ママとこどものおうち英語

英語習得は「おうち英語」がいちばん!

日本語特有の言葉は英語に直訳NG!「本当に伝えたい内容」を優先しよう

 

おうち英語で必ずといっていいほどぶつかる壁。

それは 

日本語特有の表現をどうやって英語に言い換えたらいいの~!?  

という難関。

 

日本語と英語があまりにも違いすぎて、似たようなニュアンスに言い換えるのが難しい!!

 

子どもには正しくて自然な英語を覚えてもらいたい!!

 

というおうち英語の課題も、言い換える際のコツと意識を持っておくだけで

だいぶ難易度が下がるんです!

 

 

f:id:englishforkids:20210218101256p:plain

 

 

こんにちは  

ブログ訪問、ありがとうございます  

 

運営者の ペグ です。

 

プロフィールはこちらからどうぞ  

  

 

 

 

 

 

  

英語と日本語は完全に切り離して考えよう

  

まず、日本語と英語はまったく別の言語で、

言語ルールや文法、発音、何に関しても正反対と言われているくらい

種類の違う言葉だということを念頭に置いてください。  

 

はっきり言って、日本語と英語は仲良くできません。笑

 

かの有名な How are you? という表現だって、中学英語では「元気ですか?」と訳すけれど

実際は「お疲れ~」「どう?最近」などなかなかカジュアルな意味を持って

使われる挨拶文だったりしますよね。 

 

中学英語、高校英語で習う表現をそのまま知識として持っていると

日本語に訳したときに1つの意味しか浮かんでこなくなってしまいます。 

直訳をせず、How are you? と同じように

いろいろな日本語訳をイメージしておくと良きです◎◎ 

 

1つの意味だけイメージしてOKなものは、Good morning とか Thank you とか、明らかに1種類の意味しか持たないといえる表現だけ。
ほかの表現はほぼすべてにおいていろんな意味があって、使う人によって意味合いも違うと思っておいてください

 

 

おうち英語でつまずく日本語特有の表現6選

 

では、日本語特有の表現の中から

おうち英語をするにあたり特につまずきやすいものをピックアップしてみましょう。

 

その1:よろしくね

 

いろいろな場面で使えて便利だけれど、便利がゆえに英語に訳しづらい代表的な日本語。 

様々な使い道があるからこそ、なおさら直訳はできないですよね。

いろいろな「よろしくね」の使い道に合わせて、英語に置き換えてみましょう。

 

パターン1:はじめまして、よろしくね

 

自己紹介の最後に「よろしくお願いします」とナチュラルに付加する意味合いで使いたいとき。

これを英語にするのは意外とシンプルで、一度は聞いたことのある言い回しばかりだと思います。 

 

  Nice meeting you.
  Pleasure to meet you.
  Great to meet you.

 

こういった、中学英語でまずはじめに習う表現が案外役に立つんです。

もしここに、もう一言思いを付け加えたいと思うならば

その時に相手に感じたことをそのまま英訳すればOK☆ 

 

  I hope we can become good friends!(良いお友達になれたらうれしい!)
  I'm sure we can get along.(わたしたち、仲良くなれそうだね)

 

こういったストレートな表現を付け加えるだけで、ただの「Nice to meet you」がもっと気持ちのこもった言葉になります。

  

余談ですが、

SNSのプロフィールなんかで、「よろしくお願いします!」という一文そのまま英語にしたかったのか、

Thank you in advance! と書かれているページを時々目にしますが、

この Thank you in advance! は、人に何かをお願いするときに、

「じゃ、よろしく!」という意味で使う用法に近いので

「はじめまして、よろしく」という意味では受け取ることができません。

  

in advance! は「前もって」という意味なので、Thank you in advance は「先にお礼言っとくね!」みたいな意味で「よろしく」というふうに訳されるよ

 

 

 

 

パターン2:これお願いね、よろしくね

 

お願いするときにも「よろしく」は、よく使いますね。

ここでも、「要は"よろしく"という一言から何を言いたいのか?」を考えてみましょう。

 

  やっておいてもらえる?
  忙しいのに悪いね
  ありがとう

  

こういった言葉をぎゅっと凝縮したのが、ここでの「よろしくね」ではないでしょうか?

