているとは限らないですし、

わたしのように子どもを持つ主婦だと、どうしても子どもが最優先になるので

正直、「勉強」の優先度は総合的に見て低くなりがちですよね。 

 

育児、仕事、息抜き、、、優先度の高いルーティーンに支障がないようにしたいですよね!

   

それには、自分に合った勉強法を模索することが一番!

 

  

 

 

 

 

誰かがすすめている勉強法が自分にも合うかは分からない

  

たとえば、一般的には「ノートに書くだけでは覚えられない」と言われたりしますよね。

あと、赤シートと単語帳で暗記するほうが効果的、なんていう意見もあったり。 

 

一般論はそうかもしれませんが、わたしは真逆のタイプなんです。 

昔から"ノートに書く作業"が好きで、何時間でも集中できるくらいなので

単語帳を赤シートで隠して読んでいく作業よりも、書く方が合ってるんです◎ 

 

といっても、はじめての言語を勉強するにあたって「書く」ところからスタートするのは正しいとは言えないので、学習する順番は気をつけないといけませんが・・・

  

自分の向き不向き、好き嫌い、形から入るのか、実用性重視なのか、

できるだけストレスの少ない方法で続けられる勉強法を見つけてみてくださいね。 

 

自分に合った勉強法の見つけ方についても、わたしの体験談をもとにノウハウをまとめています。

  

 

隙間時間にできる作業を用意しておく

  

わたしに限らず子どもを持つ主婦のみなさんは、何をするにも細切れ作業ですよね。 

食事だって何度も中断しながら、最終的に冷めたご飯を食べますし

トイレだってまともに行けないママもいます。 

食器洗いとか洗濯とか、一見簡単そうに見える家事でさえも

とにかく何一つ最初から最後まで通して終わらせることができない、それが育児です。

 

なので、勉強も最初から細切れ作業としてスケジュールを組んでしまえばいいのです◎◎

  

テキストを1日〇ページやりたかったら、何時間も確保するのではなく

子どもが1人遊びをしている隙に1ページ解き、

子どもが昼寝している間に残りを解く。

終わらなければ夜、子どもが寝たあとに終わらせる。 

 

英字新聞を読むルーティンを作りたかったら、

5分の空き時間に1記事、15分くらい時間が取れるなら2記事、3記事、

育児をしながら新聞記事を3つも読めればはなまるではありませんか! 

 

リスニングだったらわたしのように、子どもが寝静まったあとイヤホンでゆっくり聞くもよし、

日中にやりたい!というのであれば、かけ流しをして

家事・育児の間に無意識に耳に入るようにしておくだけで全然違いますよね。 

 

何時間も要する勉強スケジュールを組むと、結局現実的じゃないから継続できませんよね。継続できなければ、勉強の意味がない。
勉強スケジュールは、最初からちょこちょこやるつもりで"細切れ作業"をいくつも用意しておくと、急に時間ができたときにパッと手を付けやすいですよ

 

 

隙間時間の活用法については、こちらの記事に詳しく書いています。

「隙間時間がいつも無駄になってしまう」という方にぜひ読んでいただきたいです! 

 

 

 

 

 

 

 

サボったらペナルティーを課す

  

無理をしない勉強スケジュールを立ててはいるものの、

育児中ということもあり、なかなか思い通りにはいかないのも事実。

 

  今日は夜間の勉強はやめて、子ども達と一緒に寝ちゃおう
  まだやること残ってるけど、疲れたから今日はおしまい!
  できると思って予定立てたけど、実際やってみたらキツかったな

 

なんて思って、サボることも多々あります。 

ですが、サボった作業はそのままにせず、翌日以降に持ち越すという自分ルールを設けています。  

 

自分にできそうな、無理のないスケジュールを立てつつも、それすらサボってしまった時にはちゃんと罰則を与える、というのが
現実的かつ厳しく、という本質的なところです

 

このペナルティールールのメリットは、いい具合に自分のお尻を叩けること。 

 

サボった分が翌日に持ち越されると、翌日の作業が増えるわけですが

当然、もともと予定されていた勉強スケジュールがあって、そこに上乗せされるわけですよね。 

 

ふつうに考えて、キツいわけですよ。笑 

 

そうなってくると、翌日の自分が楽できるように

その日の勉強スケジュールはその日に終わらせようと意識するし

安易にサボって持ち越さないようにする。 

サボらないために朝からペース配分を考えて行動したり、

少しのスキマ時間も見逃さず、活用できるようになる。 

 

すべてが循環して、よいペースが出来上がっていくんです◎◎ 

  

 

 

 

 

 

子育ても同じですよね。特にワンオペ主婦は、「5分後の自分が楽できるように」「明日の自分が楽できるように」先を読んだ行動を心がける癖がすでについているのではないかと思います。

 

 

 

おわりに

  

子どもがいる時間帯はまともに勉強時間も確保できず、

ガッツリ勉強しているようにはとても見えないスケジュールではありますが

これでも自分的にはすっごく頑張っている方で、やることに追われている毎日です。 

 

逆に言えば、育児をしている身としてはこれが限界(笑) 

 

それでも、この勉強スケジュールで

TOEICでは自己最高得点をたたき出すことができ

もっともっと高得点を取りたいと、モチベーションアップにもつながりました!

 

子どもも日々成長し、毎日の生活スタイルも変わっていきます。

これからも自分に合った勉強法を模索しながら、長く継続していくことを目標にしたいと思います。