ママとこどものおうち英語

*** 英語おたくママによる、ゆるく楽しいおうち英語ライフ ***

英語の語りかけはハードルが高い!?もっと気軽に始めてOK|やり方とコツ



 

 

 

おうち英語って、教材や動画を使うことはできるんだけど、実生活での語りかけや会話がなかなかうまくいかない・・・

 

 

会話をずっと英語にするっていうわけにいかないから、日本語会話の途中で突然英語が入ってくる、みたいな不自然な感じになっちゃう・・・

 

 

 

おうち英語でこんなお悩みを抱えていませんか?

 

 

読み聞かせや動画視聴はすぐに手をつけられるけれど、

リアルな会話となると一気にハードルが上がりますよね。

 

 

この記事では、日常会話を英語に切り替えるという形でおうち英語を始めたわが家での取り組み内容をもとに、

気軽にトライできる英語の語りかけ方法についてお話します。

 

 

 

日常会話を英語にする、という難しい考え方をせずとも、

簡単なことから「日常化」は叶ってしまうんです!

 

すぐに始められるものばかりなので、記事を読み終わったらさっそく実践してみてくださいね☆

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20210107100334p:plain


 

 

 

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の語りかけはストレスフル!?

 

 

わが家でおうち英語をするにあたり、生活の中で一番変わったのが

日常会話を英語に切り替えること でした。

 

 

 

でも、冒頭でお話したお悩み同様、

今まで日本語で生活していたのが突然英語になる、というのは思った以上の環境の変化。

同時に大きなストレスになるんです。

 

もともと英語力があるパパママでなければ、そのストレスは倍増しますよね。

 

 

 

それも、留学やワーホリで英語圏にポンッと入っていくストレスとはまた別物。

  

 

英語圏に飛び込んで、英語しか話せない状況になるのは

もはやそこで生きていくためにそうするしかないので

何が何でもがんばらないといけないですが 

 

おうち英語で日常会話を英語にするという選択の辛いところは

 

 

やめようと思えばいつでもやめられること。

 

 

 

 

f:id:englishforkids:20200212222530j:plain

 

 

 

 

 

子どもでもなく誰でもなく、すべて自分のさじ加減ですし

自分の判断で、「や~めたっ」が叶ってしまう状況、

これは生殺しというか、自分にかかる圧がスゴい。

 

 

 

やめようと思えばいつでもやめられるけど、簡単にやめていいものでもないし、できればやめたくないけど、やめたいと思ってしまうこともあるし、やめても生きてはいけるし、でもやっぱりやりたい・・・

 

 

  

 

日常会話をまるっと別の言語に切り替える形での「おうち英語」は

もともと話せる人でなければ、気軽に続けられるものではないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、「日常会話をすべて英語に」とか「生活の中で頻繁に英語を出すようにする」

などと難しく考える必要はありません。

 

それが簡単にできていたら、世の中全員がマルチリンガルになっているはずですし

英語はただの言葉なので、どんな形でも「日常化」するのが何より大事なことなんです。

 

そして、後述しますが、その「どんな形でも日常化」というのは

たとえ1日の中で登場する英語が2つや3つだとしてもOKなんです◎◎

 

 

 

 

わが家で英語を日常化した2つのステップ

 

 

わが家でおうち英語をスタートしたとき、ムスコはすでに日本語はペラペ~ラ・・・

と思いきや、のんびり屋の彼はまだそこまでお話が上手ではありませんでした。

 

 

一般的に3歳2ヶ月というと、おしゃべりもある程度上手になってきていて

おうち英語を始めるには少し遅めという印象を受けると思いますが、

ムスコの場合、この年齢くらいがベストタイミングだと判断して

晴れてスタートを切ったというわけです。 

 

 

それでもムスコは3歳を過ぎていて、ある程度のコミュニケーションは日本語で取れていましたし

娘も少しずつ、「ワンワン」「んまい」など日本語の単語が出始めていた頃だったので

やはり突然英語で話しかけると、ふたりとも「???」という顔をしていました(笑)

 

 

それを目の当たりにし、

「わが家の場合、今を逃したらもうタイミングがないかもしれない!」

と危機感を持ったのを覚えています。

 

 

 

そんなわが家で、どのようにして英語を日常化していったのか?

スタート時に実践していた2つのステップをご紹介します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. はじめは英語の時間を決めよう

 

 

これは一番おすすめする、手軽な方法。

 

 

 

わが家も時間を限定して始めたおかげで、英語が自然に生活の中に溶け込んでいったように思います

 

 

 

食べることが好きなお子さんならまずは食事中の表現から、とか

お子さんの好きな遊びをしている時の英会話から始める、とかですね。

 

 

 

必ずしも挨拶から始めなくてOK

 

 

日本で英語を学んできた我々にとっては、

英語学習=まずは挨拶や How are you? から、という固定観念があるかと思いますが

 

このブログでお話しているのはあくまで「おうち英語」なので

スタート地点はお子さん目線で決めてもらって全然OK☆

 

 

 

子どもに Hello や Good morning から教えたところで、そんなよくわからない言葉をすんなり覚えるはずがないですよね

 

 

 

挨拶が基本だなんて習うのは何年も先ですし、子どもにとって挨拶が楽しいわけないですから。笑

 

 

 

 

限られた時間の中で限られた単語を出すところから始めよう

 

 

1日数分でも、2~3つの表現からでもいいので

お子さんの好きなものが関わる時間帯をピックアップして、少しずつ始めてみてください。

 

 

 

 

1ヶ月目のおうち英語記録でもお話しているように、

わが家もはじめは

 

  1ヶ月に新しい言葉を5つ出してみる
  1ヶ月後、その中の1つでも覚えてくれたらハナマル!! 

 

というスロースタートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

日常的なシチュエーションでいうと、

たとえば食事中に「Let's eat」「Delicious」「I'm full」の3つを出すようにして、

あとは普段の生活で「Thank you」と「You're welcome」を出すようにする。

 

これで5つの英語が日常生活に出てくることになりますね。

この状態を1ヶ月続けてみましょう。

 

 

 

よくあるのが、1週間程度続けて「全然覚えてくれない💦」といってやめてしまうパターン。
これでもかっ!!という量の、さらに何倍ものインプットを重ねて初めて口から出てくるようになるんです。
ほんの数回で諦めてしまわず、根気よく継続してくださいね

 

 

 

 

2. 頻出する表現から順に英語に切り替えよう 

 

 

こちらも、わが家で試してみてうまくいった方法の1つです◎

 

 

1日の中でよく使う言葉って、どこのご家庭にもありますよね。

 

「出かけるよ~」とか、「楽しいね」とか

もしかすると「着替えなさい」とか「座って食べなさい」とか

注意する言葉が多い場合もあるかもしれません(笑)

 

 

うちもそう~!www

 

 

 

このように、日常生活で使う頻度が高い順に、英語に切り替えてみるのも効果的!

 

 

 

使う頻度が高ければインプットもされやすい!決まったフレーズを使いまわせば頭に残りやすい!

 

 

 

そうして、少しずつ少しずつ英語に切り替える表現を増やしていければ

不自然さを感じることなく、英語が生活に溶け込んでくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

おうち英語ではかなりの効果があるにもかかわらず

ハードルが高く、パパママにプレッシャーがかかる英語での語りかけ。

 

 

やり方1つで少しだけ始めやすくなると思いませんか?☆

 

 

時間を決める、使う単語を絞る、など

限定して行う場合には、こちらのカテゴリーにまとめている、 

「シチュエーション別おうち英語」を参考にしてみてくださいね☆

 

 

 

f:id:englishforkids:20200128102535j:plain