そうなると、やっぱりそれらを英語に直すことで解決してしまうんですね。

  

  Would you mind if I ask you to 〇〇?(〇〇をお願いしても差し支えございませんでしょうか?)
  It will be great if you can accept this.(これをお願いできたらとても助かるのですが)
  I know you're busy, but I'm sorry to ask this to you.(忙しいのにこんなことお願いしてすみません)

 

「よろしくね」ほど便利で、明確な意味が伝わりづらく、いろいろな思いが凝縮された一言って英語にはないので、

思ったことをそのまま英訳して伝えるのが一番手っ取り早いです◎◎

  

ごめんねぇ、よろしく~💦💦っていうニュアンスで伝えたかったら、I'm very sorry! I will definitely buy you some lunch next time!(本当ごめんね、今度ランチおごるから~!!)なんていうふうに、全然違った訳し方でも無問題◎◎

 

 

パターン3:何卒よろしくお願いいたします

 

ビジネスシーンで使うことの多い「よろしく」になりますが、

ここでも「自分が相手に一番伝えたいこと」を英語にするという

シンプルなコミュニケーション方法が一番大切であり、求められることでもあります。

  

  I am very appreciate your cooperation.(ご協力に感謝いたします)
  It will be wonderful if you can work on this issue with us.(我々と一緒に本件を進めてくださればとても嬉しいです)

 

などというふうに、「よろしくお願いいたします」にどういう思いが込められているのか?

それを英語に訳すというシンプルな作業をまずはやってみてください。

  

そして、前述した「in advance」を付加した形もここでは役立つ表現となります。 

  Thank you very much in advance.(よろしくお願いいたします)

 

これが、日本人がサラッと使う「ではよろしくお願いいたします~」に一番近い表現かもしれませんね。

 

「前もって、あらかじめ」という意味を持つ「in advance」を付けて Thank you と伝えることで、

あとでお礼を言うことになる、あとで何かしらのリアクションが必要になる場合に

「前もってお礼だけ言わせてください」というニュアンスで相手に伝わる言葉です。

    

「よろしく」という表現があまりにも便利だから、深く考えずに乱用してしまいがちな日本語でもあるよね。
英語に直してみることで、普段あらゆる場面で使い倒している「よろしく」という日本語にどういう意味が込められているのか、どういう気持ちで使う言葉なのかを改めて考えることができるよ

 

 

 

 

 

その2:お邪魔します/お邪魔しました

 

自分を「邪魔者」として下げる表現。

これまた日本人の国民性が如実に表れる言い回しですよね。 

どのような英語に訳して使うとよいのでしょうか?

これも、正解はシンプルなものです。

 

  お邪魔します
  招待されたとき:Thank you for inviting me.
  招待されてなくても:Thank you for having me.
  突然お邪魔してしまったとき:I hope I'm not bothering you.

 

  お邪魔しました
  招待されたとき:Thank you for inviting me.
  招待されてなくても:Thank you for having me.
  突然お邪魔してしまったとき:I hope I didn't bother you.

 

Invite(招く)という動詞を使っているものは、文字通り招待されたときに

「今日は呼んでくれてありがとう」という意味で伝えられるもの。

Invite の代わりに Have という動詞を使っているものは、シチュエーションは選ばず

「家に入れてくれてありがとう」 という気持ちを含みます。

  

ホームステイの経験がある人は、ホストファミリーに「Thank you for having me!」という言葉を使って「ホームステイさせてくれてありがとう!」という思いを伝えたことがある人もいるのでは?

  

そして、最後の Bother(邪魔する)という動詞を使っているものは

「忙しくなかった?」「邪魔してないといいんだけど」という

日本人が使う「お邪魔します」「お邪魔しました」とよく似た感覚で使うことができる表現。 

低姿勢で丁寧な印象を受けます◎◎ 

 

日本人が自分のことを「邪魔者」にして、人の家に入る時にもへりくだっている一方で

英語では「招いてくれてありがとう!」という明るい気持ちでいることができる。 

海外のポジティブ文化に憧れてしまう理由の1つですよね・・・☆

 

 

その3:「ないわけではないんだけど」など否定形を繰り返す表現

 

日本人でも厄介なとらえ方をしてしまいがちな、この否定形を延々と繰り返す表現

直球で伝えてもらうほうが誤解もなく分かりやすいんだけどな、、、

なんて思ってしまうこともあるくらいですよね(笑) 

 

これは、ド直球に言うと英語に訳さない方がいいです。笑 

  

単純に分かりづらいですし、

こういう言い回しも日本人のストレートに伝えられない国民性、

控えめな人間性などが生み出してしまった回りくどい表現にすぎないので、

おうち英語という観点からいっても、この類の表現は避けています。

 

  ないわけではない
  ある

 

  思わないこともない
  思う

 

  悪いわけではないけど良いともいえないのかもしれない
  良いところも悪いところもある

 

このように、英語に訳したいときは

できる限り白黒はっきり相手に伝わるような言い方を心がけています。 

 

わたし自身、日本生まれ日本育ちなので、日本語だとあいまいな表現は正直使ってしまうこともあります。
子ども達も日本人として、あいまい言葉を使えるようになることは問題ないですが、英語を話すときははっきり伝えるスイッチが入るといいな~と思っています

 

 

 

 

その4:大丈夫

 

"若者言葉"と言われている代表的なものでいえば「大丈夫」。  

とりあえずの返事で言っておけば、なんとなくのニュアンスが伝わりますし

Yes でも No でも使えて、どんな相手にも使えて、便利ですよね。  

英語に置き換えると、ここまでオールマイティーな表現はなかなかありませんが

It's okay. I'm good. あたりが一番ニュアンスが近いかな?というところ。  

 

たとえば 

Do you want another cup of water?(お水のおかわり要る?) 

と聞かれたら、

 

It's okay.(大丈夫)  

これで意思疎通ははかれちゃいます◎ 

 

では、 

Are we gonna go out for shopping today?(今日お買い物に出かけない?) 

だったらどうでしょう?  

ここで、日本語でよくある「いや、大丈夫(=行かない)」という、

やんわり断るニュアンスの返答をしたい場合、

先ほどの It's okay. を使うと真逆の意味になってしまうんです・・・!

 

 

 

 

  

  

英語では、Yes! と答えた後に No のニュアンスを持つ言葉を持ってくることはできないので、肯定なら買い物に行くし、否定なら行かない。

それぐらいとってもシンプルな構造なんです。

  

よって、上記の質問 

Are we gonna go out for shopping today?(今日お買い物に出かけない?) 

に対し、「行かない」という意味を含んだ「大丈夫」を言いたい場合は

シンプルに!はっきりと!No と返事をすることが必要になります。

It's okay. では、「OK! 行こうよ」という意味になってしまいます。

ですが、ニュアンスが限りなく近い、少しだけやんわりした表現を紹介したいと思います。

  

  No, I don't think so.
  Hmm I don't think we are.

  

直訳すると「私はそう思わない」という意味なのですが、

No の返事をするときによく使う便利な表現の1つです。 

 

No, I'm not going. とか No, I don't wanna go. よりもやわらかい言い方で

「うーん、私は行きたいとは思わないかな」「私は・・・行かないかも」みたいな感覚で使えます◎

  

おうち英語で、いろいろなニュアンスを含んだ表現をお子さんに教えたいときなんかに

こういう言い方のバリエーションがあっても良きですね☆

 

 

 

 

 

その5:ちゃんと

 

これもよく使うわりに、子どもにとってはなかなか本質が伝わりづらい言葉の1つですよね。  

英語でも、「ちゃんと」や「しっかり」という意味を持つ言葉はあります。

Properly, Rightly, Well などですね。  

でも、わたしがおうち英語をする中で、あまりこれらの英語は使いません。

日本語から直訳して、こういう副詞をむやみに用いてしまうと不自然になってしまうんです。 

  

たとえば、日本語だとついつい言ってしまうこんな言葉。   

「ちゃんと片付けなさい」

「ちゃんと起きなさい」

「ちゃんと着なさい」   

 

わが家では基本、子どもたちとの会話は英語なので、こういうときはこんなフレーズを使っています。   

Put back everything in the right place.(正しい場所に片付けなさい)

You have to get up when I wake you at 7:00.(お母さんが7:00に起こしたときに起きなさい)

Don't play with your clothes and wear them now.(洋服で遊んでないで着なさい)

   

英語で「ちゃんと」を意味する Properly, Rightly, Well を用いることはほとんどなく、

何をちゃんとやってほしいのか、何に気を付けるのかを具体的に説明する感じ。 

赤文字にしたところが、「ちゃんと」に成り代わる部分です。

  

 

 

 

 

その6:気をつけてね

 

これもまた、ふわっとした日本語の代表格ですね。  

出かけるときに言うのは定番ですが、食事中に「こぼさないでね」という

主要な注意を省いて「気をつけて!」とだけ言ったり、

あとは文脈で理解してね、と相手に丸投げしているようで、究極のあいまい言葉だなと感じます。

 

さて、そんな「気をつけて」という表現、

わが家でのおうち英語はどんな会話になっているのか、ご紹介していきます。

 

  

パターン1:「気をつけて(行ってらっしゃい)」

 

f:id:englishforkids:20200516085106j:plain 

 

  Enjoy your day!(よい1日を!)
  Have fun.(楽しんでね)
  Careful not to get injured.(ケガしないようにね)

  

日常的に使う言葉ゆえ、そこまで具体的とまではいかないものの、

ただ「気をつけて」と言うよりはだいぶ明確な言葉になりました。  

わたしたちは日本語に慣れ親しんでいるので、「気をつけて」の一言に

いろいろな注意喚起や愛情がこもっていることも理解できますが

それでも相手が子どもだと、もっと具体的に伝えなければいけない場面もありますよね。 

行き先がはっきりしているときは、それに合わせて

「気をつけてほしいこと」をストレートに伝えるとなお良いと思います。

 

 

 

 

登校なら、

  Have a good day with friends!(友達と楽しく過ごしてね!)
  Study hard and have a good day!(良い1日にしてね!勉強もするのよw)
  Don't rush and careful.(あまり急がないようにね)

  

道路を渡った先の公園に遊びに行くなら、

  Make sure to look left and right before crossing the street!(道路を渡る前に、右左をよく見るんだよ!)
  You are not supposed to play with balls at the park, okay?(公園ではボール遊びしちゃダメだよ!)
  Come home around noon.(お昼ごろには帰って来てね)

  

こんな感じで、行き先や通る道に合わせた「こういうことに気をつけてね」を

その都度伝えるのが一番、英語として伝わりやすいです。 

 

  

パターン2:「気をつけて(こぼさないでね)」

 

f:id:englishforkids:20200516085539j:plain

 

こぼさないで、と言いたいときにもなぜか使えてしまう「気をつけて」という言葉。

英語で伝える場合には、こんな感じになります。

  

  Hold your bowl with your both hands.(両手でお椀持って)
  You are gonna spill it!(こぼすよ)

  Careful not to spill it(こぼさないようにね)
  You have to hold your plate with the left hand or you are gonna knock it over!(左手でお皿押さえないとひっくり返すよ!)

 

これは、英語になるとだいぶ具体性が出てきます。 

「気をつけて」に匹敵するオールマイティーな言葉があまりないからこそ

何に気をつけるのか、こちらも明確に説明する必要性が出てくるからです。

  

 

 

 

 

  

パターン3:「気をつけて(ハサミなど使っているとき)」

 

f:id:englishforkids:20200516085903j:plain

  

  Careful not to cut your fingers.(指切らないようにね)
  Can you hold the scissor right way?(ちゃんと持てる?)

  

危ない場面だからこそあいまいな表現は避け、どんなことに気をつけるべきなのか

明確に言葉にすることがとても大切!

 

 

おわりに

 

日本語特有の表現、おうち英語でどんなふうに訳せばいいの!?と

正反対の言語を扱うわたしたちならではの壁がありますよね。 

 

いろいろな違い、訳し方、とらえ方がある中で

一番意識したいのが、「自分の気持ちを相手に正確に伝えよう」というところ。

これを意識するためにも、日本語と英語はまったく別の言語だと切り離して考える癖をつけるようにしてくださいね。

 

日本語特有のあいまいな言葉や遠回しな表現を、

いかにして英語に訳すかではなく、はっきり伝わるように言い換える

というつもりでコミュニケーションを取ることが◎です。  

 

ややこしい言い回しに惑わされず、自分の気持ちを相手に伝えたい!という気持ちで英語を話しましょう!